General うるう秒

2005年12月25日 | General | コメント (0)

「うるう秒」とは、原子時計と自転のずれが1秒を超えないようにするために、不定期に1秒を足したり引いたりすること。

ニュースで知りましたが、7年前もたまたまテレビを見ていて、その瞬間を見たので、特に深く考えていませんでした。

総務省の発表って、日本で独自なのか? って調べてみると世界標準時の2006年1月1日の00:00の前に23時59分60秒を挿入するのだそうです。日本は世界標準時より9時間進んでいるので、9時の前に1秒を挿入するのは世界標準時にあわせたことなのですね。

考えたら、コンピュータの時計(インターネットの時計)は、世界中のNTP(タイムサーバー)から、9時間プラスすることで表示しているので、世界で同時に行われないと困りますよね。

とはいっても、コンピュータでは挿入されたxx時59分60秒を表示するわけではありません。Windowsだったら、インターネットとの時刻のずれをシンクロした時点で修正されますが、Linuxなどは時刻の逆戻りを避けるために、時間をおきながら修正されます。つまり自分のコンピュータは1秒進むわけですが、少し足踏みをしながら上位のNTPとの時刻を合わせます。

この記事は、次の記事のコメント後に書きました。

rumble::place: 今年はうるう秒なんだそうです

Software パスワードを解読/解除するソフト

2005年12月13日 | Software | コメント (0)

以前からあるのは知っていましたが…。

Passware Kit Enterprise

WindowsやOfficeを含め、多くのソフトのパスワードを解読/解除できるようです。
パスワードを忘れてしまい、このソフトを購入した人や、このソフトを不正コピーなどで所有している人が周りにいるかもしれません。
そう考えると、この製品が対応しているソフトのパスワードなど、気休めにしかならないでしょう。
Windowsはセキュリティが弱いというのは納得です。

現段階では、MacOSXのディスクユーティリティで作成可能なディスクイメージに保存するのが、一番良い方法だとか。

Software ソフトウェアのシェア2005

2005年12月11日 | Software | コメント (0)

「BCN AWARD 2006」中間集計 ソフトウェア部門 トップ3

これをみると、ワープロの81.5%はジャストシステム(一太郎)、OSの66.4%がマイクロソフト(Windows)で、29.9%がアップルコンピュータ(MacOSX)となるみたいです。

もちろん別購入のシェアなので、やっぱりマイクロソフトは強いのでしょう。

Macintosh Google Earth for Mac OS X

2005年12月10日 | Macintosh | コメント (1)
MacNN | Google Earth for Mac OS X in the works

Earlier this month, a pre-release version of Google Earth for Mac OS X that uses OpenGL rendering reportedly began circulating. The 40MB application offers an extensive set of preferences, allowing users to customize detail and color, as well as control the speed of "flights."

今月中にもプレリリースのGoogleEarthが公開されるようです。Windows版から半年遅れですね。

google-earth1small.jpg

【関連記事】
衛星から北海道を眺める
日本海が東海に
Google Earth for Windows

【追記】
Google Earth 3.1.0371
10.4以降の対応のようで、10.3の本機では使えません。

【追記(2006/02/13)】
ベータ2で、Pantherも対応したようです。