General メールの書式

2006年2月23日 | General | コメント (0)

堀江メールで話題になりましたが、
自分の名前をどこに書くか、ということ。

通常、送信者欄は、海外に送る可能性があったり、文字化けを防ぐなどの理由で、
半角英字(日本人だったらローマ字)を使うのが普通なので、
知人に送るときは、本文中にも自分の氏名を書くことが普通です。
そして、メールを開いて、すぐに誰かを特定できるようにメールの最初の方に記述することでしょう。

特に堀江氏は、パソコン初心者ではありませんから、
最後に名前を書くということはありえないでしょう。
しかも、「@堀江」などと書くわけがありません。
「@」がatだということを知らないわけはないでしょうから。

その他にも英数字が全角というの変でしょう。
本文がインデントしている点も初心者っぽいし。
極めつけは、「シークレット」が「シ?クレット」になっている点。
つまり、のばす記号「ー」がマイナスの「?」となっている点です。

つっこみどころの多い偽装メールでしたね。
というより、実際に送信されたものでもない痕跡もあります。
メールですらなかったのです。

[200 Viewd (RSS: 0)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL:
コメントの追加









名前、アドレスをブラウザに記憶させますか?


※投稿には、名前とメールアドレスが必要です。
※メールアドレスは、表示されません。
※コメントにはタグは使えません。
※コメント中のURLは自動的にクリッカブルに変換します。





画像の中に見える文字を入力してください。



同カテゴリの人気記事
マイブログアンテナ
Feeds
EarlGrey Tearoom
メアド
counter
Powered by Movable Type