Windows スクラップ

2006年1月 4日 | Windows | コメント (0)

Windowsに「スクラップ」という機能があります。
新聞のスクラップをイメージしたもので、文書の一部を選択し、デスクトップにドラッグするとスクラップファイルができます。
これは再び他のソフトで活用してもいいし、そのままファイルで置いておいてもいいわけです。

でも、Windows95以来搭載されているこの機能ですが、練習に一度実行しただけ。
なぜ使わないのかというと、アプリケーションが最大化しているからです。
デスクトップが見えない。

なので、わざわざ「元のサイズに戻す」なんて操作をする手間が出てくるわけで、そんなことより、コピーとペーストをするのが早い。

[191 Viewd (RSS: 0)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL:
コメントの追加









名前、アドレスをブラウザに記憶させますか?


※投稿には、名前とメールアドレスが必要です。
※メールアドレスは、表示されません。
※コメントにはタグは使えません。
※コメント中のURLは自動的にクリッカブルに変換します。





画像の中に見える文字を入力してください。



同カテゴリの人気記事
マイブログアンテナ
Feeds
EarlGrey Tearoom
メアド
counter
Powered by Movable Type