Blog アクセス制限でアクセス激減

2006年7月27日 | Blog | コメント (2)

スパムのIPアドレスから、htaccessを使ってアクセス制限をしてみたところ、結構効果があって、スパムが激減しました。
一日で200くらい減っています。
ただ、HKD WEBLOGやRufuna Tearoomのようにアクセスが少ないブログは、350から150へ、400から200へと半分・半分以下となり、ちょっと寂しい気分です。
まあ、スパムのアクセスはカウントしてほしくないですからね。
でも、このカウンタは、検索ロボットも含まれているはずで、さらに実アクセスは減るということです。
もちろん、検索ロボットを制限してしまうとクロールされませんので、それはしません。

【関連記事】
[E] 1日あたりの訪問者数50人以下の Blog が7割以上
[E] NucleusのブロックするIPアドレスを同期

Nucleus NucleusのブロックするIPアドレスを同期

2006年7月24日 | Nucleus | コメント (0)

NucleusのBlacklistプラグインで、複数のサイトのブロックするIPアドレスを同期します。

NucleusのブロックするIPアドレスを同期

【追記 2006/07/25】
スパムのアクセスを排除するために、上記のブロックするIPアドレスをもとに、.htaccessを生成し、/public_htmlのルートにアップロードするようにしました。

Blog 1日あたりの訪問者数50人以下の Blog が7割以上

2006年7月23日 | Blog | コメント (0)
Japan.internet.com デイリーリサーチ - Blog 定期リサーチ――1日の訪問者数、50人に超えられない壁?

1日あたりの訪問者数50人以下の Blog が7割以上
約6割のブロガーが週に1回以上の頻度で Blog を更新

個人のブログで訪問者数50人というのはひとつの目安となりそうです。
ただし、そのうちの何割かは検索ロボットの訪問なはず。
結構読まれていないのが現実です。

Hardware ノートパソコンとコーヒー

2006年7月23日 | Hardware | コメント (0)

ノートパソコンの隣にコーヒーなどの飲み物があるというのは多いと思います。
そして、そのコーヒーがノートパソコンにこぼれるというのも数は多くありませんが、何度か聞いたことがあります。
もちろん、仕事中というのが多いので、「データをセーブして…」と考えがちですが、そんなことをしているうちにコーヒーが基盤に進入し、ショートしてしまいます。
可能な限り素早く電源を切らなければなりません。電源ボタンで強制的に切るくらいでないとダメですね。
その後もまる1日以上おいて、完全に乾かさなければなりません。ここで、仕事の続きがあるからといって、スイッチ入れてはいけません。
知らない人はここであれこれとやってしまい、本当に壊してしまうのです。

さて、ネットでパソコンとコーヒーのことを調べると、「ひっくり返して陰干し」というのがありました。ひっくり返していいものかよくわかりません。
ひっくり返すという行為は、内部で液体の被害を広げることになりそうですから。
ThinkPadなどでは、バスタブ構造といって、キーボードにコーヒーをこぼしても、下の基盤に進入しないように液体をためる構造になっているようです。あふれそうな分は、排水溝から下へ流れ落ちる仕組みです。
さすがThinkPadです。よく考えられています。
バスタブ構造のノートパソコンは、できるだけ水平を保つことが必要で、ひっくり返してはいけないことになりますね。

また、糖分があるとショートしやすいので、コーヒーは砂糖とミルクは抜きで、ブラックで飲むようにしたいですね。糖分が入ったジュースは机上で飲んではいけません。
飲むならペットボトルで、こまめにふたを閉めるとか、万が一を考えた行動が必要です。

透明な保護カバーもありますが、多様な機種に対応しているものかどうか。
キーボードが使いづらくなるのもあって、使っている人をほとんど見かけません。

Hardware 2GBのUSBドライブ 他

2006年7月16日 | Hardware | コメント (0)

ウェブ上でいろいろな商品を調べることができますが、
時にはお店で眺めるのも楽しいものです。

2GBのUSBドライブが6800円。安くなってきました。
Pd8
今、256MBのものを使っていて、大容量は2.5インチの外付けハードディスクを使うので、今回は見送りましたが、ギガ単位のものをポケットに入れて持ち歩けるのは便利ですね。
外付け用のHDDケースも安いのがありました。

内蔵のスーパーマルチドライブが5980円。
そろそろDVDを焼きたいと思ったりします。
Nero Expressが付属しているようなので、すぐに使えますね。
DVD-Rのメディアも10枚で350円とは…。

コンパクトフラッシュを4枚内蔵させ、IDE接続するものも売っていました。
コンパクトフラッシュも大容量・低価格なので、おもしろそうですね。
2.5インチ用があれば、ノートパソコンに内蔵させるのも魅力的。
ただし、Windowsとアプリケーションをインストールすることを考えると、最低でも4GBはほしいですよね。
そうなるとまだ高い感じです。

内蔵ハードディスクは、1万円で250GBが買えます。
2000円プラスすれば300GB。
2.5インチだって1万円で80GBです。

Internet Yahoo!Japanの10年、インターネットの未来

2006年7月15日 | Internet | コメント (0)
Yahoo! JAPAN - ありがとう10周年

Yahoo!創設者のジェリー・ヤンさんの会見やトークイベントの動画がリンクされています。

10年前といえば、インターネットをするためにはURLを打ち込むか、
リンク集から辿っていくのみでした。

それがYahoo!の登場でキーワードでサイトを探し出せるのですから、
当時は画期的なものと感じたものです。

インターネットは、PublicなものからPrivateなものに代わり、
それがSocialへと変化していくといいます。

Yahoo!などの検索でも、キーワードで検索されたものは、皆同じものが表示されるわけですが、
del.icio.usを考えてみると、一見個人のブックマークですが、
これを共有することで、ソーシャルな検索が可能になります。
漠然と調べ物をしたいときは、こちらの方がおもしろいサイトに巡り会えることもあります。

流行語のようにソーシャルという言葉が使われますが、
熟成していくのは、これからなのでしょう。

多くの国のYahoo!でトップ画面の変更が行われています。
日本もそのうち変わるのでしょうが、コンテンツにアクセスしやすくなり、
使いやすそうです。

Yahoo! FlickrやYahoo! 360など新しいコンテンツも登場しています。
Web2.0やRSSの技術を利用し、より進化していくことでしょう。

Software サンデー・プログラマ

2006年7月12日 | Software | コメント (0)
サンデー・プログラマよ再び:ITpro

作りたいものが見当たらない,という話も何度か耳にしたことがある。確かに,Windowsの世界では,「こんなものがあれば」と思っても,インターネットを検索してみると既に誰かが作ってしまっていることが多いのも事実だ。

年々趣味でプログラムをしている人が減っているという話題です。

DOSより以前にBASICで育った人も、Windowsへ移行すると同時に辞めた人も多いようです。
その段階で半分以下に減っていると想像します。
そして、Windowsがすっかり定着した今では、アイディアは出尽くしたか、個人では手が出せないレベルに達していると思われます。

ウェブプログラミングでも、例えば掲示板のCGIやPHPのソースがほしいとすると、検索をかけて気に入ったものをダウンロードするだけって感じです。
多少、好みに合わせて修正する程度です。
PerlやPHPはソースで配布されるので、設置してもらうために公開すれば、自動的にソースの公開となります。
その点では、Windowsなどのコンパイルしたものを公開するのとは違いがあります。

上記の記事では、PDAなどの携帯端末のソフト作りを提案していますが、不便を感じなければわざわざプログラムを勉強しようとはしないはず。マックなどは開発環境を無償で提供していますが、その割にフリーソフトの数は少ないと思います。逆にそのような細かいソフトが不要なOSだということも言えるのですが、今後はますますフリーソフトが不要な時代へ突入するような気がします。

あと、とても気になるのは、ソフトを公開しているサイトでブログを設置する例が多いのですが、ブログに熱中してしまい、プログラミングから離れてしまっている例も見受けられます。
そもそも自分でソフトを作るということは、自分のパソコンをカスタマイズするようなものです。
なので、ブログのカスタマイズも結構熱中してしまうんですね。
それに時間を費やしてしまう。
コンピュータに接する時間の多くをブログに使うので、それらのカスタマイズの方が重要になってきます。
それでソフト開発が置き去りになってしまうのではないかと。

Windows クセロPDF

2006年7月 8日 | Windows | コメント (2)

クセロPDF

プリンタドライバのフリをして、PDFを作成するソフト。
無料というのは魅力なんですが、PDFに変換するたびにブラウザが立ち上がります。
広告ブロックをしているので空白のページが表示されるのですが、
無料だから仕方がないのかな。

PDFに関してはWindowsは不便な思いをしますね。

【追記 2006/08/22】
しばらくしたある日、何も起動していないのにCPUが微妙に消費されているのに気づいた。
さっそくタスクマネージャーを起動し、犯人捜し。
犯人は「クセロ君」のようだ。
「おい、そこで何をしているんだ!!」
「何もしていません…」
「さっきから何をゴソゴソ動いているんだ!!」
「いえ、本当に何もしていません…」
「でも、ほら、証拠があるんだぞ!!」

…ということで、クセロ君には消えてもらいました。

General 死亡推定日

2006年7月 3日 | General | コメント (0)
死亡推定日

残りの寿命を計算するサイトです。
氏名を変えると寿命も変わります。
あと、最初っから現在年齢の計算が間違っています。
まあ、遊び半分でどうぞ。

Windows 軽快動作のフリーソフト

2006年7月 2日 | Windows | コメント (0)

日経PC21の8月号にUSBメモリー活用の特集をしていました。
USBメモリーにソフトウェアを入れて持ち歩くのはもはや常識になりつつあります。
それほど、大容量が低価格になったからでしょう。

さて、その特集で、軽快動作のソフトウェアが紹介されていました。
どれも本当に軽快で、USBメモリーといわず、本体にインストールして使いたいものばかりでした。

■XnView
画像ビューア。
VixやPhotoshopAlbumを使っていましたが、このソフトはとにかく読み込みが速い。
今まで軽快動作の画像ビューアとしては、Vixを使っていましたが、XnViewに乗り換えようと思っています。
XnView - Free viewer

■Media Player Classic
ソフトの雰囲気は懐かしいもの。
軽快に動作します。
Media Player Classic 日本語化

■FoxIt Reader
Adobe Readerはとても重いソフトです。
それだけで、PDFはダメだと感じている人も多いです。
私もその一人。
でも、FoxIt ReaderだとPDFを積極的に活用してみようかという気分になります。
ただし、何でもきちんと表示できるわけではないようです。使い分けが必要です。
Foxit Reader(窓の杜)