Hardware マックとWindowsのキーボード

2004年12月25日 | Hardware | コメント (0)

マックとWindowsという比較はおかしいので、マックとIBM互換機となるのでしょうね。

普段、よく使うショートカットキーは、ファイルの保存や検索などがあります。
マックだと
 ファイルの保存 Cmd+S
 ウインドウを閉じる Cmd+W
 アプリケーションを終了する Cmd+Q
 検索 Cmd+F
 次を検索 Cmd+G
となりますが、Windowsだと
 ファイルの保存 Ctrl+S
 ウインドウを閉じる Alt+F4
 アプリケーションを終了する Alt+F4
 検索 Ctrl+F
 次を検索 F3
という具合です。

まず、マックのCmd(コマンドキー)とCtrl(コントロールキー)が似たような役割をしていることがわかると思います。ややこしいのは、マックはさらにctrl(コントロールキー)が別にあるということです。UNIX系のソフトを動かすときのコントロールキーは、Cmdではなくctrlを使います。

WindowsのCtrlは、機種によって場所が異なります。Aの左にあったり、一番下の左端だったり、もう少し内側だったり。重要なキーなのに位置が固定していません。結構いらいらします。大抵、小指を使うことになるので、全選択のCtrl+Aだとホームポジションから離れることになります。マックは、親指でCmdを押すことになるので、上記のショートカットはどれも扱いやすくできています。

さらにWindowsの場合は、ファンクションキーを多用します。MS-DOS時代の名残なのでしょうか。「次を検索」など重要な機能がファンクションキーに割り当てられています。マック、Windowsに関わらず、ノートパソコンは、ファンクションキーが小さいのですが、多用するWindowsの場合は困ったことになります。もちろん「次を検索」のショートカットはコントロールキーの組み合わせも用意されている場合があります。ただし、アプリケーションによって違い、統一されていません。

何でもショートカットというVzEditorを駆使した時代は終わり、使用頻度が低い機能は、メニューからというのが普通ではないかと思います。そうするとよく使う機能が使いやすくなっているかは重要です。マウス操作が先行したマックと、キーボード操作が重要視されたWindowsですが、使用頻度が高い機能という条件では、案外マックのキーボードの方が使いやすいという気がします。

[308 Viewd (RSS: 0)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL:
トラックバック一覧 (昇順です)
Mac Mini (マックミニ)にオプションをつけてみよう!!
概要 appleの一大戦略商品Mac miniはWindowsユーザーの中でも多いに話...
ウェブログ: ZEONIC BLOG : 2005年1月22日

コメントの追加









名前、アドレスをブラウザに記憶させますか?


※投稿には、名前とメールアドレスが必要です。
※メールアドレスは、表示されません。
※コメントにはタグは使えません。
※コメント中のURLは自動的にクリッカブルに変換します。





画像の中に見える文字を入力してください。



同カテゴリの人気記事
マイブログアンテナ
Feeds
EarlGrey Tearoom
メアド
counter
Powered by Movable Type