Internet 電子メールは廃れるか?

2013年11月23日 | Internet | コメント (0)

メッセージを送るとき、電子メールに代わって、FacebookやLINEなどのコミュニケーションアプリが多く使われるようになっています。そんなことから、電子メールは廃れてしまうのではないか、と言われることがあります。

あるいは、世界的にもGmailなどのウェブベースのメールサービスへシフトし、メールソフトであるThunderbirdは、日本以外では使っている人が減少し、開発の継続が危ぶまれているそうです。専用のソフトを必要し、設定が煩雑な電子メールは、敬遠されているとも言われています。

電子メールは、インターネット創成期から存在するもので、HTTPやFTPなどと同様にインターネットの基本サービス。しかし、基本サービスといえども、時代とともに使われなくなったGopherや下火となったNNTPなどもあります。そう考えると電子メールが廃れてしまうこともないわけではありません。

従来の電子メールは、POPサーバーとSMTPサーバーの組み合わせでメールのやりとりをしていました。その後、サーバーにメッセージを置いたままにして、複数のデバイスで同期することができるIMAPサーバーが登場。どちらにしても、メールが来たかどうかは、定期的にアクセスしてみないとわかりません。それが今では、プッシュ型電子メールへと進化し、携帯情報端末へ通知が来るようになりました。電子メールも進化しているのです。

各種サービスの認証にも電子メールが必要なことや、FacebookやLINEが特定の企業によるサービスに過ぎないことを考えると、そう簡単に電子メールが廃れることはなさそうです。

Internet Twitterは「つぶやき」ではない

2013年11月 4日 | Internet | コメント (0)

どうやら日本でのTwitterの使い方は、海外とは異なるようです。

twitter-bird-callout.pngそもそもTweetは「(小鳥などの)さえずり」を意味し、周囲や遠くに向かって何らかのメッセージを送っています。それは時として反政府デモに発展するほどの力を持っています。それに対して「つぶやき」となると、独り言、つまり周囲を意識しないメッセージ、あるいはごく身近な人だけに向けたメッセージとなります。

発信する方向が全く異なる「ツイート」と「つぶやき」。ツイートすることを想定して構築したシステムを、根本的に違った意図で使うのですから、無理があるわけです。その結果、さまざまな事件が起きているのは、マスコミの報道の通りです。

Twitterのサービスが日本語する前に、Tweetという言葉は「つぶやく」と訳されて使われだしました。確かに「さえずり」と言われても今ひとつ何をしていいかわかりませんね。Twitterが日本語化したときにも最初は「つぶやく」と表記されていました。現在は「ツイートする」と表記されています。

同じようなことは過去にも起きています。情報を発信するために作られたブログが、日本では「日記サイト」として訳され、自分の出来事を書き込む人が多くいました。「自己主張が苦手な日本人」と言われますが、ブログでもSNSでも、ぶつぶつつぶやくだけのようです。

最近の若者は、最初にスマホを持つと始めることがLINEで、次にTwitterとなっていくようです。LINEが外部に発信しないので、身近な関係でのやりとりですが、その延長でTwitterに手を広げてしまうことで、メッセージの行き先の広がりをイメージできないわけです。LINEすら使いこなせない若者に、Twitterをする資格はないのかもしれません。