Internet OSのシェア

2004年8月31日 | Internet | コメント (2)

2004年6月のGoogleにアクセスしたOSの割合

OSのシェアは、いろいろなサイトで、アクセスログからの集計で公開されていますが、
やはりGoogleのアクセスが気になるところ。

jun04_pie.gif

これを見ると多いのは、WindowsXP。
Windows2000のほうが安定しているといわれますが、
XPも発売して時間が経っているので、買い換えなどで台数が増えているということでしょう。
Windows98もまだまだ健在なのも特徴です。

そして、Macが3%で、Linuxの1%を上回っています。
デュアルブート等で、インストールされている数としては、圧倒的にLinuxのほうが
多いはずですが、実際にインターネットにアクセスしてる数としては、
Macのほうが多いということがわかります。

販売台数としては、Macはさらにシェアが低いはずなので、
Macでインターネットにアクセスする人は多いともいえると思います。
あるいは、Windowsでは、MSNサーチを使っている人が多いのも原因としてあるかもしれません。
それともWindows機を購入しても、仕事のみでインターネットにアクセスしないのかもしれません。

Macは世界的に売れているわけではないので、日本に限定するとシェアがさらに大きくなります。
下記の調査だと5.7%もあります。

このサイトのアクセスログでは、Macの方は、現在26%もあるので、
Windowsより、アクティブにネットサーフィンをしているということになるのではないかと思います。

Google Press Center: Zeitgeist
RSSリーダー利用者は4.7%--アプリケーション利用実態調査より - CNET Japan
全回答者のうち93.8%がWindowsを利用していることが分かった。次いで2位はMac OS(5.7%)だった。

Browser Opera 7.60のプレビュー版が公開 - 今度は音声インタフェースを搭載へ

2004年8月26日 | Browser | コメント (0)
Opera 7.60のプレビュー版が公開 - 今度は音声インタフェースを搭載へ (MYCOM PC WEB)

Opera 7.60では、「XHTML Voice 1.2」および「CSS3 speech module」に対応することにより、音声による入出力が可能となる(Windows 2000/XPのみ)。Operaを操作するための音声コマンドとしては、テキストを読み上げる「speak」や1ページ戻る「back」など多数用意されており、PCにマイクを接続することで利用可能となる。

音声インターフェースは、MacOSXに搭載されているし、IBM Via Voiceなんていうのもありました。

マックは、iBookでの操作だったせいか、なかなかうまく操作することができませんでした。

Operaの音声インターフェースは、マイクをつないだデスクトップのせいもあるかもしれませんが、ある程度いうことを聞いてくれます。しかし、自分の部屋で、一人で英単語を叫んでいるのはちょっと変な光景。

私の発音が悪いせいだと思うのですが、speakとマウスで選択した文章を読んでもらおうとしたのですが、なぜか、文字が大きくなってしまいます。

まあ、結局キーボードやマウスの操作の方が速いですよ。そもそもデスクトップパソコンのための機能ではないでしょうし。

Hardware ThinkPadより小さい?--IBMの新デスクトップ

2004年8月26日 | Hardware | コメント (0)
ThinkPadより小さい?--IBMの新デスクトップPC - CNET Japan

IBMのA4 ThinkPadと比べた場合も、設置面積は約7%小さくなる。ThnikPadと共通のCDドライブを採用するなど、ノートPCで培った技術を投入することで、小型化が実現した。

底面積は小さいけど、高さがあるので、この上にディスプレイを載せると、じゃまに感じてしまうと思う。

できれば、縦に置くことができるのなら、本当に省スペースPCとして使えそうですね。排熱の関係があるから、縦にできるかはもう少し詳細が発表されないとわかりませんね。

テンキーがない小さめのキーボードを使うとオフィスの机は広く使えそうです。価格もまあまあ手ごろだと思います。

Modefy Googleのページランクをページ側に表示

2004年8月24日 | Modefy | コメント (0)

Googleのページランクは、Googleツールバーで表示されますが、
それを自分のページに常時表示させ、どんなブラウザでも
ページランクを確認できるようにするものです。

pagerankcadeaux

このページランクをクリックするとそのページに飛びます。

追記(2005/01/18)
my.rank.online.fr はリンク切れのようです。
で、別の同等(以上)のサイトを紹介します。

PageRank - PageRank, Search Engine Optimization Tools

Boost your website's rank in the major search engines like AllTheWeb, AltaVista, Google, MSN, Yahoo and Teoma with our PageRank Search Engine Optimization Tools!.

前回紹介したものより、PageRankの表示が速いです。

PageRank

Windows ウイルスやスパイウェアによって作成されたレジストリの削除方法

2004年8月23日 | Windows | コメント (0)
製品Q&A(トラブルシューティング)
ウイルスやスパイウェアによって作成されたレジストリの削除方法
レジストリの場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
削除するレジストリの値(例)
VIRUS = "c:\Windows\virus.exe"

ウイルスやスパイウェアは、次回のWindows起動時に
自動実行されるようにしています。

一般的なアプリケーションソフトは、スタートメニューの
スタートアップにショートカットが作られますが、
レジストリの中で自動実行できるようにすることもできます。

それが上記のレジストリなのですが、
ここには、ウイルスやスパイウェアだけが使う裏技という
わけではないので、他のアプリケーションソフトもここに
登録している可能性があり、何かがあるからといって、
削除してよいわけではありません。

時々、レジストリの上記の部分を確認し、
異常がないかを確かめる必要があるでしょう。

レジストリを確認するには、スタートメニューの
「ファイル名を指定して実行」で、regeditとして実行します。

Macintosh Mozilla Sunbird for MacOSX

2004年8月19日 | Macintosh | コメント (0)

Windows版のSunbirdが今年の1月からスタンドアローン版がでていましたが、
8月16日のナイトリーリリースには、マック版のスタンドアローン版も入っていました。
マック標準のカレンダーソフトiCalと同じデータ形式で、
同じようにデータをWebDAVで公開できるので、
マック版のSunbirdの存在意義ってなんだろうと思いました。

ロードマップを見るといろいろ機能が増えそうで、
データが共通な分、両方並行使用ができるので、
便利になりそうですね。

EarlGrey Tearoom: カレンダーのデータ共有
Sunbird プロジェクト - スタンドアロンカレンダー

General 「教えて君」、がんばって!

2004年8月18日 | General | コメント (0)

「教えて君」とは…
掲示板やメーリングリスト等で、「教えてください」等のタイトルで、
既出のことや初歩的なことを質問してくる人をさします。

■[特徴1]初心者・素人を強調する
自分はわからないということを強調したい。

答える側は、やはり専門用語を使って、簡潔に答えたいが、
「教えて君」は、専門用語がわからないので、脳みそが混乱してしまう。
「教えて君」にとっては、日本語のようで、日本語じゃないんですよね。

ズバリという回答やURLを示しても、それを無視して質問を繰り返す人もいます。
すべて「初心者・素人」という言葉で許されると思っています。

■[特徴2]環境や詳細を書かない
一言「インターネットにつながらない。どうしたらよいか」などと
答える側も困ってしまう内容です。

何を書いたら解決の糸口になるかがわからない。当然です。初心者ですから。
だから、まず最初に困っていることを書くんです。
そうすれば、誰か優しい人が教えてくれると考えているのです。
(そして、誰か優しい人が教えてあげる…)

再度、環境や詳細を逆質問されても、それらを調べるのは大変な作業になります。
CPUやメモリ量、ハードディスクは?…
これらを把握していれば、初心者ではないです。

■[特徴3]日本語がわかりづらい
主語と述語があっていなかったり、とにかくわかりづらい日本語だったりします。
でも、留学生や小中学生の可能性もあります。あまり冷たくできません。

そのわりに「HP」や「ハード」などの略語を使います。
「HP」はヒューレットパッカードという会社名の略、
「ハード」はハードウェアの略です。
決して、ホームページやハードディスクの略ではありません。

まあ、がんばって専門用語を使おうとしているのだから、応援してあげましょう。

■[特徴4]最近既出のことを質問してくる
過去ログは見ていません。同じ質問が前後に並んでいたりすることもあります。
まあ、過去ログを見ても、そのタイトルが「教えてください」だったりする。

過去ログからの検索機能があっても、その使い方がわかれば、
GoogleやYahoo!などの検索サイトを利用しているはずですよ。

書いてある場所や検索キーワードなどを教えてあげたら、
「教えて君」のレベルも上がると思います。
それが本当の親切ってものかもしれません。

■[特徴5]お礼がない
苦労して教えても、「ありがとう」の一言もない。
解決したのかどうかが心配になってきます。

でも、以前は無駄なトラフィックをかけないという理由で、
お礼だけの書き込みはしないのがマナーでした。(10年前くらい?)
そのなごりだと思えば…?

「便りがないのは良い便り」ってことかな。

■[特徴6]非常に焦っている
仕事に支障があるということで、回答を急いでいるというパターンも多いです。
あるいは、初めてトラブルにあい、気が動転しているのかもしれません。

1時間しか経っていないのに、同じ質問を投稿したりします。
「教えて君」の中では、その1時間がとてつもなく長く感じるのでしょう。

一度経験すると少しは落ち着いて対処するのでしょうが、
インターネットが急速に普及した現在、次々と「教えて君」が出現するのです。

マイクロソフトが運営している「答えてねっと」とかを勧めるのもいいかもしれません。

答えてねっと

でもね、誰でも最初からいろいろなことを知っているわけではないのですよ。
それに上には上がいるってこともあるし、早とちりだってあるし…。
「教えて君」の上級者を目指してがんばろう!!

参考ページ

「教えて君 と 知ったか君」 の巻

教えて君対応例

Internet ADSLも従量課金制へ --- 韓国

2004年8月16日 | Internet | コメント (0)

IT先進国の韓国では、インターネットサービス加入者の飽和状態から、
定額制が維持できない状況になり従量課金制への移行を検討しているという
のが話題になっている。

韓国は、アナログやISDNでのダイアルアップ接続の時期が短く、
多くの人がADSLでのブロードバンド接続になってからの利用者だそうだ。
安くてネットにつなぎ放題。日本よりもインターネットが生活に入り込んでいる。

シェアトップのKT(Korea Telecom)がかろうじて黒字で、
設備投資などをしていくと、黒字を維持するのが難しいという。
単純に値上げをすれば、使用頻度が低い人にも影響がある。

「データ使用量が上位5%のユーザーが全インターネット・トラフィックの42%を発生させているとしている。上位20%のユーザーで見ると,72%のトラフィックを占める」

なるほど、負荷をかけている人は、一部なのですね。
10代、20代の普及率はほぼ全員というほど普及しているので、
中高生のゲームやチャットでの負荷も大きそうですね。

IP電話などの付加価値や速度アップなどのグレードアップでの
収入アップは見込まれますが、バックホーンなどの設備投資は、
ユーザーには直接見えない部分です。

日本でも安くADSL接続を提供したYahoo!BBが急速に台頭し、
どんどんシェアを広げていますが、韓国と同じことが
いずれ起きることでしょう。そのとき、どういう措置がとられるか、
隣の国とはいえ、気になります。

Software ユーザーズカード

2004年8月15日 | Software | コメント (0)

IMG_1154.JPG

ソフト会社のユーザーズカードです。
今でも発行しているのでしょうか?
これらは、1995年前後のものです。

黒いカードは、A.I.SOFT(エーアイソフト)のもので、WXGという日本語変換ソフトなどを所有していました。
銀色は、マイクロソフトです。Windowsはもちろん、WordやExcelなどを購入。
まだ、Excelが約10万円していた時代です。
黄色は、ロータスです。ロータス123が有名ですが、SuperOfficeもよいソフトです。
赤は、ジャストシステムです。今でも一太郎・花子・ATOKは使っているので、このIDは現役です。

そのほか、Windowsのテレフォンカードも写真に入れました。これは自作ソフトが雑誌に収録されたときのものだったと記憶しています。

下に写っているのは、Windows95を購入したときのもので、ビールとお米がおまけで付いてきました。
このビール、今でも飲めるのかな? 常温保管です。

Windows Windowsのトラブル対策

2004年8月14日 | Windows | コメント (0)

未だに使っている人が多いWindows95/98/Meですが、不安定でトラブルも多いです。

■ケース1
ウイルスに感染した

ウイルスに感染したかどうかは、ウイルスチェックソフトでチェックするのが早いです。
でも、プレインストール済みのものが期限が過ぎて役に立たなかったり、情報を得ようとしてもウイルスに感染していたらインターネットに接続するわけにもいきません。

他の感染していないコンピュータからアクセスして、情報を得たり、ワクチンソフトを入手するのがいいと思います。

そのほかの手段としては、大抵ウイルスは、起動時に常駐するはずなので、レジストリを見て、起動しないようにすればいいのですが、初心者には難しい作業となります。

やはり普段から対策をしておくのが一番です。
ウイルスチェックソフトにお金をかけたくなければ、AVG Anti-Virusがお薦めです。
http://www.grisoft.com/

■ケース2
「最大化、最小化、閉じる」のボタンが変な記号になってしまった。

セーフモードで起動し、再び普通のモードで起動すれば大抵直ります。
セーフモードは、最小限の状態で起動します。そのとき、フォントのキャッシュなどをクリアしてくれるので、文字化けも直るというわけです。

そのほかのトラブルでも、試してみる価値がある方法です。

■ケース3
正常に起動しなくなった。

よく聞くトラブルです。でも、その前に前兆があるものですが…。

ハードディスクの中には、起動に欠かせないファイルがいくつもあるのですが、わかりづらいファイル名なため、ゴミファイルと勘違いしてゴミ箱に入れる、あるいは削除してしまう人が時々います。それじゃあ、起動するわけないですよね。
その場合は、再インストールが早いでしょうか。リカバリディスクからの修復は、すべてが消えてしまうので、最終手段となるので注意。あくまで、Windowsの再インストールです。まあ、これもWindowsのインストールCDが付属してる場合の話ですが。

ハードディスクが壊れていたというケースもかなりあります。ハードディスクは消耗品と考えるべきです。大切なデータをなくさないためにも2~3年も使ったら、新しいものに交換する方がいいかもしれません。
現在では、USB経由の外付けハードディスクケースなどが売られているので、古いハードディスクを外付けとして再利用することができます。あるいはデスクトップであれば、サブドライブとして再活用するのもいいでしょう。
ハードディスクを入れ替えると、ドライブのスピードが速いので全体的に速くなり、コンピュータがグレードアップした気分になります。

起動するけど、正常ではない場合は、どこかシステムがおかしくなっているのですが、あれこれ悩むようならデータをバックアップして、インストールし直し、あるいはリカバリをしてしまう方が、その後も安定しているかもしれません。
一応、スキャンディスクやレジストリチェッカ(scanreg /fix)は試してみる価値はあります。

また、内蔵電池が消耗してしまって、電源を切るたびに日付などがリセットされる場合もあります。このことはマニュアルにも意外と書かれていない点です。あまり使用頻度が高くないからといって、コンセントから抜いてしまわないように。

■ケース4
接触不良 --- 周辺機器が認識しなくなった

使用頻度が低い人の方がトラブルが出やすいような気がします。コネクタがうっすら酸化(さび)していることもあるのかもしれません。コネクタを一度抜いて、もう一度差し込むだけで直すケースが多いです。差しっぱなしだったものでも、同様に抜き差しで直る場合があります。

金属は、温度が低いと電気抵抗が低いので、スイッチを入れた瞬間は大量の電気が流れます。そのショックで機器が壊れる可能性もあります。でも、それより接触不良の可能性の方が高いような気がします。

反対にショートしてしまうケースもあるでしょう。コンピュータの中身は案外ほこりだらけになります。ただし、掃除機で勢いよく吸い込むと別のトラブルが出るときがあります。私の場合、おもしろがって排気ファンを掃除機の風で回したところ、ファンが回転したことで電気が発生したのか、マザーボードを壊してしまったことがあります。

■その他のトラブル

困ったときはこのサイトです。同じトラブルは大抵他の人も経験しています。
ここで探すときっと見つかることでしょう。
http://homepage2.nifty.com/winfaq/

Windows 廉価版Windows XP

2004年8月13日 | Windows | コメント (0)
マイクロソフト、廉価版Windows XPを5カ国で投入へ - CNET Japan

同時に3つのアプリケーションを起動させている人って、
案外少ないんじゃないかな。

コンピュータがマルチタスクでも、人間はそれほど
器用じゃないようで、一つの作業が終わると
アプリケーションを終了させて、別のアプリケーションを
起動するってパターンをよく見かけます。

そもそも、多くの人は、インストール済みのアプリケーションと
買ったままのハードウェアで使うので、メモリのことを考えると
大型のアプリケーションを同時に起動するのは重たくなる原因。

東南アジアだけでなく、日本でもプレインストールは、
成り立つのかもしれません。

まあ、日本はお金があるから、グレードの高い機種で、
オフィスソフトがインストール済みが売れるようですが。

General ウェッブページ・ウェッブサイト・ウェッブログ

2004年8月12日 | General | コメント (0)

なぜか雑誌やテレビでは、「ウェッブサイト」と表記したり、
そう発音することがあり、気になる。

Webという単語からはそんな発音になるとは思えないが、
外来語は経由するルートで、必ずしも英語からとは限らないので、
「ウェッブ」に近い発音の言語があるのかもしれない。

Virusがウイルスと表記するのと同じなのかな。

まあ、ホームページという誤用が減ってきたのはいい傾向かも。

相変わらず、新聞のコンピュータ関連の記事は、
記者が理解しておらず、とんちんかんな内容であるが…。
新聞記者の専門分野の無知は、仕方がないか。

コンピュータ関連 滑稽な間違いコーナー

Windows IBM、Windows XP SP2の導入に「待った」--社内向けに通達

2004年8月10日 | Windows | コメント (0)
IBM、Windows XP SP2の導入に「待った」--社内向けに通達 - CNET Japan

CNET News.comが入手した同社技術部門の手になるメモには、Windows XP SP2を導入すると「Internet Explorerの動作方法が変わり、一部アプリケーションで互換性の問題が発生する」と書かれている。さらに同メモには、「よく知られた、ビジネスに欠かせない一部のアプリケーションが、SP2とコンフリクトを起こすことも分かっている」とある。

「よく知られた、ビジネスに欠かせない一部のアプリケーション」って、Microsoft Officeのこと?

Windowsに深く入り込んでいるソフトだから、その可能性もありますよね。

最近のこのウェブログのアクセスログをみると、以前根強く使われてきたWindows95/98が急速に減り、XPへ移行しているようだ。ちょうど使っていた本体が買い換えの時期なのか、次期Windowsがずっと先なので、新しい機種に乗り換えたのかってところでしょう。

XPが多いということは、このSP2を導入する人も多いでしょうね。そして使っているソフトが調子悪いとかって困る人も多く出るのでしょう。

Windows WindowsのUIの3D化

2004年8月 6日 | Windows | コメント (0)

次期Windowsでは、インターフェースが3D化され、
開いているウインドウがくるくる回転したり、
立方体の各面にエクセルのシートを表示させたりと、
派手な進化をするらしい。

とはいっても、リリースの予定はどんどん遅れて、
2006年以降といわれている。
今まで頻繁にバージョンアップをし、
毎年恒例の年貢といわれていた時代と変わってきている。

インターフェースの3D化は、すでにMacOSXで実現しているが、
エクスポゼの機能(F9を押すと開いているウインドウが縮小され見やすく並ぶ)
など、使う側に立って機能を提供している。
新しい技術がわかりやすく使うための補助的なものとして
うまく取り込んでいると思う。

対して、Windowsは、今の様子はWindows自体の紹介をするときは
おもしろいかもしれないが、使う上で「だからどうした」的なもの。

次期Windowsを使うためには、コンピュータ自体の買い換えも必要なわけで、
できることは変わらず、最新の機種を買っても派手なインターフェースのため
動作は重たくては、ちょっと手が出ないと思う。

それより、あちらこちらに書かれているけど、
ウイルスに強い安定したWindowsをリリースした方が売れそうな気がする。
(そうすると過去のWindowsを否定することになるのでやらないだろうなぁ)

基本的にWindows95以降、可能なことは同じで、
現にアクセスログを見ても、Windows95以降のWindowsが全部混在している。

過去に新しいWindowsが発売されても、
「パソコンをバージョンアップする前に、
自分がバージョンアップしないと…」(つまり使いこなしていない)
と言う人が多い。
まあ、Windowsを使うんじゃなくて、Windowsで動作しているソフトを
使いたいわけだから、できることが同じなら、
重たいWindowsに乗り換える必要はない、というわけだろう。

それにしても、最近やっとInternetExplorerのシェアが下がってきたそうです。
バージョンアップも止まり、ウイルスの根元になっていることで、
他のブラウザに乗り換え始めたのかもしれません。

ただし、乗り換えているのは、ウイルスやセキュリティに気を使っている人で
それが問題になっていることすら知らない、あるいはどうしたらよいかわからず、
使い続けている人が9割以上いるというのが現状。