Linux 「crontab -e」の代わりに「crontab -r」を実行したら…。

2007年6月17日 | Linux | コメント (0)

自宅サーバーのバックアップの設定をしていたのですが、
設定が終了し、crontabに書き込もうと誤って、「crontab -e」の代わりに
「crontab -r」を実行してしまった。
RとEは隣のキーです。単純なタイプミス。

最初何が起きたかわからず、再度「crontab -e」とタイプし直し、
実行しても、中身は空。

「-r」ってどういうオプション?と検索してみると、
同様にcrontabを消してしまった人のブログ記事が…。
「あぁ、消えてしまった…」

/rootにファイルとして存在していないので、バックアップの対象に
なっていないのも確かに気になっていたのですが、まさか消してしまうとは。

[213 Viewd (RSS: 0)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL:
コメントの追加









名前、アドレスをブラウザに記憶させますか?


※投稿には、名前とメールアドレスが必要です。
※メールアドレスは、表示されません。
※コメントにはタグは使えません。
※コメント中のURLは自動的にクリッカブルに変換します。





画像の中に見える文字を入力してください。



同カテゴリの人気記事
マイブログアンテナ
Feeds
EarlGrey Tearoom
メアド
counter
Powered by Movable Type