Windows Windows7のバージョンは6.1

2008年10月17日 | Windows | コメント (2)

WindowsVistaの次のWindowsは、Windows7という名称になるそうですが、そのバージョンは、6.1なのだそうです。

Windowsは1.0から始まり、Windows4.0は、Windows95/98/Meと名乗っていました。その後、Windows2000がバージョン5.0で、WindowsXpがバージョン5.1とマイナーバージョンアップ。そして、WindowsVistaの6.0となっています。(詳細はWindowsのバージョンを見てください)

Vistaがあまりにも不評なので、中身としてはVistaのマイナーバージョンアップなのですが、一新する印象を与えようとするようです。それならWindows7というネーミングとは別のものにすればいいと思うのですが。

グレードにより、WindowsCorollaとか、WindowsCelicaとか、WindowsCrownとか...。

General カセットデッキもOKのオールインワンコンポ

2008年10月15日 | General | コメント (0)

カーステレオもiPod&USB対応のものにしたので、CDやCD-Rすら使わなくなりました。しかし、過去のカセットテープはそのまま。しかも、やっかいなことにノイズリダクションのdbxで録音してあります。カセットテープデッキは壊れてしまって、テープは段ボールに入ったまま。

カセットもOKのUSB対応コンポが発売されるというのですが、どうやらdbxどころかドルビーもなさそう。アナログでもいいからデジタルに変換し、デジタル処理でノイズリダクションの圧縮を元に戻せないものかと思っています。

【関連記事】
カセットデッキもOK--ビクター、オールインワンコンポ「UX-Z2」:ニュース - CNET Japan
マイクロコンポーネントMDシステム UX-Z2 ビクター

Software OpenOffice.org 3.0 リリース

2008年10月14日 | Software | コメント (0)

ベータ版から試用してきましたが、いよいよ正式版が公開されました。

私が注目している理由は、Windows(職場)とMacOSX(自宅)で、互換性の高いソフトを使いたいということ。Microsoft Officeは、Windows版が2000で、Mac版が2004を所有しています。バージョンを新しくすると、さらにVBAなどの互換性に問題があるので、新しくする予定はなし。

Mac側がネイティブでサポートするので、OpenOffice.org 3.0の登場はうれしい話です。しかも無料です。

起動はやや遅いのですが、2回目の起動がベータ版より速い気がするので、起動時にキャッシュでもすればいいかと思っています。Windows版は常駐するので、それなりに速いと思います。

あと、職場で共通したデータベースソフトがないというのも、OpenOffice.orgに注目したい理由。MySQLにも接続できるようなので、サーバーを中心としたデータ管理もできるのではないかと期待しています。

【関連サイト】
OpenOffice.org