Macintosh MacOSX for PCは登場するか?

2007年3月18日 | Macintosh | コメント (0)

Intelマックが登場する以前から、多くの人がPC用のOSXを期待しました。PowerPCの方がパフォーマンスが高いといっていたのが、一転してIntelへの移行とパフォーマンスの高さをPRしています。ユーザーの期待とは別に、企業として部品供給や性能の進化が製品の仕様に影響を与えるということでしょう。

PC用OSXを出すためには、多くの周辺機器をサポートする必要があり、それがWindowsの足かせになっているのは良く言われること。プリインストールであれば可能(ライセンス供与)でしょうが、単体で出すには無理があると感じます。動かないものがあってがっかりするより、初めからマックを購入した方が安心です。

シェアの拡大になるかどうかの視点で言えば、Intelマック発売後、シェアが増えています。PC用OSXが売れて、OSXのシェアは少しは増えると思いますが、もともとWindowsからOSXに移行しない人たちの理由は、OSの質の問題ではなく、使っているソフト(Officeだけではなくゲームとか)が動くかどうかも問題で、Linuxへ移行しないのと同じ理由ではないかと思います。初心者であれば、周りと同じものを使うことへの安心感も大きいでしょう。

別途OSを買いに行くかどうかという視点もあると思います。Vistaが売れないのは、すでにWindowsが熟成され、わざわざ高いお金を買うほどの劇的な変化はないというのもあると思います。パッケージ製品を買う習慣もなくなり、本体を購入したときのまま使うという流れが定着したこともあります。

店頭でWindowsとOSXの機種が並んでいたら、単純な見た目でどちらを選ぶか? 店頭での見た目でテカテカのディスプレイの機種が売れたように、見た目が派手なWindowsは有利です。ただし、Vistaのパフォーマンスを下げるエフェクトに比べると、使い勝手をよくするOSXのエフェクトは、Windowsを使っている人には、別世界に感じることでしょう。落ち着いた画面で使いやすいという長所は、店頭で簡単に味わえるものではないかもしれません。

Intelマックが登場したとき、登場しないと予想した人も多くいました。このブログにも否定的な記事を書いています。しかし、現実は登場しました。PC用OSXももしかしたら予想に反して登場するのかもしれません。

[217 Viewd (RSS: 2)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL:
コメントの追加









名前、アドレスをブラウザに記憶させますか?


※投稿には、名前とメールアドレスが必要です。
※メールアドレスは、表示されません。
※コメントにはタグは使えません。
※コメント中のURLは自動的にクリッカブルに変換します。





画像の中に見える文字を入力してください。



同カテゴリの人気記事
マイブログアンテナ
Feeds
EarlGrey Tearoom
メアド
counter
Powered by Movable Type