Linux LinuxサーバーをTime Machine対応に(実践編)

2010年6月26日 | Linux | コメント (0)

LinuxサーバーをTime Machine対応にするためにnetatalkをインストール。
avahiは、CentOS5にはインストール済みだったので、BerkeleyDBのインストール後にnetatalkをインストールしました。

参考にしたサイト
Netatalk and Samba
CentOS 5.5にnetatalk 2.1をインストール - NAGARA's micro blog
CentOS 5でAFPを使ってファイル共有を行うには « notohirog
ASCII.jp:バックアップを別のハードディスクに引き継げる?|ビギナー必見!【OS Xクイズ】

■BerkeleyDBをインストール
tar zxvf db-4.8.30.tar.gz
cd db-4.8.30
cd build_unix
../dist/configure
make
make install

■netatalkをインストール
tar zxvf netatalk-2.1.2.tar.gz
cd netatalk-2.1.2
./configure \
--with-pkgconfdir=/etc/netatalk \
--enable-redhat \
--with-pam \
--enable-srvloc \
--with-bdb=/usr/local/BerkeleyDB.4.8
make
make install

「--with-pkgconfdir=/etc/netatalk」を使って、設定ファイルを/etcの下におく。

■/etc/netatalk/AppleVolumes.default

:DEFAULT: options:upriv cnidscheme:dbd maccharset:MAC_JAPANESE volcharset:UTF8 dperm:0775 fperm:0664 veto:/lost+found/

/home/samba/BackUp "BackUp" options:tm volsizelimit:500000

options:tmというのがタイムマシーン対応にするオプション

■/etc/netatalk/afpd.conf

"Time Machine" -tcp -noddp -uamlist uams_guest.so,uams_clrtxt.so,uams_dhx.so -ma
ccodepage MAC_JAPANESE -unixcodepage UTF-8

■/etc/netatalk/netatalk.conf
ATALK_MAC_CHARSET='MAC_JAPANESE'
ATALK_UNIX_CHARSET='UTF8'

ATALKD_RUN=no
PAPD_RUN=no
TIMELORD_RUN=no
A2BOOT_RUN=no
CNID_METAD_RUN=yes
AFPD_RUN=yes

■/etc/avahi/services/afpd.service
<?xml version="1.0" standalone='no'?>
<!DOCTYPE service-group SYSTEM "avahi-service.dtd">
<service-group>
<name replace-wildcards="yes">%h</name>
<service>
<type>_afpovertcp._tcp</type>
<port>548</port>
</service>
</service-group>

■再起動させる
service avahi-daemon restart
service netatalk start

[410 Viewd (RSS: 17)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL:
コメントの追加









名前、アドレスをブラウザに記憶させますか?


※投稿には、名前とメールアドレスが必要です。
※メールアドレスは、表示されません。
※コメントにはタグは使えません。
※コメント中のURLは自動的にクリッカブルに変換します。





画像の中に見える文字を入力してください。



同カテゴリの人気記事
マイブログアンテナ
Feeds
EarlGrey Tearoom
メアド
counter
Powered by Movable Type