General ウェブ構築の変遷

2008年5月27日 | General | コメント (0)

エディタでウェブサイトを構築する時代から、ホームページビルダーなどのウェブサイト構築ツールへの移行。そして、ここ数年の間には、ブログの普及やWIKIの普及などがあり、CMSを利用したウェブ構築も一般的になってきました。

ホームページビルダーでのウェブサイト構築では、それぞれのページがデザインも内容も独立していて、初期の頃は、トップページからのリンクはあっても、トップページのリンクはない場合もありました。トップページから閲覧を開始するという前提があったからです。

Googleの登場により、ウェブサイト構築は大きく変わりました。必ずしもトップページから閲覧を開始するとは限らなくなったのです。検索でヒットしたページからサイトに入るため、トップページへのリンクがなければ他のページは閲覧されることなく、閉じられるのです。また、フレームで分割されたサイト構成も、いきなり中途半端な右のページにジャンプしてくることがあり、サイトの構築の仕方も変える必要が出てきました。

ブログの普及により、ブログ特有のページ構成も一般的なルールになっています。例えば、トップのタイトルをクリックするとトップページに戻るというのは、ブログから派生したルールで、ブログ以外のサイトでもそのようになっているページが増えてきています。左にサイドバーがあり、主なコンテンツのリンクがあるのも、ブログの普及でブログ以外で増えてきたルールです。

WIKIは、まとめサイトやウィキペディアで特に使われるようになりました。ウィキペディアのことをウィキと呼ぶなど、WIKI自体は認知されていませんが、多くの人がWIKIで構築されたページを意識しないで目にしています。その中では、外部リンクにある外部リンクアイコンを目にしていることでしょう。WIKIはサイトの性質上、内部リンクが多くなりがちで、そのため、外部リンクはアイコンをつけることで、外部サイトへ移動することを閲覧者に知らせています。

必ずしも、ブログやWIKIから始まったわけではないと思いますが、それらの影響は大きいと思います。一見個人が作成するウェブサイトは変化がないように思いますが、インターネットは常に動いていて、制作者も意識しないで新しいルールを取り入れたサイトを構築しているかもしれません。

また、以前は、外部サイトの掲示板を用意して、リンクしている例が多くありました。最近は、ブログやWIKIを併設しているサイトが多いです。いつの間にか、ブログやWIKIの方がメインコンテンツになってしまったりもしています。

Internet サイトエクスプローラー

2008年5月26日 | Internet | コメント (0)
サイトエクスプローラー(サイト管理者向けツール) - Yahoo!検索

「管理サイト」に追加したサイトが認証されると、次の操作ができます。

  • あなたのサイトのフィードURLをYahoo!の検索エンジン(YST=Yahoo! Search Technology)に送信する。
  • Yahoo!の検索エンジンにインデックスされているあなたのサイトのページを、Yahoo!検索の検索結果で非表示にする。
  • コンテンツに影響を与えないURL中のパラメータを非表示にしたり、パラメータに固定値を与える。
  • あなたのサイトのページが最後にクロールされた日の確認。
  • インデックスされているページデータのエクスポート。
など。

自分のサイトを登録することで、まず、きちんとYahoo!に検索対象に含まれているかどうかを確認できます。サイトマップやRSSフィードが正常に読み取られているかどうかを確かめることから始まります。

ブログのアーカイブテンプレートのパスを変更した場合などは、以前のURLでクロールされている場合もあります。すでに存在しないファイルにアクセスしていないかどうかもチェックできます。あとはインデックス状況などをみて、クロールされているかを眺めてみます。

どうしてGoogleで検索対象になるのに、Yahoo!では検索対象にならないのか、というサイトがあったのですが、サイトエクスプローラーでチェックしてヒントがわかり、解決することができました。自分のサイトが検索対象にならないようなことがあれば、ぜひチェックしてみることをおすすめします。

Blog CGIやPHPが不要なブログツールThingamablog

2008年5月18日 | Blog | コメント (0)

ブログをしたい場合、CGI(Perl)やPHPが動作するサーバーをレンタルしたり、ブログサービスを利用するのが普通ですが、プロバイダのウェブサーバーなどは、CGIやPHPが無効になっている場合があります。そういうサーバーでもブログサイトを構築することができます。

Thingamablogは、ローカルコンピュータで記事を作成し、そのままFTP経由でアップロードできるツールです。一部では、「ブログ風ホームページ作成ソフト」と紹介されていますが、RSSや更新PINGもサポートしていて、「ブログ風」ではなく、「ブログ」そのものと言えます。

Javaで動作するので、マルチプラットフォームです。また、設定はアプリケーションが置かれているフォルダに作られるので、USBストレージ等に保存して持ち歩くことも可能です。