Macintosh このMacについてのストレージ

2015年11月29日 | Macintosh | コメント (0)

何かしているうちに「このMacについて」の「ストレージ」タブの色分けがおかしくなっていました。

他の方のブログでは
Spotlight:フォルダとボリュームの再インデックス方法 - Apple サポート
を参考に、修復できたというのもあるのですが、うちのはすべては修復できませんでした。

ちょっと強引ですが、
ルートにある
/.Spotlight-V100
をターミナルから削除。
screenshot_nm003.png
再起動すると、Spotlightのデータベースが再構築されて、色分けが正常になりました。
screenshot_nm002.png

Browser ブックマークとウェブクリップ

2015年11月15日 | Browser | コメント (0)

Firefox for iOSがリリースされ、メジャーな4大ブラウザが出揃いました。マックとiOSデバイスやWindowsと複数のデバイスでブラウザを使うので、アカウントでブックマークの同期などは非常に便利です。

複数のブラウザを使うのは、それぞれ微妙に用途が異なるからです。マックやiOSでは、Safari、Chrome、Opera、Firefoxを使いますが、インストール制限のある職場のWindows機では、Portable Firefoxを使っています。
IMG_6918.png
そのため、仕事関係でブックマークが必要かもしれないアクセスには、マックでもFirefoxを使います。マックでのメインのブラウザはChromeですが、裏で何かを調べたいときに、タブを開くのではなく、別のブラウザを開いて、切り替えて使うというやり方をしています。

iOSのChromeは動作がもっさりしているので、Safariがメイン。新しくリリースされたFirefoxは日本語入力関係の不具合があるようで、安定したらメインになるかもしれません。

また、Operaのディスカバーがお気に入りで、ちょっとニュースを眺めるときに便利だったりします。

iPhoneやiPadのiOSでは、キュレーションアプリやニュースアプリとの連携で、「あとで読む」系のアプリも使用しています。メジャーなところで、Evernote、Instapaper、Pocket、Readabilityとなるでしょう。ブラウザとの連携で、ウェブクリップして使います。
IMG_6919.png
ただし、Evernoteのベーシック契約では、月に60Mバイトまでしか使うことができないので、Scannableの転送用にして、ウェブクリップとしては使わなくなりました。

現在は、Instapaperにクリップしていますが、ブラウザと同様、プライベートと仕事用にサービスを使い分けるのもいいかなと思っているところです。

ところで、最近、ブラウザのブックマークを整理していて、ニュース系は特にそうなのですが、リンク切れが結構発生しています。当然です。ブックマークとウェブクリップの考え方を整理しないといけないと思いました。

ブックマークは、よくアクセスするサイトを登録。内容が日々(または不定期で)変化しているサイトを登録。そして、ウェブクリップは、記事の内容そのものを保存しておきたいときに使う。そういう使い分けをしないと、情報があちらこちらに散らばって探すことができなくなります。

Hardware トラックパッドの違い

2015年11月 8日 | Hardware | コメント (0)

ノートパソコンにはトラックパッドがついています。しかし、Windowsのノートパソコンでは、本体についているトラックパッドを使わずに、わざわざマウスを接続して使っている人がたくさんいます。一方マックのノートパソコンでは、マウスを接続せずにトラックパッドを使う人がほとんどです。Windowsとマックの両刀使いの人も、Windowsではマウス、マックではトラックパッド。

なぜ、Windowsのトラックパッドは使いづらく、マックのトラックパッドはそれほど使いやすいのでしょう。

まず使い勝手の違いは、その大きさにもあります。Windowsのトラックパッドは、機種にもよりますが、キーボードの幅で3つ分。とても小さいです。使っているうちに摩耗し、テカテカしたりします。
trackpad_nec.jpg
それに比べ、マックのトラックパッドは、キーボードの幅で6つ分以上。また、一見ボタンがないように見えるのも特徴です。どこを押してもクリックできます。触った感じもなめらかです。保護フィルムをつけていないiPhoneのようです。
trackpad_mac.jpg
大きさだけでなく、その機能も豊富です。マックのトラックパッドの使い勝手は、iPhoneやiPadのようです。スマホで、画面の内容を大きくしたいときに、指2本で広げたり縮めたりするような操作がありますが、そんな操作を含めて、さまざまな使い方が可能となっています。
screenshot_jt238.png
見た目や機能はよく似たWindowsとマックですが、こうした細かい違いが、使い勝手につながっているのでしょう。

余談ですが、最近、IBMでは、社内のパソコンをWindowsからマックへの移行をはじめました。その結果、社内のパソコンをサポートするスタッフの大幅削減が可能となり、結果的にコスト削減ができたということです。マックの安定性もありますが、Windowsからマックに乗り換えても戸惑いがないというのもあるのでしょう。

iPhone カメラアプリ

2015年11月 7日 | iPhone | コメント (0)

IMG_3081.pngスクエアフォーマットで位置情報を残すことができるカメラアプリを求めて、今までいろいろ試してきました。しばらくはProCamを常用していたのですが、そんな中、iOSのバージョンアップとともにスクエアフォーマットの採用があり、iOS9では、スクエアを選択した後、再度起動したときに選択したものを記憶してくれるようになり、使い勝手も向上。

標準アプリということで、高度な設定はありませんが、そもそもそこまでのことは求めていなかったので、起動も軽い標準のカメラアプリを使うことにしました。