Macintosh MacBiff

2005年1月 2日 | Macintosh | コメント (0)

IMAPのメールチェックにMacBiffをインストールしてみました。
メモリー節約が目的なので、アクティビティモニタで比較してみました。

メールソフト
実メモリ
仮想メモリ
Mail
40MB
180MB
Thunderbird
40MB
190MB
Entourage
26MB
200MB
MacBiff
10MB
130MB

概要:
MacBiff はMac OSX 10.3以降に対応した"biff" プログラムです。
このプログラムは、いつ新しい電子メールを受け取ったか、そのメールがどこに届いたかをユーザーに報告してくれます。

設定:
MacBiffの設定ウインドウは、3つあります。Servers、AlertsとOptionsです。

Serversは、IMAPサーバーのリストを表示し、有効/無効、追加/削除/編集ができます。

Alertsタブは、新しいメールをどのように通知するかを設定します。テキストでメッセージ数を表示したり、小さなグラフィックアイコンを表示したりできます。
テキストは、メールが届くと色が変わったり、鳴らす音をシステムサウンドから選択できます。

【Growl Notificationについては省略】

Optionsタブは、動作に関して様々なオプションが設定できます。
* Check Mail Delay:メールのチェックの間隔を選択します。
* Include "Ignored" Folders in count:「ignored」に設定したフォルダのメールを新着メールの数にカウントするかどうかを設定する。
* Fetch Unread Headers:未読メッセージのヘッダをダウンロードするかの選択
* Fetch Unread Headers in "Ignored" Folders:「ignored」に設定したフォルダの未読ヘッダを収集するかどうか
* Display Activity Window on "Check Now":「Check Now」を実行したときにウインドウを表示するかどうか
* Mail Application:「Launch Mail」で実行するメールソフトを選択する

それぞれのサーバーのConnection Setupウインドウでは、左にオプションのリスト、右にフォルダのリストが表示されます。

* Server Identifier:サーバーの設定のタイトル
* Server Name:メールサーバーのIP名
* User Name:ログイン時のユーザー名
* Password:ログインパスワード
* Path Prefix:IMAPフォルダを特定したい場合、必要に応じて設定
* Use SSL:デフォルトは有効。993ポートでIMAP/SSLで接続します
* Save Password: デフォルトは有効。OSXのキーチェインでパスワードを保存します
* Enabled:このアカウントのチェックを有効にする

最初にメールをチェックをするまで、右のフォルダのリストは空になっています。
チェックすると、ここに取得したフォルダ情報を表示します。
もし、フォルダの「Ignore」にチェックを入れると、新しいメールがあっても通知されません。
もし、フォルダの「Disabled」にチェックを入れると、そのフォルダは全くチェックしません。

[298 Viewd (RSS: 0)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL:
コメントの追加









名前、アドレスをブラウザに記憶させますか?


※投稿には、名前とメールアドレスが必要です。
※メールアドレスは、表示されません。
※コメントにはタグは使えません。
※コメント中のURLは自動的にクリッカブルに変換します。





画像の中に見える文字を入力してください。



同カテゴリの人気記事
マイブログアンテナ
Feeds
EarlGrey Tearoom
メアド
counter
Powered by Movable Type