Modefy 写真ギャラリーのキーワード

2006年11月26日 | Modefy | コメント (0)

Coppermine Photo Galleryで、Photo Galleryを構築しているのですが、最近、キーワードを入力しておくと検索画面の下にキーワードリストが表示されることを知り、早速キーワードを入力してみました。

キーワードリスト

イルミネーション | スープカレー | 三笠 | 上富良野 | 中山峠 | 余市 | 函館 | 北広島 | 北竜 | 十和田 | 千歳 | 占冠 | 夕張 | 夕日 | 夜景 | 大滝 | 奈井江 | 宗谷岬 | 室蘭 | 富士見 | 富良野 | 小平 | 小樽 | 峠 | 幌加内 | 廃墟 | 当別 | 当麻 | 新十津川 | 日勝峠 | 日高 | 旭川 | 松前 | 根室 | 桜 | 様似 | 氷まつり | 泊 | 浜益 | 深川 | 清水 | 猿払 | 琵琶瀬 | 留萌 | 石狩 | 神威岬 | 神恵内 | 稚内 | 積丹 | 空港 | 興部 | 芦別 | 花 | 花火 | 苫前 | 苫小牧 | 西興部 | 豊浦 | 足寄 | 道の駅 | 釧路 | 鉄道 | 長万部 | 雨竜 | 雪まつり | 霧多布 | 静内

作業途中で、地名だらけになっているのに気づき、方針を変えることに。

キーワードリスト

イルミネーション | スープカレー | 上川エリア | 冬景色 | 十勝エリア | 夕日 | 夜景 | 宗谷エリア | 岬 | 峠 | 廃墟 | 後志エリア | 日高エリア | 札幌エリア | 東北エリア | 根室エリア | 桜 | 橋 | 檜山エリア | 海 | 渡島エリア | 湖 | 滝 | 留萌エリア | 石狩エリア | 空港 | 空知エリア | 紅葉 | 網走エリア | 胆振エリア | 花 | 花火 | 道の駅 | 釧路エリア | 鉄道 | 雪まつり

どっちもどっちだなぁ。

Modefy オープンソースCMSアワード

2006年11月25日 | Modefy | コメント (0)
2006 Open Source Content Management System Award Winner Announced

オープンソースCMSアワードにJoomlaが選ばれ、5000ドルの賞金を授与されたということだそうです。2位のDrupalも接戦。日本で親しまれているXOOPSは入賞しなかったようです。

  • Joomla! - インストールが容易、エクステンションやモジュールの多さ、徹底的かつ包括的に提供されているドキュメント、管理ユーザインタフェースが秀逸、バックエンドシステムの扱いやすさ、WYSIWYGエディタの高い利便性、スケーラビリティの高さ、カスタマイズオプションの豊富さ、活発なコミュニティ
  • Drupal - 安定性の高さ、活発な開発、セキュリティ機能が秀逸、設定が簡単、軽量なインストール、大量のモジュールとテーマ、すぐれたドキュメント、フレンドリーなコミュニティ、ノードコンセプトというすぐれた発想
  • Plone - 高い柔軟性と強力さ、すぐれたユーザインタフェース、デフォルトインストールのクリーンさ、たくさんのアドオンモジュール、学習の容易さ、LDAPやほかのログインシステムとの連携性の高さ

Joomlaは本当に使いやすいです。どれも世界的にはメジャーなCMSばかりですが、日本では今ひとつ。それから使われる条件としては、インストールの容易さもありますが、運用後のトラブル解決として、コミュニティの存在も条件になっています。安定動作の必要条件です。

General ネット的鎖国

2006年11月24日 | General | コメント (0)

インターネットでは、英語を共通語として多くの国の情報が行き来しています。
ヨーロッパの国々でもネット上では英語で情報をやりとりし、母国語がドイツ語でもフランス語でも、英語を手段とし、ソフトウェアやウェブサービスが行き交っています。

しかし、日本は、日本語化しないと普及しません。
なぜなら、日本人は英語が苦手という以前に、文字コードの問題があるのです。
JISやShiftJIS、EUC、UnicodeやUTF-8など、よく使うものでもこんなに複数あるのです。

これらは、コンピュータの普及やその当時の性能の限界など、いろいろな制限があり、徐々に進化したものですが、すでにあるものを排除するわけにはいきませんから、混在するわけです。

そんな事情を海外の人が理解するのは難しいことで、単独で動作させるならUTF-8でサイトを構築すれば、ある程度日本語にも対応します。
表示されるメッセージの日本語リソースを用意するだけですから。

でも、ブログでも、ShiftJIS・EUC-JP・UTF-8と最低3種類あるわけで、束ねるサービスをするとなると、日本語に対応することは、結構大変なことです。
そのままでは文字化けは避けられません。

必然的に英語を理解する日本人も、日本語に対応しないサービスは利用しないわけで、これだけ自由なインターネットの空間において、鎖国のような状態になっているのではないかと思うのです。

この問題を解決するには、サーバーで動作するOSが国際化に対応することがまず先決です。
ネットの基本となるアプリケーションもしっかり対応してもらいたいものです。
現在は、PHPとMySQLというよく使われる組み合わせで、問題が発生することが確認されていて、回避するノウハウは情報として流れていますが、あくまでも国内だけの話でしょう。
ソースに手を加えることなく対応することが必要です。

ネット人口は、世界的に見ても少なくはないはずなのに、取り残されている感じは拭いきれませんね。

Blog コメントを追跡する

2006年11月23日 | Blog | コメント (0)

他人のブログにコメントした後、管理人や他のユーザーがさらにコメントしていくと思うのですが、そのコメントを確認するためには、再びサイトを訪問するのが一般的だと思います。ブックマークに入れて、再訪問となるでしょう。これが実に面倒です。

ならば、ページの更新があったことを知らせてくれるサービスを利用となるでしょうか。「はてなアンテナ」は、ブログだけでなく、どんなサイトでも更新をチェックしてくれるので便利です。

MT-NotifierというMovableType用のプラグインもあります。これは、サイト側で組み込まなければなりませんが、コメントが付くと、メールでお知らせするシステムです。このサイトにも組み込んであります。しかし、これを組み込んでいるサイトが少ないのが現状です。

そんな中、coCommentというサービスが日本でも始まりました。コメントを追跡し、一元管理できるようにするものだそうです。でも、ブラウザに拡張機能を組み込む必要があるのと、メジャーなすべてのブラウザに対応しているわけでもなく、すべてのサイトで正常動作するかどうかも保証されていません。副作用がないのかどうかも心配です。

登録はしてみたので、様子を見ながら使っていきたいと思っています。

【追記 2006/11/24】
ブログの記事を見ていると、「こんなサービスがほしかった」と絶賛するものと、実際に使ってみて「これは使えない」の意見がありました。弊害も多そうです。日本語の文字コードの問題は、海外発のサービスを阻むものなのですね。

General 「えらー」がでた

2006年11月19日 | General | コメント (0)

接続先のタイムアウトの画面ですが、「エラー」ではなく「えらー」と出ています。
Niftyが提供するプロクシを利用しているのですが、時々、自分のサイトがコンテンツフィルタに引っ掛かり、ドキッとしたり、すべてのサイトがコンテンツフィルタでアクセス不可になったり、いろいろです。
でも、怪しいサイトをはじいてくれるので、少し安心です。
えらー

Browser Google Pagerank Extension for Firefox2

2006年11月18日 | Browser | コメント (0)
FireFox 2 Upgraded Extensions - OzVoIPStatus.Com
Google Pagerank Extensionは、GoogleのPagerankをステータスバーに表示する拡張機能ですが、Firefoxの2.0がリリースされて、対応していないということで非表示になっていました。 自動でアップグレードされないみたいで、上記のサイトから組み込むことでOKでした。

Software Officeは進化する?

2006年11月15日 | Software | コメント (0)
(第1回)Officeに進化は必要なのか:Enterprise Office

Office 97以降におけるマイクロソフトの最大の挫折は,Officeを「文書作成ソフト」としてしか,ユーザーに使ってもらえなかったことにある。だからこそユーザーは,「Officeに進歩が見られない」「Officeの機能はもう十分」と思っている。

お世辞にも使いやすいとはいえないMicrosoftOfficeです。
バージョンアップで追加された機能も、「どうせそんな機能なんて使わない」と興味がわかない人がほとんどのようです。
一番使われているのがOffice2000なのだそうです。

ワード(Microsoft Word)をメインに使っていないものにとっては、「あの機能はどこだっけ?」とメニューをいろいろ開く結果になります。作業のほとんどは、宝探しゲームをしているようなものです。その点、ロータスのワードプロのインフォボックスやマック版ワードの設定パレットは、設定が一つに集まっているのでアクセスしやすいです。

エクセル(Microsoft Excel)の使いづらいところは、グループ作業に適していない点でしょう。表計算ソフトとしては、機能が充実しているのですが、データの一貫性が取れないのが不便。グループウェアが進化しているので、MySQLなどとデータの連携がとれれば、さらに使いやすくなりそうなのですが。まあ、本来その分野は、データベースソフトのテリトリーなので、アクセス(Microsoft Access)からアクセスすればいいわけです。

時期Officeでは、UI(ユーザーインターフェース)が大幅に変わるのですが、そのために既存ユーザーは買い控えをしそうです。従来のUIが用意されていないので、アップグレードしてから使いづらかったら、作業効率がさらに低下するわけです。

マイクロソフトのソフトウェアの中で、おもしろいと思うUIに、ムービーメーカーがあります。マックのiMovieもそうですが、作業を時系列に並べ、作業手順をある程度強制してしまう手法です。ワードでも可能だと思います。そうすることで、効率的な作業を提案することができます。マニュアル不要で作業を進めることも可能になると思います。

ファイルを呼び出すか新規にテンプレートを呼び出す→用紙の設定→文章の下書き→スタイルを指定していく→図やグラフを挿入→文書の保存→印刷、といった流れの中で、必要な機能を右のサイドバーに表示していくのです。頭から文章を入力しながら書式を設定していくとゴシックなっていることに気付かず、印刷してからおかしいことに気付いたり、見出しの書式が統一されていなかったりということが起きます。未だにスタイルやインデントの使い方を知らない人が多いのですから、ソフト側で型にはめてもいいと思います。Wiki的な発想があっても良いと思います。そして、自由なデザインを伴う文書は、パブリッシャー(Microsoft Publisher)に移行させてしまうのです。ホームページビルダーのようにモードを切り替えてもいいですね。

どちらにしても、作業段階の同時期に使う機能が、あちらこちらのメニューに点在しているのは使いづらいです。Windowsが登場した初期段階から抱えている問題です。無理やりカテゴリー別にメニューを押し込んでしまったのですから、当然の結果です。Windows Vistaになって、エフェクトに注目が行くのですが、そんなことはどうでもいいのです。超初心者でも使えるものを研究してもらえたら、たまに使うユーザーでも使いやすいものにできるヒントがそこに隠されていると思います。

開発側と使う側の温度差があるのは、フリーソフトなどを作ってユーザーとコミュニケーションをしたことがあれば、痛感することです。でも、Windowsで動作する以上、Windowsのしきたりを無視するのはWindowsのソフトとして格好がつかない。使いづらいのをわかっていて、そうしていることも多いです。

マイクロソフトが定義しているWindowsソフトのしきたりを壊しているのは、いつもマイクロソフトのオフィスで、他のライバルソフトが「なーんだ、あいつがやっているんだから、俺も」的な拡張をおこなっているような気がします。ベースであるWindowsをしっかり固めてほしいと思います。OSは、ソフトウェアを動かすプラットフォーム。決して前面に出てきてはいけないものなのです。Windowsが変わらなければ、オフィスも変わらないかもしれません。

Windows Mifes for Windows 8

2006年11月11日 | Windows | コメント (0)

Mifesの新バージョンの記事を見て、何気なくクリック。
MS-DOS時代からある老舗エディタですが、今まで何となくダサいアイコンに見向きもしていませんでした。
しかし、スクリーンショットを見て、思わず「かっこいい」と思ってしまいました。
機能的には十分なものもあり、ベータ版をダウンロードし、設定画面なども見てみましたが、なかなか好みに合わせられそうで良い感じです。

それにしても、価格が高い!! そして、動作が少し遅い。

mifes8beta.png

Modefy JoomlaとDokuWiki

2006年11月 5日 | Modefy | コメント (0)

Joomlaはポータルサイト構築、DokuWikiはWikiとカテゴリが違いますが、最近この2つでサイトを構築したので、その記事投稿の書式について思ったことを書きます。

Joomlaは、HTMLエディタが内蔵され、ワープロ感覚で記事作成ができます。
複雑な表組みなどは、HTML作成ソフトで作成し、そのHTMLを貼り付けることも可能です。
かなりのことができます。
しかし、動作が遅いことと、一度崩れると訳がわからなくなることが欠点でしょうか。
リンクが他の文字列と一緒になったりするので、内蔵エディタのクセに慣れないといけません。

対して、DokuWikiはWiki文法で記述していきます。
今まで親しんできたPukiwikiとも文法が違います。
Wiki文法に方言があるのは、Wikiの欠点になるかもしれません。
Joomla同様にツールバーが配置されていますが、リッチテキストではないので、投稿画面は軽快です。
記号を書き出すことで、Wiki文法に慣れていなくても投稿することが可能になっているのは、Pukiwikiにはない、大変便利な点です。

さらにDokuWikiでは、コードの自動色分けができます。
これはカルチャーショックに近いものがありました。
エディタでは当たり前ですが、これをWikiに内蔵しているとは。
HTMLなら一つ一つ色を指定していかなければなりません。
裏技としては、DokuWikiで吐き出したHTMLをJoomlaに貼り付けるという手もあります。
スタイルシートも移植しておかないといけませんが。
または、JoomlaにDokuWikを内蔵させるとか?

それにしても、どちらも日本語の情報が少ないです。
そして、その情報も英語だけでなく、フランス語やドイツ語まで登場します。
これほど世界が狭く感じることはありません。

構築したサイトを見るのは日本語使用者ですから、徹底的に日本語化。
一番問題なのは、日本語になったものが日本語になっているかですね。

【関連記事】
Joomla活用
DokuWiki活用

Hardware ランボルギーニ・ノートパソコン

2006年11月 4日 | Hardware | コメント (1)
ASUSTeK Computer Inc.

ランボルギーニと共同開発を行ったハイエンドノートパソコンの限定モデルを発表
20061102_vx1_yellow_1

ASUSとランボルギーニの共同制作作品。
ASUSは、マザーボードで有名な台湾のメーカーです。
色が黒と黄色で、赤はないようですね。

空気抵抗も考慮されていて、いかにも速そうです。