Hardware SA-PCI/2RをLinuxでRAIDしたい

2007年7月23日 | Hardware | コメント (0)

Sapci_2rpackage02

SA-PCI/2R

「SA-PCI/2R」はSerial ATA対応ハードディスクを2台接続できる、PCIバス用Serial ATAインターフェイスです。接続ハードディスクからの起動も可能。

RAIDを組んだら、速度が落ちるけど、それをシリアルATAの速さで補おうと、SATA対応のRAIDカードを用意しました。
簡単にするため、起動はマザーボードに接続したパラレルATAのハードディスクから。
しかし、SA-PCI/2Rにハードディスクをつないで起動させようとするとGRUBのあたりでフリーズしてしまいます。
SA-PCI/2Rを挿したまま、シリアルATAのハードディスクを外し、パラレルATAのハードディスクから起動させると起動します。

となると、GRUBの書き込み位置の問題か?
サポート外のものはやはり簡単にいきませんね。

[263 Viewd (RSS: 0)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL:
コメントの追加









名前、アドレスをブラウザに記憶させますか?


※投稿には、名前とメールアドレスが必要です。
※メールアドレスは、表示されません。
※コメントにはタグは使えません。
※コメント中のURLは自動的にクリッカブルに変換します。





画像の中に見える文字を入力してください。



同カテゴリの人気記事
マイブログアンテナ
Feeds
EarlGrey Tearoom
メアド
counter
Powered by Movable Type