Internet アフェリエイト

2005年2月14日 | Internet | コメント (0)

affiliateは、「提携する」という意味なのだそうですが、ウェブログの普及とともに随分増えたような気がします。

そんなこのサイトにもGoogleの広告があるわけですが…。

でも、記事そのものが広告のようなものを見かけます。明らかに個人のサイトなのですが、製品を褒めちぎってアフェリエイトのリンクがあるものや色合いを調整して文章の一部のようにしてある広告とか。目的はどっちだと疑いたくなるので、なんかもったいないような気がします。

頻繁に書籍の記事が投稿されるのですが、アフェリエイト付き。本当にこんなに本を読んでいるのかな?

Similarity Searchの関連記事にも、ときどき広告サイトが引っかかるときがあります。これは、ウェブログ名である程度推測はできるのですが、今後はわかりません。

[200 Viewd (RSS: 0)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL:
コメントの追加









名前、アドレスをブラウザに記憶させますか?


※投稿には、名前とメールアドレスが必要です。
※メールアドレスは、表示されません。
※コメントにはタグは使えません。
※コメント中のURLは自動的にクリッカブルに変換します。





画像の中に見える文字を入力してください。



同カテゴリの人気記事
マイブログアンテナ
Feeds
EarlGrey Tearoom
メアド
counter
Powered by Movable Type