Linux iTunesサーバー構築(2)

2007年5月28日 | Linux | コメント (0)

自宅のLinuxサーバーにiTunesサーバーを組み込む方法は、検索すればいくらでも出てきますが、うまくインストールできない報告も多いです。

まず、libid3tagをインストール後、
error while loading shared libraries: libid3tag.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory
というエラーがでる場合、
/etc/ld.so.confに/usr/local/libを追記して、ldconfigを実行。
この後、再度mt-daapdをインストールでOK。

日本語の文字化けは、パッチを当てることで、対処可能。
iTunesサーバ(mt-daapd)日本語スマートプレイリスト対応パッチ
「スマートプレイリスト」とありますが、曲のタイトルも修正されます。

解凍したmt-daapd-0.2.4をmt-daapd-0.2.4.orgとリネーム。
さらにmt-daapd-0.2.4.workと同じものを用意し、
patch -p0 < mt-daapd-0.2.4-cp932.patch
を実行。

コンパイルし直せば、日本語の文字化けも直ります。
ただし、完全に直るわけではないのが残念。

Internet 広がり続けるWikiの世界

2007年5月27日 | Internet | コメント (0)
広がり続けるWikiの世界--何に使われどこへ向かうのか - CNET Japan

Wikiは閲覧者がコンテンツの追加、削除、編集などの変更を行えるウェブサイトだと説明することができる。Wikiの発明は、Ward Cunninghamという男が1994年にWikiWikiWebと呼ばれるサイトを開発したことにさかのぼる。これは人やプロジェクト、ソフトウェア開発のパターンに関する情報を集める場所だ。

Wikiは、日本でも「まとめサイト」や便利で簡単なサイト構築ツールとして、多くのサイトで使用されている。閲覧者側から見れば、各ページが統一されたサイトと変わらず、知らないうちにWikiのサイトを見ているだろう。中には、Wikipediaのことを略してWikiだと思っている人もいるようで、正しくWikiを認識している人は少ないのかもしれない。

個人でWikiのシステムを構築するときは、所詮協力して編集することは皆無で、スパムを排除するために、他人の編集を不可にして、自分自身だけが編集できるように設定する場合が多い。いわゆる「ひとりウィキ」である。それでも便利なことには違いない。

ライブドアが「ブログの次はウィキだ」とサービスを始めたのが2005年。結局日記のように一般庶民が書き込めるブログと違い、何かテーマに沿って情報を構築していくWikiは個人ベースには広がらなかった。

Linux PDF作成サーバー

2007年5月26日 | Linux | コメント (0)

Linuxのサーバーに仮想プリンタを作成し、その仮想プリンタに印刷を実行するとPDFが作成されるというものを構築。以前からネットで紹介されているのですが、新しいバージョンのLinuxではどういうわけか作成されず、暗礁に乗り上げていたのですが、エラーログを頼りに原因を見つけました。

どうやら印刷システムがCUPSに変更になったため、プリンタが登録されていないとエラーがでているようなのです。そこで、sambaのprintingをlprngに変更したところ、以前のようにPDFができました。

Oceansoft Library - 自宅サーバー活用