Hardware Apple Watchのユーザー層

2014年9月14日 | Hardware | コメント (0)

携帯電話の普及で、腕時計をする人が減ったと言われます。iPhoneを普及させたアップルも、腕時計離れに拍車をかけたわけです。そんな状況の中でApple Watchが売れるのだろうか。

面白いことに腕時計離れをしたことで、人々の左腕は何もない状態。Apple Watchが入り込む隙間ができているわけです。スマートフォンを普及させていた当初から、そんなことを考えていたわけではないと思います。結果として起きた現象をうまく利用しようとしているかのようです。

スマートフォンは、ガラケーからの置き換えでシェアを拡大してきました。iPodはウォークマン(カセットやMD)からの置き換え。置き換えの場合は、その前に使っていたものの耐用寿命が来るのを待つこともあるのですが、空いているところっていうのは、ヒットすれば新規開拓がしやすいのではないかと思います。今使っているものが壊れてしまったらとか、飽きてしまったらとかというタイムラグがないわけです。

今、腕時計をしている人がApple Watchに置き換える人より、腕時計をしていない人がApple Watchをする人の方が多いのではないでしょうか。

iPhoneの普及を軸に、マックを購入する人も多いわけですが、パソコンの場合は、使っているWindows機があるわけで、一般的には耐用年数を待つでしょう。じわじわ増えてくるのを待たなければなりません。Apple WatchもiPhoneを軸に展開する商品ですが、基本的に置換えではないので、ほしいと思えば、ほしいときに購入することでしょう。

問題は、ほしいと思うかどうか。単なる腕時計ではないので、スマートウォッチというものがどのように便利なのかをアピールできるかどうか。ジャパネットではありませんが、自分の生活にどのように刺さり込んでくるかがポイント。一部のマニアックな人のツールになるのか、iPhoneのように一般人に受ける商品になるのか、非常に興味深いです。

ちなみに私は、電波ソーラーのチタン腕時計なので、よほどApple Watchに置き換える魅力がない限り、購入することはないと思っています。現段階では。

[577 Viewd (RSS: 194)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL:
コメントの追加









名前、アドレスをブラウザに記憶させますか?


※投稿には、名前とメールアドレスが必要です。
※メールアドレスは、表示されません。
※コメントにはタグは使えません。
※コメント中のURLは自動的にクリッカブルに変換します。





画像の中に見える文字を入力してください。



同カテゴリの人気記事
マイブログアンテナ
Feeds
EarlGrey Tearoom
メアド
counter
Powered by Movable Type