Browser SafariのWebインスペクタ

2009年5月28日 | Browser | コメント (0)

DIVタグの整合性やJavaScriptなど、HTMLのチェックをするのに非常に便利なツールはないものかと思っていたとき、SafariのWebインスペクタを試しました。

タグが閉じられているかどうかのチェックはもちろん、JavaScriptで動的にHTMLが書き換わっているときのソースを確認することができます。クラスがどこを差しているのか、marginやpaddingの範囲も表示します。

CSSが最終的にどのように有効になっているかもわかります。

これは、ブログのテンプレートを編集しているときに非常に役に立ちます。どれほど助けられたか。ウェブ管理をしている人なら、必須ツールですね。

この機能を使うには、マックの場合、Safariのメニューの環境設定から、Windowsの場合は、[編集]→[設定]を開きます。
[詳細]タブを選択し、[メニューバーに"開発"メニューを表示]にチェックを入れます。
プラグインでも何でもありません。標準機能です。

[231 Viewd (RSS: 16)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL:
コメントの追加









名前、アドレスをブラウザに記憶させますか?


※投稿には、名前とメールアドレスが必要です。
※メールアドレスは、表示されません。
※コメントにはタグは使えません。
※コメント中のURLは自動的にクリッカブルに変換します。





画像の中に見える文字を入力してください。



同カテゴリの人気記事
マイブログアンテナ
Feeds
EarlGrey Tearoom
メアド
counter
Powered by Movable Type