Windows Windows7のバージョンは6.1

2008年10月17日 | Windows | コメント (2)

WindowsVistaの次のWindowsは、Windows7という名称になるそうですが、そのバージョンは、6.1なのだそうです。

Windowsは1.0から始まり、Windows4.0は、Windows95/98/Meと名乗っていました。その後、Windows2000がバージョン5.0で、WindowsXpがバージョン5.1とマイナーバージョンアップ。そして、WindowsVistaの6.0となっています。(詳細はWindowsのバージョンを見てください)

Vistaがあまりにも不評なので、中身としてはVistaのマイナーバージョンアップなのですが、一新する印象を与えようとするようです。それならWindows7というネーミングとは別のものにすればいいと思うのですが。

グレードにより、WindowsCorollaとか、WindowsCelicaとか、WindowsCrownとか...。

[429 Viewd (RSS: 60)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL:
コメント (昇順です)

若干違ってます
Windows2000はWindowsNT4.0の後継バージョンです

NTは3.1->3.5->3.51->4.0->2000(5.0)->XP(5.1)
->WindowsServer2003(NT5.2)->Vista(6.0)に
なっています

ただしXPはWindos9xの後継バージョンでもあるので
ちょっと複雑です

旧Windowsシリーズは
1.0->2.0->386->3.0->3.1
ここでプリエンティブマルチタスクの32ビット版
Windowsに変わって
95->98->98SE->Me と続くのですよ

Posted by: kiyo : 2008年10月18日

中身的にはXpはWindows9xの後継ではありません。Wikiにまとめたものがあるので、但し書きを入れ、リンクを貼りました。

Posted by: pekoe : 2008年10月18日
コメントの追加









名前、アドレスをブラウザに記憶させますか?


※投稿には、名前とメールアドレスが必要です。
※メールアドレスは、表示されません。
※コメントにはタグは使えません。
※コメント中のURLは自動的にクリッカブルに変換します。





画像の中に見える文字を入力してください。



同カテゴリの人気記事
マイブログアンテナ
Feeds
EarlGrey Tearoom
メアド
counter
Powered by Movable Type