Macintosh VLCでPanther切り捨て

2007年12月 2日 | Macintosh | コメント (0)

VLC Media Playerの0.8.6dで、MacOSX 10.5 Leopardのサポートが加わったと同時にMacOSX 10.3.9のサポートが打ちきりになりました。ダウンロードして起動しても、サポートしていないというメッセージが出て起動しません。

VLCは使用頻度の高いソフトなので、バージョンアップがなくなると辛いです。セキュリティ的も問題があるようなので、古いバージョンを使い続けるのには不安があります。

環境問題やエコといいながら、古いものを使い続けることを困難にする状況は、どうにかならないものかと思っています。まあ、難しい問題なのもわかっていますが。

[201 Viewd (RSS: 0)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL:
コメントの追加









名前、アドレスをブラウザに記憶させますか?


※投稿には、名前とメールアドレスが必要です。
※メールアドレスは、表示されません。
※コメントにはタグは使えません。
※コメント中のURLは自動的にクリッカブルに変換します。





画像の中に見える文字を入力してください。



同カテゴリの人気記事
マイブログアンテナ
Feeds
EarlGrey Tearoom
メアド
counter
Powered by Movable Type