Macintosh macOS Sierraで認識しないハードディスク

2016年9月24日 | Macintosh | コメント (0)

Mac mini(Late 2012)の外付けで使っているハードディスクは、エレコムで販売しているLaCie minimusという製品。
lch-mndu3pc_01.jpg

最近、macOS Sierraが公開されたので、内蔵ではなく外付けのハードディスクにインストールして、どんなものか動かしてみようと思いました。

IMG_20160922_022722.jpgインストールが進み、外付けハードディスクから起動が始まるところで異変。途中でアップルマークが禁止マークに変わりました。ディスクへのアクセスもなく停止。

再度、内蔵から立ち上げてからインストール作業をやり直しても、同様に禁止マーク。

一度電源を落とし、接続し直してみたところ、外付けのハードディスクは反応がなくなってしまいました。ディスクが壊れたか、電源アダプタが壊れたか。(←これはあとで勘違いと気づく)

外付けハードディスクがないと、タイムマシンも使えないので、別の外付けハードディスクを購入(Seagate Expansionという製品)してきました。早速接続してmacOS Sierraをインストールすると、フツーに起動できました。

そのとき、ふと見るとLaCie minimusには、電源ボタンがあることに気づく。なので、壊れてはいないので、再びスイッチを入れてみる。

しかし、macOS Sierraからはやはり認識しない。再度内蔵から起動すると今まで通り認識。アクセスも可能。

どうやら、このLaCie minimusは、OSX Yosemite以前では認識するけど、macOS Sierraから起動したときには認識しない。だからLaCie minimusにインストールしても、途中で自分自身を見失い起動ができなくなるという雰囲気。

検証するためには、一度バックアップして再フォーマットしてみるべきか。

【追記 2016-10-09】
ふと、Seagate ExpansionからSierraを起動してみると、LaCie minimusが見えていました。何が起きたか不明。まだSierraのアップデートがあるわけでもありませんし。

Windows Windows10のLinux環境にFDcloneをインストール

2016年9月18日 | Windows | コメント (0)

Windows10のUbuntuにFDcloneをインストールしたい。

(関係ないけど)まず、一応最新版にしておこうか。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
(関係ないけど)名前解決ができないというエラーが出るので...。
$ sudo vi /etc/hosts
として
127.0.0.1 localhost DESKTOP-S5*****(←追記)
開発環境をインストール。
$ sudo apt-get install build-essential
エラーが時々文字化けするので、メッセージを英語にする。
$ vi ~/bash_aliases
として
LANG=en_US.UTF-8


ソースをダウンロード
FDclone page

ダウンロードしたものを解凍し、コンパイル→インストール。
$ tar zxvf FD-3.01b.tar.gz
$ make config
$ make
$ sudo make install
とします。 ちなみに私のfd2rcは...。
$ sudo vi /etc/fd2rc
SORTTYPE=1
ANSICOLOR=1
LANGUAGE="utf8"
DEFKCODE="utf8"
INPUTKCODE="utf8"
PTYINKCODE="utf8"
PTYOUTKCODE="utf8"
FNAMEKCODE="utf8"
MESSAGELANG="en"
EDITOR=vim
ついでにvimは
$ vi ~/.vimrc
set showmatch
set ignorecase
set ruler
set showmode
set laststatus=2
set incsearch
set showcmd
set statusline=%<%f\ %m%r%h%w%{'['.(&fenc!=''?&fenc:&enc).']['.&ff.']'}%=%l,%c%V%8P
set title

if &t_Co > 2 || has("gui_running")
syntax on
set hlsearch
endif

set backupdir=$HOME/.vimbackup
set clipboard=unnamed
set nocompatible
set directory=$HOME/.vimbackup
set hidden
ホームに.vimbackupを作っておきます。

General 軽量なOSは?

2016年9月18日 | General | コメント (0)

VirtualBox上での比較。パスワード入力時はストップウォッチを止めての計測です。

BunsenLabs Linux 起動18秒 終了3秒
CloudReady 起動32秒 終了3秒
Windows10 起動27秒 終了5秒
Windows2000 起動30秒 終了12秒

BunsenLabs Linuxが非常に軽快。インストールしたLibreOfficeの起動もかなり速い。Linuxはウインドウマネージャーによって軽快感が大きく変わってくるので、他のディストリビューションでも工夫すれば軽快なのかもしれませんが、初期状態で軽快に使えるのはメリット。

CloudReadyは、ChromeBookのOSともなっているChromeOSのオープンソース版のChromium OS。案外起動が遅い。ただ、ChromeBookのChromeOSが遅いというわけではないらしい。

Windowsの比較対象は、2000と10があります。Windows2000が軽快で、バーチャル環境で常用していたのですが、メモリーをしっかり用意すればWindows10のほうが速いです。

単に興味本位でバーチャル環境にインストールしてあるものを計測しただけですが、低スペックPCでの使用を考えたとき、Windows2000は今さら使うべきものではなく、Windows2000同様かそれ以上の軽快さを持つBunsenLabs Linuxは注目すべきものかもしれません。

ちなみにマックは起動時間18秒。決して軽量OSではないはずですが...。