General 平成と2000年問題

2017年1月16日 | General | コメント (0)

平成から年号が変わるという話題で、コンピュータはトラブルを起こさないのかと心配する中、2000年になるときも何もなかったから大丈夫じゃない? と言われていたりします。

まず、年号が変わることと2000年問題は、コンピュータのシステムの中では、別次元の話。

2000年問題は、当時今から考えると貧弱だったメモリや記録媒体の状況で、節約するために4桁の西暦のうち、下2桁で表現していたことから起きた問題です。コンピュータが生まれたときは、2000年というのは遠い未来のようで、近くなったらそのときにどうにかするでしょう、ということでコンピュータが使われ続けていました。

しかし、時は過ぎ、現実に2000年が近づいてきました。2000年問題は何もなかったのではなく、1990年代末には、2000年以降のホテルの予約ができないというトラブルなど、すでに2000年になる前にトラブルは起きていました。それらを目にして、システム管理者は血の滲むような苦労をして、システムを修正し、2000年の元旦を迎えたわけです。「何もトラブルなんて起きなかったよね」なんて言われたら、苦労した人たちは、悲しいですよね。命を奪うようなトラブルを未然に防ぐために、寝る時間を削って対応したのですから。

日付変更線をまたいで最初に2000年を迎えるのは日本。世界中のシステム管理者がその瞬間を見守りました。その当時、コンピュータあるいはインターネットが動いていたのは、日本とヨーロッパとアメリカくらいです。2000年を迎えるのは、日本の次にヨーロッパ、そしてアメリカとなるわけです。日本が2000年を迎えたときに、もしも何かが起きたら、ヨーロッパが2000年を迎えるまでの8時間の間にシステムの再点検や修正をおこなわなければなりませんでした。日本は、ある意味ヨーロッパやアメリカのための実験台だったのです。

苦労の末、大きなトラブルもなく2000年がスタートしましたが、メンテナンスがおこなわれなくなっていたプログラムは、おかしな日付表示をしていました。メンテナンスがおこなわれなくなるようなプログラムはMS-DOS上で動いていて、Windowsに移行した場合は、修正済みのものを使っていたので、多くの人は、何も起きなかったと記憶しているのかもしれません。99-12-31の次の日が00-01-01と表示されるべきなのに、9の次の文字コードが:(コロン)なので、「:0-01-01」と表示されていたものもありました。命に別状はないけど、それなりに2000年問題は目にしていました。

ちなみにNECのパソコンで年を越さないバグというのがありました。1997年12月31日の次が1997年1月1日になってしまうものです。2000年問題とは関係ありません。このバグを記憶している人は、毎年、年を越したあと、日付を確認したり、再起動したりする人もいるのではないでしょうか。2000年になる前に、一度電源を切り、年が明けてからまた起動するという対応をしたのを覚えています。連続して使用したときに暴走し、データが消えたら大変ですから。

さて、年号が変わるといえば、前回は、昭和から平成になったときです。パソコンが普及し始めたときです。なので、ほとんどの人は、そのときの年号とコンピュータの関連を知りません。コンピュータの中では、西暦で扱っていたので、そもそも昭和とか平成とかはあまり関係なかったと記憶しています。どちらにしても「今日から『平成』です」と発表されたわけですから、しばらくは昭和の文字を見ながら過ごしていました。壁のカレンダーも当然昭和64年でした。

昭和から平成の流れを見ているので、おそらく現在でもシステム内部では西暦で処理しているものがほぼ全てではないでしょうか。昭和が長かったので、明治から大正のように、平成もそんなに長くないと思った人も多いはず。今回は、半年の準備期間を用意すると報道されているので、まあ、表示上の問題もなんとかなりそうです。

ただし、サポートが終了しているOSは、平成の次の年号を表示しないでしょう。OSのバージョンアップ、ソフトのバージョンアップは必須です。それでも平成で表示されても気にしない人はいるもので、古いものをそのまま使う人はいると思います。「昭和→平成」のときも、そういう人はいました。2000年問題と違って、表示上の問題だけですから。

それ以外のプログラムで、古い開発環境を使っていた場合、西暦と和暦の変換の部分が独自に対応しないといけないかもしれません。プログラム上は、自分で変換するのではなく、命令を送れば自動的に変換するので、意識したことがありません。年号の変換がOSレベルなのか、プログラムにライブラリとして組み込まれているのか、もし開発環境によるのであれば、自分で変換のコードを書かないといけませんね。

あまり知られていないかもしれませんが、年号を1文字で表現する文字があります。「㍾・㍽・㍼・㍻」(うまく表示できているのかな?)というがあります。平成の次には、4つほど文字コードを空白にしているので、その部分に文字コードを修正する対応で大丈夫そうです。残り3つも埋まったときには、どうするかは、未来の人が考えるのでしょう。

平成から次の年号に変わったとき、一番問題なのは、システムではなく、データを入力する人間のほうが心配です。エクセルなどは、いろいろおせっかい機能がついているので、知らずにおかしな日付を入力しているのに気づかないとか...。

General コンピュータと文字

2017年1月14日 | General | コメント (0)

世界には、いろいろな言語と文字があります。

大雑把にみると、世界の言語で使っている文字は、ラテン文字・キリル文字・アラビア文字がメジャーなところ。人口が多いということでは、漢字の使用率も高いのはもちろんです。

言語と文字は一対ではなく、モンゴルのように縦書きしかできないモンゴル文字から、ロシアで使っているキリル文字に替えた国もあります。モンゴル語の文法は日本語に近いものなので、日本語をローマ字で書いているようなものです。

旧ソ連の国では、独自の文字からソ連時代にキリル文字になって、ソ連崩壊後にラテン文字へ変わったり、西アジアでは、脱イスラムや識字率の向上のためにラテン文字を導入する例もあります。

東アジアは中国の漢字の影響を受けた国が、朝鮮やベトナム、日本とありますが、朝鮮はハングル、ベトナムはローマ字(ラテン文字)、日本はかな漢字混在となりました。

コンピュータが使われるようになったのは、歴史で見ればかなり近年の出来事。アメリカ発祥なので、英語のラテン文字を入力しやすいのは当然かもしれませんが、複雑な文字入力を必要としない英語だったのは、偶然なのか必然なのか。ラテン文字を使うヨーロッパの国でも、アルファベットに記号をつけて表記するフランス語やドイツ語などがあります。ちょっとだけ手間が必要です。

もし、コンピュータが生まれたのがロシア(または旧ソ連)だったら、キリル文字が入力できるキーボードを使って発展していったことでしょう。そして欠かせないのはソフトウェアを作るときのプログラム言語もキリル文字。これはこれで問題なしかも。キリル文字のキーボードを用意すれば、一方向に入力したものが入力されていくだけですから。

でも、入力が難しい文字でコンピュータが生まれていたらどうなっていたでしょう。アラビア文字など、上下にも入力するものがある場合、入力は煩雑そうです。プログラムで入力するときの効率が悪いので、コンピュータの発展にも影響していたことでしょう。

日本は、コンピュータの発展に大きく関わってきました。しかし、日本語の入力は複雑。幸いなことにコンピュータが普及する以前から比較的英語に親しんでいて、初期の頃は英語で入力したり、ローマ字という方法がありました。その後、かな漢字変換が生まれ、スマホ時代になってフリック入力まで登場。けれども、どんなに便利になっても、画面で同音異義語などを確認しなければならないのは避けられないです。

戦後に漢字の使用を制限するため、当用漢字(当面使用することができる漢字)として、漢字を制限し、将来的に漢字の使用をやめる計画があったそうです。1981年に常用漢字とし、漢字撤廃を断念しました。日本語変換が登場するのが1983年です。初期の日本語変換は、快適とはいえず、「漢字をやめてローマ字にでもすればいいのに」という声がありました。時期が違えば、コンピュータの登場で漢字撤廃を後押ししていたかもしれません。

ハングルは規則性があるので、日本語に比べるとコンピュータへの対応は楽だったのではないでしょうか。子音と母音の組み合わせを全部フォントにして、変換するという意味では、ラテン文字ほどではないですが、コンピュータの普及する前に漢字撤廃をしたのは幸いなことです。

中国のコンピュータの普及も遅い方ですが、ピンイン入力が確立したあとだったので、普及の妨げにはならなかったようです。南アジアの国では、未だに正確に入力変換できない文字があるのだそうです。

言語で使用する文字は、宗教や政治との歴史そのものですが、コンピュータの時代になって、入力のしやすさも関係するようになりました。モンゴル文字からキリル文字、アラビア文字からラテン文字などと、コンピュータでの入力が簡単になった例もあります。逆にタイでは、入力が煩雑なので、あまり文字を入力したがらない文化となり、音声入力や写真が好まれる傾向になったといいます。

アメリカ発祥だから英語、と単純に考えてしまいますが、入力の容易さが重なったのは奇跡ではないかと感じます。と同時に言語が使用する文字によって、今後もその国のコンピュータの普及に影響していくこと、さらにそのために使用する文字を替えてしまう国もあるのだろうと思います。

General 軽量なOSは?

2016年9月18日 | General | コメント (0)

VirtualBox上での比較。パスワード入力時はストップウォッチを止めての計測です。

BunsenLabs Linux 起動18秒 終了3秒
CloudReady 起動32秒 終了3秒
Windows10 起動27秒 終了5秒
Windows2000 起動30秒 終了12秒

BunsenLabs Linuxが非常に軽快。インストールしたLibreOfficeの起動もかなり速い。Linuxはウインドウマネージャーによって軽快感が大きく変わってくるので、他のディストリビューションでも工夫すれば軽快なのかもしれませんが、初期状態で軽快に使えるのはメリット。

CloudReadyは、ChromeBookのOSともなっているChromeOSのオープンソース版のChromium OS。案外起動が遅い。ただ、ChromeBookのChromeOSが遅いというわけではないらしい。

Windowsの比較対象は、2000と10があります。Windows2000が軽快で、バーチャル環境で常用していたのですが、メモリーをしっかり用意すればWindows10のほうが速いです。

単に興味本位でバーチャル環境にインストールしてあるものを計測しただけですが、低スペックPCでの使用を考えたとき、Windows2000は今さら使うべきものではなく、Windows2000同様かそれ以上の軽快さを持つBunsenLabs Linuxは注目すべきものかもしれません。

ちなみにマックは起動時間18秒。決して軽量OSではないはずですが...。

General インターネットの情報発信する側の環境

2016年8月24日 | General | コメント (0)

最近、13年前のPHPの自作プログラムを使う機会があり、10年以上前のものが少しの修正で動くことの驚きと、時代の移り変わりを感じました。レイアウトが罫線の太さを0にした表組み。今はネット環境もコンピュータも速いので、表組みの表示が遅いというデメリットは感じませんが、ソースを管理する自分自身はレトロ感に浸ってしまいました。

同時期、@homepageが終了になるということで、@niftyホームページサービスにデータ移行。ブログが登場する前の時代なので、一つ一つHTMLで書いていたデータです。一度、ローカルに転送してから、エディタでURLを一括修正後、再びアップロードしたのですが、当然、表組みレイアウト。見出しの背景ですら表組みで作っていました。

13年前といえば、だいたいホームページビルダーでHTMLを出力する作り方から、ブログに移行しようとしていたころ。ブログも流行りで終わると言われたものですが、企業サイトのニュースリソースなど、手軽に時系列で情報発信できるしくみは、今でも活用されています。当時、ブログそれ自体だけでなく、スタイルシートも注目されました。

ブログを自分で設置していると、ブログ以外でも、自然とスタイルシートを駆使するようになりました。表組みでレイアウトするのではなく、スタイルシートでレイアウト。一つのファイルを編集するだけで、関連するすべてのページが同じレイアウトになるのは非常に便利。自分にとってブログが登場したころが、スタイルシートを意識したサイト作りのへの過渡期でした。

Wikiはウィキペディア以外では普及しなかった印象です。独特の文法やシステムごとの方言が混乱のもと。そもそも構造化するほどの公開する情報がなかったのが普及しなかった要因かもしれません。一般ユーザーはブログで十分。あるいはホームページビルダーでせっせと作っている人も見かけます。そういうサイトのほうが内容は興味深いのですが...。

Facebookの登場以来、SNSでの情報発信が主流になりました。短文はSNS、長文はブログという住み分けもあるのですが、長文を書かないこととモバイルの普及がSNSを後押ししたのだと思います。蓄積させるに値しない情報はSNSなのですが、一般ユーザーはそれで十分なのかもしれません。究極はInstagram。文章はほとんどなし。

主流となる情報発信ツールは、時代の移り変わりがあります。HTMLからブログへというシステムの移り変わりにともなって、自分でレイアウトや色を設定していた時代からテンプレートを選択するだけ、あるいは選択することすらないというものも。見た目は閲覧者側にゆだねられ、発信する側は写真と文章だけ。モバイルの時代に適した姿かもしれません。

General コンピュータの進化

2016年8月11日 | General | コメント (0)

すでに2000年ころには、パソコンも「これだけできれば十分」という感じになっていました。ハードウェアの面では、もう少し後になりますが、20数年前のように毎年倍の性能になっていたかのように感じる時代に比べれば、進化は遅く感じます。買い替えも数年おきで十分な感じです。

スマートフォンは普及しだしたときには、すでに十分な状態だったと思います。パソコンのノウハウからサブセットのような端末。それで十分だったということは、パソコンのソフトもそれほど機能は必要なかったということでしょう。「ソフトウェアの新しい機能って使っていない」という言葉はよく聞きます。

新しいハードウェアを購入するきっかけは、ハードウェアの故障や不具合が大きいかもしれません。しかし、スマートフォンのバージョンアップで、OSとの整合性が取れなくなり、ハードウェアがそのOSをサポートしていないと、ハードウェアも更新しなければならなくなるというやっかいな問題があります。セキュリティの問題があるので避けて通るわけにはいきません。

ただし、今でも進化の途中という分野もあります。目覚ましい進化をしていると感じるのが音声認識の分野。Googleの音声認識は、気づけば実用的になっています。今後AIとの組み合わせでさらに進化していくのでしょう。

ハードウェアの更新を誘発するようなOSの改良はできれば避けてほしいと願います。できれば、ハードウェアによっては使えない機能があるという限定のバージョンアップとか。性能を要求するようなバージョンアップではなく、前のバージョンと同じ使い勝手が理想。

ハードウェアはハードウェアで、買い換えたくなるなるような魅力があるものにしてくれればいいのです。最近で言えば、SSDの登場でしょうか。画期的なスピードアップです。ノートパソコンも薄く軽くなりました。CPUの省電力化で、バッテリーの持続時間も伸びました。

スマホも十分な性能ではないでしょうか。格安スマホでも、日常使いでは十分。キャリアの2年縛りに従って2年毎に買い換えていた人や、新しもの好きで毎年買い換えていた人もいました。買い替え頻度もパソコンのようにスパンが長くなっていくのでしょう。

General プログラミングの必要性

2016年5月30日 | General | コメント (0)

政府は、プログラミング学習を小中学校で2020年から段階的に必修にする方針を固めたそうですが、その必要性が話題になっています。

現実として、プログラミング言語はいくつもあり、分野によって使う言語は異なります。しかも流行り廃りがあります。

現在、iPhoneやマックのソフトウェア開発には、Objective-CからSwiftへシフト。アンドロイドはJava、ウェブプログラミングは、PerlやPHPなどをSQLと組み合わせてプログラミングします。Windowsは、今でもC++でしょうか、それともC#でしょうか。ソフトウェアの会社によっても使っている言語が違うことが多々あります。

大雑把にいえば、上記のプログラミング言語は、C言語からの派生です。英語を勉強した後に、フランス語やドイツ語を勉強するよりは、簡単で、C言語からの方言程度と考えていいと思います。かといって、初心者が最初にC言語を勉強すればいいというわけでもありません。

C言語では、iPhoneやアンドロイドのアプリを作るためのオブジェクトの考え方がないので、C言語からObjective-CやC++へ派生していきました。なので、C言語の勉強は無意味ではないのですが、実践力にはなりません。

プログラミング言語は、コンピュータと使う人が直接目にする画面との間で、橋渡しをするものです。使う人が、画面上に数字を入力し、OKボタンをクリックした時に、どのような処理をするのかということを記述していきます。

重要なのは、どのプログラミング言語を勉強するかではなく、どのプログラミング言語でも基本となる、独特の使い回しです。変数の考え方や、条件分岐や繰り返し処理などの使い方をマスターすることが基本です。Objective-CやC++などのオブジェクト指向のプログラミング言語には、クラスを使ったカプセル化を理解する必要もあります。

小学生用のビジュアルプログラミング言語が、プログラミングのどのレベルまで対応するかというのが気になります。MITメディアラボの開発したScratchは、条件分岐や繰り返し処理に対応しています。プログラミングの考え方を身につけるのには、良い入り口かもしれません。

しかし、プログラミング言語を勉強しても、わかる人にはわかるし、わからない人にはわからないという現実が待ち構えています。子供用のビジュアルプログラミング言語を楽しんだとしても、ある一定以上のプログラミングの考え方の壁にぶち当たってしまいます。また、それを乗り越える意味もそれほどないように思います。

実は、プログラミングより重要なのは、ソフトウェアのアイディア、あるいは仕様のあたり。プログラミング言語は、外国語を学ぶより、はるかに簡単です。外国語の文法や単語に相当する部分はシンプルで覚えることも少ないのです。それよりもどのように組み立てるか、どんなソフトウェアにするのかということのほうが難しいのです。外国語の勉強でも、文法や単語を勉強するより、実際に勉強した外国語を使いこなすことのほうが、苦労が多いのではないでしょうか。

そんな発想力を身につけることのほうが重要です。iPhoneやアンドロイドでどんなアプリがあったら、より便利になるのか、楽しく使えるようになるのか、というアイディアの部分です。それをどのように実現するか、どのようなしくみにするのか、という部分が重要で、プログラミングは、それらをコンピュータが理解できる手順に書き換えるだけなのです。

すでに日本人の中には、有能なプログラマーが世界中で活躍しています。問題は世界で通用するアプリを作る発想力がないことでしょう。

それでは、そのような発想力を育てるにはどうしたらよいのか。より便利に、より楽しく使えるようにしたいという気持ちが起きるまでiPhoneやアンドロイドを使っていくことなのかもしれません。なかなかハードルは高いです。だから一部のプログラマーと多数の使う人に別れてしまうのですから。

報道では、「人工知能(AI)などの普及を見据え、新しい技術を使いこなして付加価値の高い仕事につく人材を増やす狙い」とありますが、それはプログラミング学習では育たないということです。

ちなみに日本が外貨を稼いでいるのは、自動車、産業機械、電子部品、電化製品、鉄鋼といった工業製品です。アニメやゲームも話題に上がります。しかしどれも教育の中で重要視していません。コンピュータの学習を重要視した結果、手先が不器用な人間を増やしてしまっただけです。

General アカウント乗っ取り対策(2)

2015年3月 2日 | General | コメント (0)

2ヶ月ほど前に「アカウント乗っ取り対策」の記事を書きました。「誕生日」や「秘密の質問と答え」、そして二段階認証(ワンタイムパスワード)のことを扱いました。

[E] アカウント乗っ取り対策

さらに、私が自分でも強く意識せずにやっていることがありました。それは、金銭に絡むアカウントは、メールとして使用しないということです。

プロバイダのメールアドレスも日常的に使っていませんし、Appleのアカウントもクレジットカードが登録されているので、他のサービスやメールアドレスとしての使用をしていません。もちろん、容量が少ないというのも理由にあります。

メールアドレスとして使わなければ、乗っ取られる対象となるリスクも減るのではないかと想像しています。流出するにも、他のサービスで使っていないので、アドレスが登録されておらず、出回っていないのですから。迷惑メールどころか、お知らせメール以外の一切のメールが送られてきません。

今では二段階認証をしていますが、それがなければ、メールアドレスからアカウントが推測でき、あとはパスワードが最後の砦。とても不安です。

Gmailももっぱら閲覧用。普段は、他のYahoo!のアドレスでやりとりしています。そのYahoo!のアカウントはメール専用に用意したもの。転送してGmailのアカウントへ。用途に応じてYahoo!やHotmail(Outlookメール)を使い分け、Gmailに集約してメールをチェックしています。プロバイダのメールもAppleからのメールも閲覧用Gmailに転送しています。

Gmailを集約用にしておけば、永続的に迷惑メールがほとんどない状態で運用できます。メール送受信用のアドレスは、いざとなれば切り捨てればいいと思っています。そんな場合でも、過去のメールはGmailに保存されています。Gmailは検索が優れているので、遠い過去のメールもiPhoneで探しだすのも容易です。

General ランサムウェアの恐怖

2015年1月 5日 | General | コメント (0)

ランサムウェアは、身代金要求型不正プログラムのことで、感染するとコンピュータがロックされたり、ファイルが暗号化されたりし、その解除に身代金の支払いを要求されるというものです。しかも、画面に表示される手続きをしようと思っても、そのサイト自体が乗っ取られてしまっていることがあり、一度感染すると復旧は絶望的と言われています。

Flash Playerのインストールのふりをして感染するものもあり、YouTube動画に表示される広告にもリンクが表示されていることがあるそうです。

日本は米国に次ぐ攻撃対象となっているようで、感染しないための対策とデータのバックアップをすることが必要です。くれぐれも支払いには応じてはいけません。

General アカウント乗っ取り対策

2015年1月 4日 | General | コメント (0)

パスワードはしっかり他人からわからないものにして、きちんと管理しているので大丈夫と思っていても、実は、思わぬところに落とし穴があります。

「誕生日」や「秘密の質問と答え」からパスワードをリセットできる機能が用意されているのを逆手に取って、乗っ取ってしまう方法があります。身近な人でなくても、SNSなどの書き込みからわかってしまう情報だったりします。

「誕生日」や「秘密の質問と答え」もパスワード同様に考える必要があります。誕生日は本物のものせず、秘密の質問の答えもパスワードのように難解なものに。正しい答えを入力するのは危険なのです。

もちろん、この情報も紙に書いて保管しておく必要があります。

もう一つ、アカウント乗っ取り対策で新常識となっているのが、「二段階認証」というもの。なんか難しそう、めんどくさそうと設定していない人がいるかもしれません。

二段階認証とは、スマートフォンを使って生成されるパスコードを使って、不正使用を防止するものです。万が一、パスワードが流出しても、パスコードが必要となるので、第三者はアカウントにアクセスできない仕組みです。

二段階認証を設定すると、端末ごとにパスコードを求められますが、一度端末を登録すると、あとは今までどおり使うだけなので、毎回、二段階認証をするわけではありません。

Google、Yahoo!、Apple、Microsoftなどのメジャーなところは二段階認証に対応しています。自分にとって重要なものは、ぜひ二段階認証を設定しておくべきだと思います。

General パスワード新常識

2015年1月 3日 | General | コメント (0)

以前は「パスワードは紙に書かず記憶しておけ」と言われていました。でも、いくつものパスワードを記憶しておくのは難しいです。そのため、同じパスワードをいろいろな場面で使いまわしてしまうことにつながっていました。

同じパスワードを使いまわしてしまうと、例えば個人で運営している掲示板で、メールアドレスとパスワードを入力してしまうと、それがそのままメールアドレスとパスワードを第三者に知らせてしまうことになり、メールアドレスが乗っ取られてしまいます。

使い回しを避けるために、基本のパスワードを作って、それを応用する方法が紹介されているサイトもあります。例えば「password1234」を基本にし、「password1234facebook」「password1234line」「password1234yahoo」などとする方法。でも、これってバレバレです。

最近では、パスワードはサービスごとに全く違うものを使い、紙に書いて、しっかり管理することが常識と言われています。しかも手書きで...。ワープロソフトなどに保存しておくと、ウイルスでファイルが流出したときに一気に流れてしまうからです。

パスワードを書いた紙をなくしそう...。

General iTunesの音量自動調整はオフに

2014年12月20日 | General | コメント (0)

iTunesやiPodで音楽を聞くときに、曲の音量のばらつきはストレスになります。これをうまい具合に調整できないものかと、iTunesの「音量を自動調整」をオンにしていました。

さらにMP3Gain(マックなのでMacMP3Gain)というソフトを使って、調整してから取り込んだりしてみたのですが、iTunesで聴くとまたバラバラ。
screenshot_jt203.png
よく考えると、MP3Gainで調整しているのだから、iTunesやiPodでは調整は不要ですよね。ということで、MP3Gainで調整した場合は、iTunesやiPodの「音量を自動調整」はオフにすればいいわけです。
screenshot_jt202.png
IMG_6225.jpg

General パケット節約機能装備のノートパソコンがほしい

2014年10月22日 | General | コメント (0)

iPhoneやiPadで、フォトストリーム、自動のソフトウェアアップデートなどは、Wi-Fi下でなければ実行されません。LTEなど容量の制限がある場合、パケット節約の有用な仕様です。しかし、テザリングで接続した場合、Wi-Fiでの接続となるため、遠慮なく通信がおこなわれてしまいます。ノートパソコンは有線かWi-Fi接続なので、こちらも制限なくネットにアクセスします。

現在、私の通信環境はWiMAXなので、容量の制限はありません。MacBookもWiMAXに接続しているのですが、フォトストリームやソフトのアップデートのほかにDropboxも起動しています。月に20GBになることがあります。

これがWiMAX2+やテザリングなどに移行した場合は、非常に困ったことになります。本体側でパケット節約モードのようなものがあると、とても便利だと思ったわけです。

もちろんWi-Fiといっても自宅では制限なしに。つまりSSIDで自宅のWi-Fiルーターだったら自動的にフルモードで、テザリングなどの容量の制限のある接続だと節約モードになるといったもの。

ただし、そんな機能を装備すると、「iCloudにアクセスしていない...」などのFAQがたくさん出てきそう。サポートの手間が増えてしまうかも。

General 伝説のプレゼンテーション

2014年9月 8日 | General | コメント (0)

スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションが素晴らしいと言われるのは、ジョークを交えたトークもあるが、スライドのシンプルさにも注目したい。印象に残るキーフレーズのみを表示させ、余計なものは取り払う。固有名詞や専門用語以外の箇条書きは登場しない。場面転換のエフェクト(トランジションエフェクト)は、効果的な場面以外使っていない。パワーポイントで作成された画面いっぱいに文字があって読めないスライド、やたらと文字が上から降ってくるスライド、トランジションを多用したスライドなどとは大違い。落ち着きのないスライドは、スライドに気を取られ、集中力を欠く結果となる。言いたいことがたくさんあると、ついついスライドにたくさんのことを載せてしまいがちになるが、限られた時間の中で、一番伝えたいことに向かって、どれほどストレートにスピーチを考え、シンプルなスライドにするかが重要である。

ところで、世間では、プレゼンテーションのスライド作成を、パワーポイントからアップルのKeynoteに移行する人が多いが、Keynoteに替えるだけでスティーブ・ジョブズのようなプレゼンテーション資料になるのかといえば、もちろんそうではない。機能としては、Keynoteの方が表現力が高い。しかし、作業画面は非常にシンプル。機能がたくさんあるぞと言わんばかりのパワーポイントは、余計なことに気を使ってしまい、パワーポイントを使ってプレゼンテーション資料を作ろうという本末転倒なことを引き起こしてしまうのである。

昔のOHPシートをプレゼンテーションのスライドに使っていた時代を思い出すといい。決してスライドの作成が第一ではない。スピーチの原稿が先に作られ、補助的にスライドを用意する。伝えたい内容がより効果的になるスライドの作成に労力を費やさなければならない。

General 二段階認証

2014年3月14日 | General | コメント (0)

二段階認証
半年以上前の注目キーワードでしょうか。
面倒に感じたので、今まで放置していたのですが、やはりアカウントを乗っ取られるのが不安なので、今回二段階認証の設定をしてみました。
今回は、Google、Hotmail(Microsoft)、ヤフー、Dropboxで、後日FacebookやApple IDもやる予定。
以下、思いついたことを箇条書きで。

  • アカウントは案外、簡単に乗っ取られることもあるそうです。二段階認証はぜひやっておくほうがよい。
  • やってみるとそれほど面倒ではない。もちろん、多少の時間は必要なので、休日にやるといいかも。
  • 「二段階認証」という言葉から、ログインするたびにいちいち入力するのかと思ったら、一度ブラウザに記憶させておけば、あとは普段通り。ただし、別の場所でログインしようとすると、二段階認証が必要になる。つまり、不正にログインしようとすると、ログインできないだけでなく、こちら側に通知が送られてくるわけです。
  • Googleのアプリは、最近ログイン状態をアプリ同士で共有するようになったので、アプリごとに二段階認証する必要はなし。
  • Googleから出ている「Google Authenticator」または、アンドロイドだと「Google認証システム」をインストールして使うと作業が楽。
  • 携帯電話の電話番号または、携帯電話のメールアドレスのどちらかが必要。手元にあるスマホが事実上の物理的な鍵みたいなものになる。
  • Googleの認証アプリは、HotmailやDropboxにも使うことができる。ちょっと工夫するとヤフーも管理下におくこともできる。認証コードのしくみは、同じ。
  • 二段階認証の設定画面に表示されるQRコードは、認証アプリを使って、カメラから読み取る。面倒な入力はなし。ただし、数字6桁の入力は2回ほどさせられる。
  • 二段階認証のしくみは、とても長いシークレットコードがあり、それを時間と組み合わせて6桁の数字を計算で作り出している。長いシークレットコードは、QRコードに隠れているので、入力が不要というしくみです。大ざっぱに言えばパスワードが一つ増えたようなもの。シークレットコードが漏れたら、やはり乗っ取られると思う。
  • いくつかサイトを調べたときに、「乱数」という表現をしていたブログがあったのですが、乱数ではなく、しっかりと計算しているもの。なので、認証アプリは、通信をおこなうことなく、一致したコードを表示できるわけです。

General 熱暴走とフリーズ

2013年12月15日 | General | コメント (0)

コンピュータで、「熱暴走でフリーズする」と表現するときがあります。フリーズとは、「凍りつく」という意味で、それと熱暴走とは正反対の意味を持ちます。

フリーズはコンピュータの動きが凍りつく、つまり止まってしまう状態を指します。「固まる」と言われることもあります。ハードディスクがスリープしていて、回転を始めるときのタイムラグだったり、ネットワークのデータ送信を待っているときにも、一時的にフリーズするときがあります。あわてないで少し待つしかありません。

また、メモリが少なく、ハードディスクに仮想メモリを作るため、処理に時間がかかるというケースもあります。最近のハードディスクは音が静かなので、アクセスランプを見て確かめるのもひとつの手段です。

熱暴走は、プログラム上のエラーなどの理由で、内部で無限ループになるなど、CPUが激しく処理中の状態になることです。排気ファンが回り出し、CPUを中心に本体が熱くなります。その結果、勝手にリセットするときもあります。

Windowsのパソコンの場合、CtrlキーとAltキーを押しながらDeleteキーを押すと、タスクマネージャが起動するので、処理中なのか、フリーズしているのかを確かめることができます。暴走しているソフトウェアがあれば、タスクマネージャーから強制終了させることもできます。

General Flipboardを楽しむ

2012年1月 9日 | General | コメント (0)

《初心者向け》
PIMG_0929.JPG
雑誌のようにコンテンツを閲覧するという、新しい感覚のアプリが、『Flipboard』。FacebookやTwitterなどを登録するのはもちろんですが、さらに自分で好みのコンテンツを登録するために、Googleリーダーを使う方法を説明したいと思います。

用意するもの
iPhoneやiPadなど
Googleアカウント
Flipboard → 公式サイト
Firefox → ダウンロード(公式サイト)

どうしてFirefoxなのかというと、簡単に登録できる機能が標準装備だからです。

【手順1:Firefoxの設定】
Firefoxをインストール、起動します。
Googleリーダーのサイトを開きます。 → Google リーダー

【手順2:フィードの登録】
気に入ったフィードを探します。多くのニュースサイトやブログでは、フィードが用意されています。
「お気に入りRSS」と検索してみるのもいいかもしれません。

Firefoxのメニューの「ブックマーク」にある『このページを購読...』を実行。グレイになっている場合は、残念ながらフィードに対応していません。

フィードのプレビューが表示されます。「このフィードの購読に使用するフィードリーダー」の中に、『Googleリーダー』があるので、これを選択してから、『購読』をクリック。
screenshot_520.png
好みのサイトを見つけたら、以上の作業を繰り返してください。

【手順3:Flipboardで閲覧】
FlipboardでGoogle Readerのアカウントを登録します。

以上

General 正方形の写真

2011年8月11日 | General | コメント (0)

携帯端末で写真を撮影するときに、本体を縦のままにすると、縦長の写真になります。しかし、ウェブページに掲載する写真としては、横長の写真としなければなりません。すると本体を横にしなければなりませんが、それを避けるために正方形の写真となったわけです。

写真版TwitterといわれるInstagramが話題ですが、そのカメラアプリが正方形写真で、これ以外にも正方形写真のカメラアプリは多数存在します。

単に携帯端末の都合かというと、この正方形の写真にはいろいろと歴史があるようです。興味のある方は下記のリンクをご覧ください。
正方形の系譜 off the gallery
正方形の系譜:写真家ベルメール off the gallery
正方形の系譜:植田正治 ローライ&ハッセルブラッド off the gallery
正方形の系譜 正方形フォーマットとステレオカメラ off the gallery

さて、写真の比率といえば、
(1) 3:2 一眼レフ
(2) 4:3 コンパクトデジカメ
(3) 16:9 HD規格
などがあります。

コンパクトデジカメの写真をL判の写真に印刷すると比率が合わないのは、多くの人が経験していると思います。写真は黄金比といわれる比率に近いものになっていますが、コンパクトデジカメは、コンピュータのディスプレイと同じ比率からきているものです。

コンピュータのディスプレイが4:3なのは、おそらくテレビ(地デジ化前)の比率。ブラウン管を使っていたので、なるべく正方形に近い方が都合が良く、なおかつ当時の映画の比率に近いものというということで決められたようです。

しかし、テレビなどの動画を扱う場合は、4:3よりももう少し横長の方がいいというのは、早い時期から研究がされていて、それが今回の地デジ化で実現したわけです。

デジカメもそのテレビの比率に合わせて16:9の写真も撮影できるようになりましたが、実際には静止画には適している比率ではないようです。

General ファイルコピーのスピード

2011年2月15日 | General | コメント (0)

USBメモリにコピーするより、自宅内ネットワーク上のコンピュータにコピーする方が速度が速いです。USBは2.0、ネットワークは100Mです。
screenshot_438.png

General リンク集がめんどう

2011年1月11日 | General | コメント (0)

たまに古いブックマークをクリックすると、サイトが消えていたりします。リンク集も時々チェックしないとリンク切れだらけになっていたりします。

リンクをチェックするソフトもあるのですが、機械的な処理だとリンク切れのまま、トップページに移動を促すページが表示されてしまったりするので、今ひとつ。

サービス自体が停止してしまったパターンもありますが、プロバイダを変更して引っ越ししてしまったパターンも結構多いような気がします。

General メールアドレスと受信者名

2010年4月25日 | General | コメント (0)

Gmailのアドレス帳から、メールを送ろうとしたとき、メールアドレスだけで、受信者名がないことに気付きました。メールソフトなどから送るときは、受信者名があるので、少々違和感があったのですが、よく考えたら、受け取る人には関係のない部分。漢字の間違えをしているくらいなら、ない方がまし。

General プログレスバー

2010年1月16日 | General | コメント (0)

ソフトの起動やダウンロードなどで、少し時間を要するものは、進行状況を示すメーターが表示されると、少し安心します。何も表示されるに待たされると、フリーズしたのか? と不安になってしまします。

あるいは、確実に進行しているのはわかっていても、プログレスバーが表示されていないより、表示されている方が少し速く感じるのではないでしょうか。ただし、メーターが100%まで進んだあと、次のタスクに移り、また0%からというのを繰り返すタイプや、往復するタイプだと、がっかりします。

最初速くて、半分から遅くなるより、最初が少し遅くても、あとからスピードアップした方が速く感じるような錯覚もあると思います。

コンピュータが進化して、スピードアップしても、機能が増えて遅くなっているソフトは少なくありません。速くなってくれるのが一番期待することですが、遅く感じさせない(速く感じさせる)工夫もしてほしいですね。

General Google依存症

2009年12月 6日 | General | コメント (0)

先日「Google日本語入力」が発表され、ATOKから乗り換えて使っています。膨大な単語量で、ストレスなく使うことができます。

以前からGmailにメールが転送されるようにして、RSSもGoogleリーダーで閲覧。ブラウザで多くの作業が事足りるようになってしまっています。もちろんブラウザはGoogle Chromeです。

最近は、文書もGoogleドキュメントを利用し始めています。Officeソフトを使っていますが、自宅内のどのパソコンに保存したか、あるいはどのフォルダに保存したかを覚えていない時があります。メモ程度のものならGoogleドキュメントの方がさっと取り出すことができそうです。

GmailもGoogleリーダーもGoogleドキュメントも検索が強力。ローカルのソフトだと案外、検索に時間がとられます。

Google日本語入力が対応すれば、このままGoogle Chrome OSに移行してもいいんじゃないかと思うほどです。

しかし、頻度が低いながら、音楽ファイルの管理や年に何度かの動画編集など、専用ソフトに頼ることがあります。Google Chromeが動くのでGoogle Chrome OSである必要はないのです。

いずれにしてもGoogle依存症なのは間違いないでしょう。

General エグザイルとエクセルの違い

2009年8月20日 | General | コメント (0)
EXILEとEXCELの違い

1)伝説を作るのがEXILE、伝票を作るのがEXCEL
2)ダンスで表現するのがEXILE、マウスで表計算するのがEXCEL
3)セールスを記録するのがEXILE、セルに記録するのがEXCEL
4)新曲はヒットチャートなのがEXILE、進捗はガントチャートなのがEXCEL
続きは → EXILEとEXCELの違い

全部で11あります。

負けじと作ってみました。
USAがいるのがEXILE、USAで作られたのがEXCEL
音楽がPOPなのがEXILE、シェアがTOPなのがEXCEL
かっこいいのがEXILE、かっこを使うのがEXCEL
Your eyes onlyがデビュー曲なのがEXILE、Mac OnlyのデビューだったのがEXCEL

General 気になるサイト

2009年7月26日 | General | コメント (0)

某コンサルティングのサイト。
officeonoeue.png

パソコン検定2級で、WEBコンサルティング。

  • 画像が表示されない場合Flash Playerをインストールして下さい。
  • アダルト・風俗・出会い・出張系・法律に反するサイト等はご遠慮ください。
  • 当サイトはリンクフリーです。
  • このサイトに使用されているホームページ・文章・画像等は無断で複製・使用を禁止します。

大丈夫かな?

General Gmail忍者

2009年6月24日 | General | コメント (0)

Gmailマスターを目指してがんばろう。
gmail_ninja.png

Gmail: Tips

General 庶民のミニノート

2009年1月 8日 | General | コメント (0)

ネットでは盛り上がるけど、実際に発売しても売れ行きが良くないのが、小型のノートパソコン。しかし、最近、パソコンに詳しくない人でも、小型のノートパソコンが話題に上がるようです。

以前は、性能が劣るのに価格が高いのが敬遠する理由。性能といっても、CD-ROMドライブやFDドライブなどがないなどの理由です。数年前は、CDやFDがないと不便。CDなどは、インストール以外にはほとんど使うことはないのですが、それでもないとダメなようです。

また、店頭で実際に見ると、文字が小さく、目が悪くなりそうなどとも言われました。キーボードも小さいので、やはりモバイル中心なのですが、実際にはバッテリーの駆動時間も短いので、実用的ではないというのが実情でしょう。

価格が高いため、サブではなく、メインの買い換えを考えるので、一通りそろっていないと困るというのが大きな理由です。結局、使い道は、モバイルではなく、机上で使うのがメインです。

ところが、最近の傾向は少し変わってきました。価格が5万円台からと安いのが出回っています。バッテリーの稼働時間が長くなっているし、USBメモリの普及で、CDやFDを使わなくなっているのも大きな理由でしょう。

周りの話に耳を傾けると、安いことに加え、テレビが見れることや、携帯電話を接続すればインターネットも可能という点が魅力だそうです。オフィスソフト以外の付加価値が重要視されているようです。

テレビやインターネットだと、携帯電話でも可能ですが、やはり携帯電話だと小さすぎで、キー入力が不便なのでしょう。ミニノートくらいがちょうどいいかも。

庶民のミニノートは、家電扱いにどれだけ近づけるかがポイントでしょう。

General mixiのオープン化

2008年11月30日 | General | コメント (1)

mixiのオープン化って、mixi離れを食い止めようとする手段なのでしょう。アクティブユーザーがいないと、収益が減り、運営ができなくなります。

招待制から登録制への移行
以前から、mixiへの招待をしてくれるサイトがあるので、mixiユーザーの友達がいなくても、参加できました。加入数がすでに膨大なことを考えると、新規登録者が増えるとは思えません。ネットになれていない一部の人が加入する程度でしょう。そういう人がアクティブに関わるとは思えません。

年齢制限の緩和
10代のユーザーが多いのは、制限である18歳以下の中高生が年齢を偽って加入しているから。制限緩和をしても、大きくは変わらないでしょう。低年齢にアクセス上の制限をすると、制限のない年齢に偽ることになるのでは?

検索が弱い
有用な情報があっても、外部に公開されていないので、検索サイトの検索結果にも現れることもない。mixi内でコミュニティの検索はできるのですが、それ以上の検索機能はありません。情報を求めている人には、魅力が少ないサイトです。情報が埋もれてしまうので、情報発信するにも不便です。結局、mixiとブログは使い分け。

インターネット上の流行は、2ch→ブログ→SNSと移行したように思われますが、2chは健在だし、ブログも定着した感があります。SNSはクローズドな、特殊な掲示板の一つということなのでしょう。人が減り出すと、その後は速いです。過去にも大きく盛り上がっても、人が別の場所に動いて、閑古鳥が鳴いている掲示板やコミュニケーションサイトはいくつもあります。

【関連記事】
[E] ブログブームの終わり

General Yahoo!って事業縮小中? (2)

2008年11月 6日 | General | コメント (0)

日本のYahoo!も危ないのかも...。
Yahoo!ブリーフケースのサービス停止の通知がありました。フリーでは利用できなくなるというもの。有料にするということは、広告ではやっていけなくなっているということなのかもしれません。便利な機能だったのに残念です。

【関連記事】
[E] Yahoo!って事業縮小中?

General カセットデッキもOKのオールインワンコンポ

2008年10月15日 | General | コメント (0)

カーステレオもiPod&USB対応のものにしたので、CDやCD-Rすら使わなくなりました。しかし、過去のカセットテープはそのまま。しかも、やっかいなことにノイズリダクションのdbxで録音してあります。カセットテープデッキは壊れてしまって、テープは段ボールに入ったまま。

カセットもOKのUSB対応コンポが発売されるというのですが、どうやらdbxどころかドルビーもなさそう。アナログでもいいからデジタルに変換し、デジタル処理でノイズリダクションの圧縮を元に戻せないものかと思っています。

【関連記事】
カセットデッキもOK--ビクター、オールインワンコンポ「UX-Z2」:ニュース - CNET Japan
マイクロコンポーネントMDシステム UX-Z2 ビクター

General アドビ製品に関する調査

2008年8月29日 | General | コメント (0)

アドビ製品に関する調査の依頼が来たので、アンケートに答えてみました。
年齢・職業などを入力後、アドビのスイート製品を購入する予定を聞かれたときに、いいえとしたら、即調査終了。購入予定がない人は用はないということのようです。
adobe_onsurvey.png
現在、Leopardで動作するPhotoshop Elements 6 for Macintoshを試用中。やっぱり必要だと思うわけですが、上記のアンケートは、購買意欲を低下させる、イメージダウンなものですね。よく検討してほしかったです。例えば、どの製品についてでもいいから、要望を書いてもらうとか。

General Yahoo!って事業縮小中?

2008年8月24日 | General | コメント (0)

Yahoo! Internationalを眺めると、世界中のヤフーを見ることができます。以前は、ほとんどのヤフーはデザインが統一されていて、それが今の日本のヤフーのようなデザインに一新されました。

しかし、今見ると、各国バラバラ。サービスを縮小しているようにも見える国もあります。以前はこんなんじゃなかった記憶なのですが。

内部的なシステムは、日本以外は共通だという話ですが、各言語のサポートを含めると、きついのかな。シェアも下がっているけど、元気もない感じがしました。

General コンパクトデジカメと一眼レフデジカメ

2008年8月22日 | General | コメント (0)

コンパクトデジカメしか所有していないので、気づかなかったのですが、写真の比率は、一眼レフデジカメとは違うんですね。

コンパクトデジカメは、横と縦の比率が4対3で、一眼レフデジカメは3対2なのだそうです。おそらく、コンパクトデジカメが、パソコンの画面の比率と同じということは、写真にするよりも、画面で見ることを優先された比率なのではないかと思います。一方、一眼レフデジカメは、銀塩カメラの比率。同じデジカメでも、期待される用途の違いで、こんな違いが出てくるわけですね。

写真を印刷しようと、インクジェット用の用紙を買ってきても、コンパクトカメラの写真は両端に隙間が出てきます。逆に一眼レフカメラの写真をスライドショーで見ようと思っても、上下に隙間が。

そういえば、今使っているMacBookは、1280 x 800です。少しワイド画面ですが、3対2というわけでもありません。

【関連記事】
[E] ブログ用デジカメ

General ネットでお得

2008年8月 3日 | General | コメント (0)

最近、電話料金の支払い通知を郵送からウェブに代えることで、毎月110円お得になるサービスを知りました。クレジットカードも結局通知書は、ゴミを増やすだけですから、ウェブ通知のみにしています。ガスも電気もそうしてくれた方が、データの二次利用が楽になるので、ぜひそうしてほしいと思っています。

常時接続、IP電話の利用で、インターネットを始めた頃よりも、ずいぶんお得になった気がします。ソフトウェアもダウンロード販売を利用することで、かなりの割引。ウイルス対策ソフトも無料のものを利用。

General ブログ通信簿

2008年7月26日 | General | コメント (0)
ブログ通信簿 - goo ラボ

ブログ通信簿は、あなたのブログを分析し、通信簿を作成するサービスです。
最新記事10件から技術的な解析を行い、判定結果を表示します。
早速、あなたのブログのURLを入力し、通信簿を作成してみましょう。

文章の内容から、解析しているとのことで、脳内メーカーよりはマシかと思います。

このブログの通信簿は...
tushinbo_img.rb.png

【追記(2008/07/30)】
再挑戦。成績は下がりましたが、年齢が若くなりました。
tushinbo_img.rb2.png

General 「キーボードは便座より汚い」との調査結果

2008年6月20日 | General | コメント (0)
「キーボードは便座より汚い」との調査結果

汚染度はふき掃除した便座の5倍ないしそれ以上。顕微鏡のレンズがバクテリアの群れで覆い尽くされた」と英国の研究機関が発表した。また、男性よりも衛生面で敏感だと思われる女性たちだが、部屋の拭き掃除はしてもキーボードまで拭くという女性は少ない

キーボードをきれいにしようとしている人は、本当にまれと言っていいくらい。他人のコンピュータや、共有のパソコンにはふれたくありません。手垢で灰色になっていて、OAティッシュで拭こうとすると何かねばねばしたものが付着しています。

たいてい、キーボードを掃除するときは、電源を落としてからやるので、通電しているときは手を出しません。なので、きれい好きの方でも、そのまま使用してしまうようです。

パソコンを使う前に、手を洗う人も見かけません。トイレに行っても手を洗わない人はいるのだそうで、そんなことを考えると、共有のパソコンをさわったときは、手を洗った方がいいかもしれません。

General ウェブ構築の変遷

2008年5月27日 | General | コメント (0)

エディタでウェブサイトを構築する時代から、ホームページビルダーなどのウェブサイト構築ツールへの移行。そして、ここ数年の間には、ブログの普及やWIKIの普及などがあり、CMSを利用したウェブ構築も一般的になってきました。

ホームページビルダーでのウェブサイト構築では、それぞれのページがデザインも内容も独立していて、初期の頃は、トップページからのリンクはあっても、トップページのリンクはない場合もありました。トップページから閲覧を開始するという前提があったからです。

Googleの登場により、ウェブサイト構築は大きく変わりました。必ずしもトップページから閲覧を開始するとは限らなくなったのです。検索でヒットしたページからサイトに入るため、トップページへのリンクがなければ他のページは閲覧されることなく、閉じられるのです。また、フレームで分割されたサイト構成も、いきなり中途半端な右のページにジャンプしてくることがあり、サイトの構築の仕方も変える必要が出てきました。

ブログの普及により、ブログ特有のページ構成も一般的なルールになっています。例えば、トップのタイトルをクリックするとトップページに戻るというのは、ブログから派生したルールで、ブログ以外のサイトでもそのようになっているページが増えてきています。左にサイドバーがあり、主なコンテンツのリンクがあるのも、ブログの普及でブログ以外で増えてきたルールです。

WIKIは、まとめサイトやウィキペディアで特に使われるようになりました。ウィキペディアのことをウィキと呼ぶなど、WIKI自体は認知されていませんが、多くの人がWIKIで構築されたページを意識しないで目にしています。その中では、外部リンクにある外部リンクアイコンを目にしていることでしょう。WIKIはサイトの性質上、内部リンクが多くなりがちで、そのため、外部リンクはアイコンをつけることで、外部サイトへ移動することを閲覧者に知らせています。

必ずしも、ブログやWIKIから始まったわけではないと思いますが、それらの影響は大きいと思います。一見個人が作成するウェブサイトは変化がないように思いますが、インターネットは常に動いていて、制作者も意識しないで新しいルールを取り入れたサイトを構築しているかもしれません。

また、以前は、外部サイトの掲示板を用意して、リンクしている例が多くありました。最近は、ブログやWIKIを併設しているサイトが多いです。いつの間にか、ブログやWIKIの方がメインコンテンツになってしまったりもしています。

General ファイル復元ソフト

2008年3月 3日 | General | コメント (0)
DataRecovery

ゴミ箱からも削除してしまったファイルを復元します。

最近、どういうわけか続けてお世話になったソフト。
もちろん自分ではありません。

バックアップの重要性は、誤って消してしまってから痛感するようで、バックアップしない人は結構います。あるいは、バックアップがかなり以前のものだったり。

様々なファイル復元ソフトがありますが、数が多くてどれを使ったらよいやら。とりあえずアクティブにバージョンアップがされているものを選択してみました。WindowsVistaにも対応しているようです。FATだけでなく、NTFSに対応しているのもありがたいです。

ただし、削除したファイルというのは結構あるもので、リストが膨大だったりします。同名ファイルもあったりと、復元も簡単な作業ではありません。やはり定期的なバックアップをするべきです。

General 10年も使えない万年カレンダー

2008年2月 7日 | General | コメント (0)

コンピュータが自動で曜日を計算し、何年も先のカレンダーも表示する万年カレンダー。もちろん1万年先まで使えませんが、実は祝日を考えると10年先も使えないカレンダーとなっています。

まず、春分の日と秋分の日ですが、これは天文学的に計算できるのですが、前の年の2月1日に官報で正式に決まります。過去に少々微妙な年があって、計算の精度によっては別の日に春分の日を表示していたソフトもありました。

また、「国民の祝日に関する法律」が結構改正されていて、最近では、祝日が日曜日の時、次の日も祝日の時は、押し出しで祝日ではない日が祝日ではない日が休みになるようになりました。プログラムを修正するのも条件が複雑になってきて大変です。

問題は、これらの祝日をソフトの内部で定義してあって、設定等で変更できない場合です。バージョンアップを期待するしかないのですが、すでに開発終了だったりすると、祝日は古い定義のまま。ネット上のカレンダーでも祝日がきちんと更新しているとは限りません。

先月の成人の日が、第2月曜日と第2週目の月曜日と勘違いし、1月7日が成人の日になっていたカレンダーもありました(市販品ではありません)。

結局、仕事で使うには、複数のカレンダーで確認しないと、祝日を誤って計画を立てるミスをしてしまうので、アナログで確認が必要となりそうです。

General 今も昔もCtrl+S

2008年2月 6日 | General | コメント (0)

文書が完成し、印刷しようとフリーズ。
定期的に自動保存するソフトもあり、フリーズしても再起動後にソフトを立ち上げると復活するものもあります。しかし、それは一部で、自分で保存するのは基本です。

上書き保存のCtrl+Sは基本操作です。実行しても「保存しました」というメッセージボックスが表示されるわけでもなく、ほぼ一瞬の出来事。でも、これが非常に重要です。

どういうわけか、油断しているとフリーズするもので、Windowsの安定度が高まっても、重要なものを作成しているときに、なぜか滅多に起きないフリーズが待ち受けていたりします。

Windows2000は、歴代のWindowsの中でもかなり安定度は高いのですが、WindowsXPは少し不安があります。MacOSXの安定度も高いのですが、Windowsほどでないにしても、アプリケーションが異常終了することはあります。

今も昔もCtrl+S。自動保存をすべてのソフトの標準機能にしてほしいですね。

General コンピュータの歴史は、人が作り出す歴史

2008年2月 5日 | General | コメント (0)

ハードウェアでもソフトウェアでも、コンピュータの進化は驚くものがあります。しかし、忘れてはならないのは、これらがすべて人が作り出しているという当たり前の事実。しかも、それなりの規模の企業や団体に優秀な技術者が集まれば、自然に進化が起きるわけでもなく、ひらめきや思いつきをどうやって具現化していくかという発想力が重要なのだと思う。

マイクロソフトのビル・ゲイツやアップルのスティーブ・ジョブズ、日本では一太郎で有名なジャストシステムの浮川和宣とコンピュータの世界では、企業名と同じくらい人名があちらこちらに登場します。誰かの発想で作られたものがコンピュータの歴史に刻まれていくのです。コンピュータを使うユーザーは、こういう人たちが作り出す世界に一緒に流れているだけのような気がします。

いろいろなバージョンアップもユーザーが求めているものではなく、開発者の視点からおこなわれます。ユーザーは安定して軽快に動いてくれればいいはずなのに、いろいろなエフェクトが加えられたり、使いそうにもない新機能を満載にして高いバージョンアップ料を取られます。それは便利さのためにお金を出して買うのではなく、開発者たちが未来の夢を実現するための資金という気がします。さらには、今、ハードウェアもソフトウェアも『熟成期』と言われますが、新しいものを作らないと収入がないという現実的な問題より、世界を驚かすような新しいものを模索するのだと思います。世界中のすべてのコンピュータ使用者が有償ベータ版テストユーザーなのかもしれません。

未来の夢を現実化するために、様々な努力をしますが、中には失敗に終わるものもあります。ある日突然開発停止とか、企業買収した結果消えていったソフトウェアやサービスとか...。先日、egwordなどを発売していたエルゴソフトが撤退しましたが、経営状態の陰で人の動きがあるのも興味深いものがあります。

もしも誰もが目指すコンピュータの目標点が一つであっても、誰もが曲がりくねった回り道をしているはずです。誰も目標点への近道を知らないからです。さらに目標点は予想する人によって違うので、開発している人たちが向いている目というのは、全然違う方向を見ているわけです。新製品を見て、「どうしてそっちの方向に行くのかなぁ?」と思ったことがあるでしょう。きっと何か未来を見つめているのでしょうが、それらが一般ユーザーが理解不能ということもあります。

なぜマック版一太郎は登場しないのか、なぜオフィスのファイル形式は変わってしまったのか、なぜMacBookAirはFirewireをサポートしなくなったのか...。庶民派ユーザーの疑問はこんなものです。すべてはエクセルのゴールシークのように計算で解が求められるものではなく、人の思いが左右しているものなのでしょう。

General 進化する翻訳サイト

2008年1月26日 | General | コメント (0)

e107の日本語化ファイルの作成で、手間を減らすために、翻訳サイトを利用しました。利用したのは、エキサイト翻訳です。ポータルサイトで翻訳サービスを取り入れたのは、一番早かったのではないかと思います。

最初のころは、訳された日本語が全く不明で、日本人なのに日本語がわからない状態でした。日本語と英語の隔たりを感じたものです。

それが今は、比較すると結構良い結果だったりします。難しいのは、省略された関係代名詞の部分でしょうか。どこまでが主語かということの解析精度が上がった気がします。決まり文句のような表現も充実しているのでしょう。確かに完全ではありませんが、適度に関係代名詞を加えたり、カンマを加えたり、ピリオドで文を分けたりするとそれなりに理解できる日本語になります。

いずれにしても、英語がわからないとどうにもできません。英語がわかれば、フランス語やドイツ語のサイトを翻訳したいときも、一度英語にすれば、読むことができます。

たぶん、CPUの進化で登録単語数や熟語を増加させても、検索速度も上がったし、解析エンジンも高度になってきたのでしょう。

見た目には変化のない翻訳サイトですが、実は見えないところで結構バージョンアップされていたりするのかもしれません。

General ホワイトハッカー

2008年1月25日 | General | コメント (0)

「ハッカー」とは、コンピュータに精通した人のことを指すのですが、マスコミの誤解から、コンピュータ関連で悪いことをする人をハッカーと思う人が多くなってしまいました。本来、悪いことをする人は、「クラッカー」といいます。

最近、「ホワイトハットハッカー」という言葉があるそうです。略して「ホワイトハット」だったり「ホワイトハッカー」などとネーミングも定義もまだ流動的ですが、良い意味での本来のハッカーを指す言葉を置き換えようとする動きがあるようです。

しかし、ハッカーにしてもホワイトハッカーにしても、これは自分が名乗るものではなく、他人が「この人はすごい!!」と評価するものです。日本でいえば、ニュアンスは違いますが「○○名人」とか「師匠」とかってことになるでしょうか。

ハッカーを目指し、ハッカーになるか、クラッカーになるかは微妙なところです。コンピュータに精通するには、さまざまな知識が必要ですが、その中には、厳密には法に触れることやグレーな領域もあります。それらを切り分けていく意志も必要になります。知っていれば手を出したくなる誘惑が少なからずあるものです。

ホワイトとかブラックとかと区別すると、人種差別的な気がしないでもないので、定着する前に再考の必要があるのでは?と思ったりもします。

General 一番重要な情報源は?

2008年1月18日 | General | コメント (0)
【2万人くらいに聞きました】一番重要な情報源は? - Ameba News [アメーバニュース]

情報化社会。あなたにとって一番重要な情報源はどれ?
(1) インターネット ...........................................11974 人
(2) 新聞 ......................................................2087 人
(3) テレビ ....................................................5275 人
(4) 雑誌 ........................................................83 人
(5) その他 .....................................................498 人

なんと60%を越える人が一番重要な情報源はインターネットと答えています。
でも、これって「インターネットで調査したインターネット普及率が100%」になるのに似ています。

新聞の情報は、インターネットを使えば、より早く得ることができます。テレビ番組欄も出演者の検索もできたりして、新聞より便利。新聞購読者が減っているのは仕方がないかも。

でも、インターネットって何でも調べることができると評判は高いのですが、意外と専門的なことは見つからなかったりします。コンピュータ専門誌もいったいどこから情報を集めるのだろうと思うほど、情報は濃いです。それでも売り上げは下がる一方で、次々に廃刊になってしまうのは残念。

テレビは利益が先に来るので、注意してみないと誤った情報を鵜呑みにしてしまう可能性があります。民放の教養番組でも、よく調べないで番組を制作したり、プロデューサが描いたシナリオに都合の良いコメントだけを並べて、意図的に事実と逆のことになっていることもあります。素人のブログ程度の信頼性です。

General 海上自衛隊サイトがリニューアル

2008年1月10日 | General | コメント (0)

海上自衛隊サイトが1月1日にリニューアルしたようですが、このサイトに含まれる「海上自衛隊:ファミリーページ」が小さな話題になっているそうです。

レシピのページとキッズのページが用意され、とてもかわいらしいページに仕上がっています。

General パソコン環境に良くない環境省(관청사무)

2007年12月28日 | General | コメント (0)

官公庁のホームページを眺めていました。

総務省文部科学省農林水産省などはスタイルシートが使われ、CMS(コンテンツマネージメントシステム)が導入されているようなきれいなサイトです。一時期の重たい作りとは大違いで快適にアクセスできます。

しかし、どの官庁もそういうわけではありませんでした。

法務省は、なんと今どきフレームが使われています。環境省には、「当ホームページは、Internet Explorer 6 SP2、Firefox 1.5、Acrobat Reader 5.0以上でご覧いただくことをおすすめします。」と書かれていて、ブラウザによっては表示が大幅に乱れてしまいます。

経済産業省のように Microsoft FrontPage 5.0 が導入されていればコンテンツ管理もしやすいのかもしれませんが、人事院は、IBM Homepage Builder 6.5.0.0、内閣法制局は、IBM Homepage Builder 6.0.1と、手作業でがんばっているような官庁もあります。システムを発注するより、人を雇った方が安上がりなのかな?

国家公安委員会に至っては、Microsoft FrontPage Express 2.0やNetscape 4.7やMicrosoft Word 11など、インストール済みやフリーソフトのものでがんばっているところもありました。警察庁は、ユーザビリティは今一つですが、まあまあです。

防衛省は、立ち上げてから日が浅いためか、CMSが導入されているようなきれいなサイトですが、その下にあるそれぞれの自衛隊のサイトは結構悲惨です。統合幕僚監部は、IBM Homepage Builder 9.0.0.0で非常に素人っぽく作られています。陸上自衛隊には、なぜかGoogleのウェブ解析ツールのコードが仕組まれています。海上自衛隊には、意味のないフラッシュが中央に鎮座しています。航空自衛隊も、IBM Homepage Builder 8.0.0.0となっています。

共通して言えるのは、ほとんど全部のホームページビルダーがアップデートされていないということですね。たぶん、パソコン本体もWindows98とかも使っているようですし、セキュリティに問題ありそうです。あと、PDFが使われているというのも閲覧者のことを考えていないお役所仕事です。ああ、お役所ですもね。

General 「超図解」シリーズの出版社が倒産

2007年11月 4日 | General | コメント (0)
IT書籍のエクスメディア倒産——負債は11億:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト) 2007/10/31

エクスメディアは「超図解」シリーズなどが主力商品である出版社だ。同シリーズは、フルカラーのPC入門書の草分け的な存在だったが、IT系書籍や雑誌の市場が冷え込むなか、今回の自己破産申請に至ったことになる。

いわゆるパソコンソフトの参考書。パソコンが専門的な人が使う時代から、一般の人に広がるときに、よく購入していた人を見掛けたものです。本来付属のマニュアルやヘルプを見るものなのですが、分厚いマニュアルが不評で、簡易マニュアルだけになり、オンラインヘルプへと移行し、より使いづらくなりました。分厚いマニュアルの時代も、オンラインヘルプの時代も、参考書といえるこれらの書籍が重宝したものです。

しかし、ここ数年、特別新しいソフトが出てきているわけでもなく、ソフト単独のバージョンアップをする人もいないため、参考書の需要が減ってきたのだと思います。さらにパソコンの新規購入者となる若い世代は、学校で教育を受けているので、手取り足取りの参考書より、実践で必要な機能をインターネットなどで調べることが多いのでしょう。裏技的な本はまだ需要があるのではないかと思います。

雑誌も低迷していると言われます。大抵はインターネットで情報を得るのですが、時々本屋に行くと、便利な機能や裏技を紹介した雑誌は、目に留まります。インターネットで探しきれない情報が雑誌には結構あるものです。そういう雑誌を見かけると、雑誌編集者の苦労が感じられます。Yahoo!知恵袋教えて!gooも、質問することができますが、文字だけではなかなか伝わらず、実践的な機能の知識を得るのは難しそうです。

General YouTubeに見る親バカ映像

2007年10月24日 | General | コメント (0)
万国共通!? YouTubeに見る世界の“親バカ”映像

赤ちゃんが、なんだろこれとカットされたレモンをかじって「うぁ酸っぱ」とやる、その表情がたまらなくかわいい。

かわいいかどうか別にして、不思議なのは、酸っぱいと認識しても、再度口に入れる。
再び酸っぱいという顔をする。食べさせるのではなく、自分で口に運ぶのです。

General 今後10年間で絶滅していそうなビジネス10種類

2007年10月 1日 | General | コメント (0)
10 businesses facing extinction in 10 years - Future of Business - MSNBC.com

レコード屋/カメラフィルム製造/農薬散布パイロット/ゲイバー/新聞/公衆電話/古本屋/貯金箱/電話マーケティング/コインを入れるアーケードゲーム

上記サイトの10項目は、アメリカの話だと思うのですが、日本はさらに移り変わりが早いと思います。
アナログレコードからCDへ変わるのも、日本はあっという間でしたから。

新聞を購読しない家庭は着実に増えています。もちろんインターネットでニュースを収拾したほうが速いし、テレビ番組もインターネットで間に合います。専門分野には弱い薄っぺらい内容の社説も読む価値ないですし(編集委員の自己満足にしか思えません)。ただし、例外として掃除の時や引っ越しの時の古新聞がないのが少々困ることでしょうか。

公衆電話はすでにないに等しいです。狭い国土なのでカバー率は高いのでしょう。携帯電話があれば、大抵の場所で困ることはないです。維持費を考えると今後増えることはないでしょう。

フィルムも「まだ売っていたの?」という印象です。カセットテープも売っていることに驚きです。どちらもデジタル化をして、消えていく運命にあることでしょう。アナログのメリットを訴える人はいても、時代の流れを止めるには至らないのが現状です。

General ブラハラに悩む人が増加中

2007年8月17日 | General | コメント (0)
ブラハラに悩む人が増加中 「O型は交通事故率が高い」 免許試験場の講師に厳重注意

「車の事故を起こす確率は血液型ごとに違う」という内容の話をしていた。「O型は最も事故率が高い」「A型は安全運転」「B型はメカ(機械)に強くて自信過剰で、不注意事故が目立つ」「AB型は神経質で疲れやすく、睡魔に襲われての追突事故が多い」などというものだった。

血液型の性格判断は、昭和初期に日本の学者が研究したが、科学的裏付けに失敗し、現在では何も根拠のないことというのは常識となっています。それなのに現在に至っても、テレビや雑誌で紹介され続け、他の占い同様に、信仰している人がいるということです。

最近では、そんな血液型性格判断に過剰に拒否反応を示す「ブラハラ」(ブラッドタイプ・ハラスメント)という言葉もあるそうです。

毎朝、テレビの星座占いで、ラッキカラーとラッキーナンバーをチェックし、「今日は恋愛ランキング1位なの」と言いながら、結局普通の生活をするわけです。占いの内容もその日の予言めいたものではなく、教訓みたいなものですよね。宗教の一つとして信仰しているなら、そうしていればいいんじゃない?と思ってしまいます。

でも、他人を巻き込むのはどうかと思います。「あなたの今日の運勢は最悪よ」と言われれば不快です。血液型性格判断も同様ですね。反対に良いと言われてもうれしくはないですけど。

人が信じていることを覆すには、それなりの根拠が必要。テレビや雑誌の影響は大きいので、よほどの根拠を示されないと理解してもらえないのでしょう。性格判断の科学的裏付けはできないことが性格判断を否定することにはならないと言う人たちもいます。データの微妙な差異を「傾向」と呼ぶ人たちもいます。

ただし、ブラハラのように過剰反応すると、「占い」という遊びに大人げなく怒っているようにしか見えないかもしれませんね。場の雰囲気を壊しかねません。お遊びには軽く対応するのがいいのかも。

それでも、今回の事件のようにマスコミが取り上げていけば、意識は変わるかもしれません。いずれ東アジアにしかみられない特異な信仰も消える日がくるのかもしれません。そのためには、血液型占いを上回る疑似科学的な占いの登場が必要かも。

【関連記事】
[E] 血液型性格診断

General 新鮮さがない

2007年8月16日 | General | コメント (0)

何か新しいネットサービスやソフトを試そうとしても、OSが対応していないことが増えてきました。とりあえずWindows2000に対応しているものはあるのですが、そろそろ限界かと思うことが増えてきました。最新のWindowsへはハードウェアが至っていないし。マックにしても、10.3のPantherは、対応していないことが多いです。大抵10.4のTigerが多いです。

そうなると新しいパソコンがほしくなってくるのですが、すでに自宅に何台もあると、購買意欲が失せてしまう。これ以上台数を増やしたくないし、使うことができるパソコンを手放す気持ちにもなれない。

ただ、安定して動作しているということでは、今までと同じことは不自由しないで可能だということで、新しいことに目を向けなければ特に困ることではありません。そのためにすっかりコンピュータに対して新鮮さがなくなってしまいました。

10年前ほどは、パソコンは半年で骨董品と言われるほど、進化が速かったです。変化が激しかった時代だったと思います。ソフトも機能アップと安定性を期待して、バージョンアップというのは楽しみの一つでした。もちろん今でも進化は続いているのですが、一応熟成された感があり、ワードやエクセルもOffice 2000のもので十分事足りるし、インターネットの基本ソフトであるブラウザ(FirefoxやOpera)とメールソフト(Thunderbird)も対応はしています。

新鮮さがないといえば、次々生まれるコミュニティサイトもそうです。ブログブームに続き、SNSとしてmixiやYahoo! Daysなどがありますが、結局アクティブユーザーが複数加入しているだけで、2chを含めて同じ人たちが場所を変えて書き込んでいるだけという気がしています。情報が分散している現象は最近の傾向で、パソコン通信の時代のほうが情報が集中していて探しやすかったかもしれません。

General カシオの腕時計 OCEANUS

2007年2月 8日 | General | コメント (3)
OCEANUS | オシアナス - CASIO ソーラー・電波時計

Img150OCW-M700TDJ-1AJF

Img1083OCW-M700TCJ-7AJF

Img1220OCW-M700TBJ-1AJF

1000円ちょっとで購入した電波受信機能つきの置き時計が便利で、アナログの腕時計がほしいと思っていました。しかし、どれもデザインがいまひとつ。

デザイン的にはロレックスのサブマリーナのようなものが好みですが、パソコンが何台買えるかという価格は、貧乏人には無理。電波受信機能もありませんし。

テレビのCMで流れたこのOCEANUSを見たとき、「これはいいかも」と早速サイトでチェック。価格を調べるとちょうどいいです。ネットの評判はまあまあですが、メーカーがカシオというのが弱点のようです。作り込みの精度に問題ありのようです。

それでも、上記の3つのどれかにしようと思うのですが、あとは実物を見てからと考えています。

【追記 2007/02/09】
札幌のヨドバシカメラでOCW-M700TDJ-1AJFを購入。
定価73,500円の3割引の51,400円で、さらに「さっぽろ雪まつり」特別割引で、1割引(端数切り捨て)でした。結局税込み46,200円となりました。価格.comの最安価格を下回っています。暖冬での雪まつり開催と合わせてうれしい出来事です。

価格.comのクチコミはなかなか役に立ち、「操作がわかりづらい」「モード切り替えるたびに針がグルグル」「実物は写真より高級感あり」など、その通りでした。

さて、現在は正確な時刻を示していません。数秒遅れです。家にすでにある電波置き時計も電波を受信していません。日によって強弱がありますが、今日は全く電波を受け取っていません。まあ、そのうち受信することでしょう。

General ライフハック

2007年1月 8日 | General | コメント (0)

ここ何年か1年に一度、正月だけに「Yahoo! JAPAN Internet Guide」という雑誌を購入しています。ネットだけでは得られない総合的なネットの情報を得る目的もあります。ネット活用といっても、検索で始めるアクセスは、ネットの全体が見えてこないものです。

「WEB of the YEAR」では、かつて各部門にヤフーのサービスが陣取っていましたが、今年は検索サイトですら、Googleに抜かれ、時代の変わり目という気がしています。もちろん一番の話題は、YouTubeですが、総合大賞が「 Wikipedia」というのは今更何って感じです。

2006年は「WEB2.0」という言葉がよく聞かれました。2007年は「ライフハック」が流行語になると書かれているサイトがありました。そのライフハックの特集もありました。

ライフハックって何? …「仕事術」「使いこなし術」と解釈されるようです。文字通りいけば「生活(Life)」と関係しそうな気がしますが、やや解釈に幅があるようです。ハックとは「ハッカー(Hacker)」「ハッキング(Hacking)」のことです。つまり「高度にコンピュータに堪能な人・その行為」ということでしょう。

ハッカーという言葉は、コンピュータに携わる人にとって憧れ。アメリカではHackという単語がつく本はベストセラーになりやすいのだそうです。日本では相変わらずマイナスイメージがつきまといます。ネットの裏社会のイメージなってしまいます。ライフハックの言葉が広がり、ハッカーの本来の意味で浸透していくといいですね。

生活での裏技情報といえば、伊東家の食卓が思い浮かびます。コンピュータ関係でいけば、ITmedia Biz.ID:LifeHack(ライフハック)などがありますが、「パソコン使いこなし術」といったところでしょう。

「使いこなし術」は、従来から「Tips」という言葉がよく使われます。マニュアルに書かれていないような便利な使い方のことです。そう考えるとネット上にはライフハックにあふれています。Windows.FAQもそうですし、Linuxでは、Linux JFに整備されています。

今後はさらにWEB2.0と組み合わせてインタラクティブなライフハックサイトとなるのでしょうか? でも、それって「Yahoo!知恵袋」だったり、「教えて!goo」ってことになるかな?

General 幻のアビーロード

2007年1月 5日 | General | コメント (0)

リファラーをチェックしてみると...
なんとテグレットのサイトからリンクされています。
「直子の代筆」「知子の情報」でおなじみの、あのテグレットですよ。

Teglet
「ビートルズ」について 調べる

「美穂の旅」なんていうのもありますが、画面のページが何なのかがよくわかりません。
とにかくビートルズのことで、このサイトが登録されていることが驚き。
せめて、記事のアドレスまで入れないとわからないでしょう。

ということで、緊急にビートルズの記事を入れてみることにしました。といっても、ビートルズは解散後に知ったので、本や雑誌、そしてレコードで情報を得たわけです。今のようにインターネットでビートルズの動く姿が存分に見られるなんて、思いもしていませんでした。

ビートルズの伝説話はたくさんあります。ここで語らなくても検索すればいくらでも出てくることでしょう。でも、すごいと思うのは、未だにカーステレオから流れるのはビートルズ(自分の場合ですけどね)で、何年経っても飽きないことでしょうか。当時出始めたシンセサイザーも効果的に使っていて、とても1960年代の音楽とは思えません。同時代の他のアーティストの音楽を聴くと歴然とした差があります。

CDが出始めたころ(1982)、アビーロード(Abbey Road)のCDが一度発売されました(3800円という額に躊躇して購入延期......)。しかし、当時、CDの音の良さを強調させようとしたために違う感じになってしまったようで、一度引っ込めたようです(権利か何かも問題だったかも)。幻のアビーロードなのです。正式に登場するのは、その何年か後で、プリーズ・プリーズ・ミー(Please Please Me)などの初期のものはモノラル。初期のものから3〜4枚ずつ発売していったので、アビーロードは最後(1987)でした。

その幻のCDが発売されたころ(1982)に、デビュー20周年で、20年前にさかのぼった同じ日付で当時のままのアナログレコードを全世界同時発売していくという企画がありました。実際に発売されていましたが、それより早く、お店にはアナログレコードが消えてしまいました。あの企画はどこへ行ったのでしょう。そういえばデビュー30周年や40周年の企画も何かやっていたような...。

今、家にあるのは、アナログは、赤盤・青盤(こちらは限定盤)・ホワイトアルバム・サージェント・レアリティーズで、デジタルは正式盤全部とUS盤です。アナログ盤を集めている途中で、デジタルの波が来てしまったのです。

アナログレコードで買っておけば良かったのは、唯一の公式ライブレコードのライブアットハリウッドボウル(LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL)です。ファンのすさまじい歓声で演奏がかき消されそうな音源です。当時の録音技術ではどうしてもマイクが観客の音を拾ってしまうのだそうです。ライブに行っても演奏は全く聞こえなかったそうですからね。ビートルズが反対したのにもかかわらずにリリースしたものですがら、当然CD化はされませんでした。

【関連記事】
[H] ビートルズの新作『LOVE』
[H] The Capitol Albums Vol. 2
[H] The Capitol Albums Vol. 1
[E] ビートルズの曲の歌詞
[E] ビートルズのキャピタル編集版CD化

General ネット的鎖国

2006年11月24日 | General | コメント (0)

インターネットでは、英語を共通語として多くの国の情報が行き来しています。
ヨーロッパの国々でもネット上では英語で情報をやりとりし、母国語がドイツ語でもフランス語でも、英語を手段とし、ソフトウェアやウェブサービスが行き交っています。

しかし、日本は、日本語化しないと普及しません。
なぜなら、日本人は英語が苦手という以前に、文字コードの問題があるのです。
JISやShiftJIS、EUC、UnicodeやUTF-8など、よく使うものでもこんなに複数あるのです。

これらは、コンピュータの普及やその当時の性能の限界など、いろいろな制限があり、徐々に進化したものですが、すでにあるものを排除するわけにはいきませんから、混在するわけです。

そんな事情を海外の人が理解するのは難しいことで、単独で動作させるならUTF-8でサイトを構築すれば、ある程度日本語にも対応します。
表示されるメッセージの日本語リソースを用意するだけですから。

でも、ブログでも、ShiftJIS・EUC-JP・UTF-8と最低3種類あるわけで、束ねるサービスをするとなると、日本語に対応することは、結構大変なことです。
そのままでは文字化けは避けられません。

必然的に英語を理解する日本人も、日本語に対応しないサービスは利用しないわけで、これだけ自由なインターネットの空間において、鎖国のような状態になっているのではないかと思うのです。

この問題を解決するには、サーバーで動作するOSが国際化に対応することがまず先決です。
ネットの基本となるアプリケーションもしっかり対応してもらいたいものです。
現在は、PHPとMySQLというよく使われる組み合わせで、問題が発生することが確認されていて、回避するノウハウは情報として流れていますが、あくまでも国内だけの話でしょう。
ソースに手を加えることなく対応することが必要です。

ネット人口は、世界的に見ても少なくはないはずなのに、取り残されている感じは拭いきれませんね。

General 「えらー」がでた

2006年11月19日 | General | コメント (0)

接続先のタイムアウトの画面ですが、「エラー」ではなく「えらー」と出ています。
Niftyが提供するプロクシを利用しているのですが、時々、自分のサイトがコンテンツフィルタに引っ掛かり、ドキッとしたり、すべてのサイトがコンテンツフィルタでアクセス不可になったり、いろいろです。
でも、怪しいサイトをはじいてくれるので、少し安心です。
えらー

General ユーザーの死が封印するアカウント

2006年10月14日 | General | コメント (0)
知らされなかったパスワード--ユーザーの死が封印するアカウントと遺族のアクセス - CNET Japan

アドレス帳や予定表などの管理をオンラインに移行する場合が増えている。このような人たちが不幸にも亡くなったとき、問題が発生するケースが増えている。その原因は、遺族に知らされなかった「パスワード」だ。

身内や友人が亡くなったとき、不幸の連絡は「紙の手帳」をもとになされました。
これがパソコンで管理されていて、パスワードがかけられていたら、それだけで厄介なものになります。
幸いそのような事態に直面したことはないのですが、肝心の自分が死んだときは、どうなるだろうと考えてみました。

銀行の口座は通帳と印鑑で問題なし。
万が一のアドレス帳は、一度まとめておかないとダメかな。
印刷したものをどこかに貼っておけばいいのでしょう。

アフェリエイトの広告収入がネット銀行に入金されますが、
その存在も最初からなかったと思えばそれまでです。

パスワード関連は、パソコンで管理していますが、最重要パスワードはどこにもメモしていません。
このサイトのアカウントも銀行の口座が凍結され、引き落としがなくなった時に消えてしまいます。
よく見かける「そのアカウントは存在しません」という内容のエラーがでるのでしょう。
あとは、放置しても継続するフリーのウェブサーバーが管理されずに残り続けるだけ。
私の場合、それによって家族や遺族が困ることはありません。
知人で困る人はいるでしょう…。
これは、知人とパスワードを共有可能なサーバーに移動しておくかな。

インターネット上では、毎分毎秒という単位で、数多くのアカウントが削除され、作成されているのでしょうが、それが死を伴うものであっても、ただエラー画面が出るだけ。
所有者の死を感じさせるものではありません。

数年前に友人が亡くなった時、遺族からネット関係の整理を頼まれたことがあります。
ホームページは運用していませんでしたが、メールは使われていました。
プロバイダを解約するまで、知人やメール友達のメールが何通も送られてきました。
しかし、長期入院の心配をした人はいますが、まさか亡くなったとは思っていなかったでしょうね。
その後、知人には別経由で通知されたので、天国に向けてのメッセージもありました。

General ひらがなぶろぐ

2006年8月11日 | General | コメント (0)

ブログが日本に広がり始めたころ、小学1年生がブログをしているというのが話題になりました。
ひらがなばかりなので、「ひらがなぶろぐ」というブログ名が付いていました。

2003年だから、今は小学4年生ですね。
子供の成長は早いので、今頃は漢字混ざりのブログになっているのでしょう。
タイトルも変わってしまったかも。

古いサイトからリンクを見つけました。

ひらがなぶろぐ

しょうがっこう4ねんせい、ななのぶろぐです。かんじはわかるけどひらがなでかいてます(・e・)

あれ?

General サイトの名前

2006年8月10日 | General | コメント (0)

Vistaといえば、車の名前。
ところがWindows Vistaが発表になってから、検索しても上位に車のVistaは消え去ってしましました。
ビスタも名前を変えないといけないですね。

さて、自分のサイト名が、検索したときに上位にあると便利です。
職場などでブックマークが使えないときとか。

現在、入り口のページがhkdの3文字でつながります。
何かと便利です。

他のサイト群も、上位に表示されるようになりました。
ほとんどが紅茶の名前にしてあります(マイブームは「おーいお茶 濃い味」ですが…)。
紅茶の名前で検索すると、私のページにつながるという野望は実現しつつあります(!?)。
でも、紅茶の葉を調べたい人には、いい迷惑でしょうね。

一般的すぎる単語だと、もちろんダメですが、スペルが難しかったり、長くても自分で困ります。
略称みたいにアルファベットの羅列だと上位の可能性はありますね。
サイト名を決めるとき、その単語で検索してみるといいと思います。
検索結果が0だったらラッキー!!
結果が多くても、ページランクで勝てそうだったら、採用!!

General ハンドルネームとブログ

2006年8月 7日 | General | コメント (0)

インターネット上で、自分のニックネーム(あだ名)のことを「ハンドル」といいますが、これを「ハンドルネーム」と書いたり、「HN」と略したりするサイトまであります。もちろん、「ハンドル」という言葉に、すでに「ネーム」の意味まで含まれているので、「馬から落馬する」や「頭痛が痛い」といった表現と同類になります。つまり「ニックネームネーム」や「あだ名名」という変なことになります。

しかしながら、「ハンドル」というと、車のステアリングのことにもなり、わかりにくい言葉でもあり、知っていても「ハンドルネーム」を使っているのかもしれません。和製英語だと思えばいいのでしょう。実際に、Googleで「"handle name"」を日本以外を含めて検索すると、14万件。少なすぎます。ほとんどが日本のサイトで使われていて、海外では使われない表現だということがわかります。

インターネットの用語が庶民で使われるには、言葉というのが重要です。Weblogが短くなりBlogとなり、日本では「ブログ」として広がりました。これもGoolgeで検索比較すると圧倒的にBlogまたはブログという単語が使われていることがわかります。WeblogだとWeb+Logでわかる人にはわかりやすいのですが、日本人には「ウェブ」も「ログ」もなじみがない単語(Webは基本単語なのに…)。「ブログ」という短くて新しい響きの単語がブームを後押ししたのかもしれません。

最近ブームとされるSNSはどうかというと、日本人はアルファベットの羅列は苦手です。日本語のページで検索したところ、mixiが1080万件、snsが1310万件。mixiがsnsに含まれる関係にあるので、いかにSNSという単語が浸透していないかを示していると思います。よく日本では、「日本電気株式会社(日電)」などのように略します。英語ではNECと頭文字をとります。この略したときの響きが悪いと覚えられません。「エヌイーシー」は何とかなっても、「エスエヌエス」はどうなんでしょう。かといって、「ソーシャルネットワーキングサイト」では、きっと普及しませんね。「mixiみたいなサイト」といった方が理解してくれる人が多いかもしれません。

人間が無意味な羅列を記憶できるのは7つが限界といわれています。カタカナも一つ一つは無意味な記号なので、この原則は当てはまるかもしれません。そういえば「ステアリング」「インターネット」「ホームページ」「アルファベット」「ハンドルネーム」とこの記事に出てきたカタカナは7文字以内ですね。「マイクロソフト」「ウインドウズ」は7文字。「マッキントッシュ」は8文字だから略して「マック」。「イエローマジックオーケストラ」は長すぎるから「ワイエムオー」……。

General 死亡推定日

2006年7月 3日 | General | コメント (0)
死亡推定日

残りの寿命を計算するサイトです。
氏名を変えると寿命も変わります。
あと、最初っから現在年齢の計算が間違っています。
まあ、遊び半分でどうぞ。

General がんばれサッカー日本代表

2006年6月10日 | General | コメント (0)

微妙に違うんです。
Worldcup06
Worldcup06_arアルゼンチン
Worldcup06_auオーストラリア
Worldcup06_brブラジル
Worldcup06_chスイス
Worldcup06_ciコートジボワール
Worldcup06_crコスタリカ
Worldcup06_deドイツ
Worldcup06_esスペイン
Worldcup06_frフランス
Worldcup06_hrクロアチア
Worldcup06_itイタリア
Worldcup06_jp日本
Worldcup06_kr韓国
Worldcup06_nlオランダ
Worldcup06_plポーランド
Worldcup06_pyパラグアイ
Worldcup06_saサウジアラビア
Worldcup06_seスウェーデン
Worldcup06_ukイギリス
Worldcup06_ttトリニダードトバゴ

General アーサー・コナン・ドイル

2006年5月22日 | General | コメント (0)

Conan_doyle

アーサー・コナン・ドイルは、1859年5月22日に生まれたそうです。
推理小説で有名ですが、歴史小説、SFや戯作なども著書があるそうですね。
しかもスポーツマンだとか。

General アースデイ(地球の日)

2006年4月22日 | General | コメント (0)

Earthday06

1970年4月22日にカリフォルニアの市民運動家デニス・ヘイズの呼びかけでスタートした地球環境保護の市民運動。この日、アメリカ全土で2000万人を集め「環境保護に地球市民として取り組む」集会を行った。アースデイはアメリカ政府や自治体の環境行政に大きな影響を与え、アメリカに環境保護局がつくられる契機となった。この年以来、毎年4月22日がアースデイ(地球の日)と決められたが、特に20周年にあたる90年には、世界各国で大規模な行動が繰り広げられた。日本でも植樹、コンサート、環境問題の展示会、ディスカッションなど、さまざまな催しが行われ、以後、毎年行われている。

General ジョアンミロ

2006年4月20日 | General | コメント (0)

Miro

今までの中で、一番芸術的?

General 送受信者が同じメール

2006年2月27日 | General | コメント (0)

まだあきらめない堀江メール。
新たに送受信者が同じことが明らかに。
しかし、このことは、メールの送受信者を特定することにはなりません。
マスコミを含め、ずいぶんこのメールに踊らされていますね。

送受信が同じことはよくあります。
BCCで送信するときは、配布した人を特定しないために
送信者も受信者も自分のアドレスにします。

BCCメールは、同じメールを複数に送信したい場合に使う機能です。
CCメールでは、互いに誰に送信したかを見ることができます。
そこで、受信者が互いのメールアドレスがわかると困る場合にBCCで送ります。

送信者は自分ですが、受信者は自分にすることで、
誰に送られたメールかをオブラードに包むわけです。

コピーを自分の別のメールサーバーに送りたいときもBCCを使います。
結局、誰のメールかを確認するには、ヘッダを公開しないと意味がありません。
その上で、プロバイダの接続履歴と照合し、特定していくわけです。

この常識的な手続きをしないで、あれこれやっているのをみると、
とても歯がゆく思います。

【関連記事】
[E] メールの書式

General 有料サーバーの方がお得?

2006年2月26日 | General | コメント (0)

Google Adsenseでアフェリエイトをしていますが、
このサイトでは現在14519の表示回数で、87.93ドルになっています。
1日平均1245の表示数で、4ヶ月半で100ドルのペースです。
もし、1日平均1000の表示数であれば、5ヶ月半といったところでしょう。

無料サーバーをレンタルするのもいいのですが、
アクセス数次第では、実質無料で、有料サーバーでも十分運用可能かもしれません。

例えば、C'S SERVER Personalでは、年間8820円で300MBです。
1日平均500もあれば、十分可能ですね。

また、無料サーバーだと、アクセスアップの楽しみはありますが、
アフェリエイトだと、アクセスが増えれば増えるほど、自分の懐に入ってきます。
容量も無料サーバーの比ではありませんから、
さまざまなコンテンツや写真をアップロードすることができることでしょう。

なお、気をつけたいのは、アクセス数と表示回数は違うという点です。
アクセス数には、GoogleやYahoo!のクローラーのアクセスが含まれます。
実際に広告を表示していないのです。
同じようにブラウザの広告表示をオフにしてアクセスしている人もいます。
アクセスログなどを参照して、実表示数を調べておく必要があるでしょう。

General トリノオリンピック10

2006年2月24日 | General | コメント (0)

olympics06_figure_skating

日本初めての金メダル。
荒川選手の可憐な演技、すばらしかったです。

General メールの書式

2006年2月23日 | General | コメント (0)

堀江メールで話題になりましたが、
自分の名前をどこに書くか、ということ。

通常、送信者欄は、海外に送る可能性があったり、文字化けを防ぐなどの理由で、
半角英字(日本人だったらローマ字)を使うのが普通なので、
知人に送るときは、本文中にも自分の氏名を書くことが普通です。
そして、メールを開いて、すぐに誰かを特定できるようにメールの最初の方に記述することでしょう。

特に堀江氏は、パソコン初心者ではありませんから、
最後に名前を書くということはありえないでしょう。
しかも、「@堀江」などと書くわけがありません。
「@」がatだということを知らないわけはないでしょうから。

その他にも英数字が全角というの変でしょう。
本文がインデントしている点も初心者っぽいし。
極めつけは、「シークレット」が「シ?クレット」になっている点。
つまり、のばす記号「ー」がマイナスの「?」となっている点です。

つっこみどころの多い偽装メールでしたね。
というより、実際に送信されたものでもない痕跡もあります。
メールですらなかったのです。

General トリノオリンピック7&8&9

2006年2月22日 | General | コメント (0)

olympics06_freestyle
olympics06_curling
olympics06_alpine
ある雑誌では、メダルが一つもなく、おもしろさのないオリンピックという記事があったそうです。
でも、その雑誌の記事を紹介していたアナウンサーも含めて、オリンピック自体はおもしろいと感じている人は多いと思います。
結構知らない競技があったりと、夢中になる人もいるようです。
オリンピック番組のゲスト(お笑いの人だったりさまざま)も競技のおもしろさにテンションが高くなったりしていますしね。
自分の国を応援するのはもちろんですが、こうやってオリンピック自体を楽しむという点では、なかなか盛り上がっているのではないでしょうか。

General minimiam

2006年2月19日 | General | コメント (0)

Lithiumというブログサイトで見つけたサイトです。

minimiam

お菓子などの食材を舞台にしたジオラマ写真は、一種の癒し系かもしれません。

General トリノオリンピック5&6

2006年2月19日 | General | コメント (0)

olympics06_speedskating
olympics06_ski_jump
安藤美姫選手の4回転に期待。

General トリノオリンピック3&4

2006年2月15日 | General | コメント (0)

olympics06_icedanceolympics06_luge

リュージュもそうだけど、冬のオリンピックの競技は、スピードが速いものが多いですね。一歩間違えるとけがをするもの多いと思います。

General トリノオリンピック2

2006年2月13日 | General | コメント (0)

スノーボードに変わっていました。
olympics06_snowboarding

General トリノオリンピック開幕

2006年2月11日 | General | コメント (0)

いよいよ始まりましたね。
olympics06_opening

Torino 2006 Olympic Winter Games

General 米電信会社、150年以上に及ぶ電報サービスに幕

2006年2月 7日 | General | コメント (0)

リンク: 米電信会社、150年以上に及ぶ電報サービスに幕

日本でも、冠婚葬祭で使うくらいでしょうか。
もし、日本でもサービスを終了したら、「電報の披露」ではなく、「Eメールの披露」とかになるのでしょうか。

そういえば昔の結婚式などでは、送られてきた電報をすべて読み上げていたと思います。最近は、数通紹介して、あとは省略しているのが多いと思います。電報より楽しいイベントに時間を割り振りたいからでしょう。

どちらにしても、電子メールは、サーバーのダウン等で、必ず到着する保証はありません。あまり電子メールだけに依存することがないように、代替手段は残した方がいいですよね。

General 笑ってしまうブログ

2006年1月30日 | General | コメント (0)
眞鍋かをりのココだけの話 powered by ココログ: 恋

好きな人ができました。
今けっこう気になっています。
そんな発表を、今日現場のスタイリストさん達にもしてきました。
してきたところ...

いつも楽しい文章を書きますね。 NHKの番組では真面目なのにバラエティでは違う顔を見せます。 おもしろいブログといえば、下記のも負けていないかもしれません。 ディスプレイを前に突然笑ってしまうのは周りから見ると変に思うでしょうね。

ZZR0831 Weblog

General モーツァルトの誕生日

2006年1月27日 | General | コメント (0)

mozart

モーツァルトの誕生日なんですね。生誕250年。

General 杉村太蔵 ブログ

2006年1月16日 | General | コメント (0)

小泉内閣メールマガジンが2001年6月に創刊。
当時メジャーとなったメールマガジンを媒体としたことで話題になりましたね。

今は、ブログ。「杉村太蔵 ブログ」なんていうのもあります。
メールマガジンのように発信してしまうと修正がきかないのと比べ、
ブログはあとから編集も可能なので、気軽に更新をすることができます。

さて、このブログですが、眞鍋かをりのブログ同様、トラックバックのみの対応です。
しかし、トラックバックは一つもありません。
内容は決して難しいものではなく、庶民的ともいえるものです。

ページランクは5なので、結構リンクされているものといえます。
ふさわしくない内容のトラックバックを削除したら何も残らなかったって感じでしょうか。
それともシステムがうまく動作していないのか。
MovableTypeを使用しているようなので、動作がおかしいことはなさそうですが…。

でも、スタイルシートがうまく構築できていない感じもあるので、もしかしたらそうなのかも。
本当はトラックバックしてみればわかるのでしょうが。

General 点字の日?

2006年1月 5日 | General | コメント (0)

Googleのタイトル画像が点字になっている。

braille

フランス人のLouis Brailleが現在の6つの点からなる点字を考案したのだそうです。

General 携帯の普及

2006年1月 5日 | General | コメント (0)
あけおめコール一考

日本国内には約9000万台弱の携帯電話があると言われています(電気通信事業者協会調べ)。
そのうちの10%が「あけおめ」コールに参加したとして900万台が一斉にアクセスすることになります。

ちなみに、Webポータルでは同業首位のYahoo!が発表している広告媒体資料によると、1日では約760万ブラウザのアクセスがあるということになります。

もうすでに年が明けていますが、あらためて考えてみると
携帯電話の発信規制って仕方がないものだなぁと思えてしまう。

実際には1割の人が発信したとしても、大抵複数の人にかけるでしょうから、
もっとアクセスが増えるということでしょう。

General うるう秒

2005年12月25日 | General | コメント (0)

「うるう秒」とは、原子時計と自転のずれが1秒を超えないようにするために、不定期に1秒を足したり引いたりすること。

ニュースで知りましたが、7年前もたまたまテレビを見ていて、その瞬間を見たので、特に深く考えていませんでした。

総務省の発表って、日本で独自なのか? って調べてみると世界標準時の2006年1月1日の00:00の前に23時59分60秒を挿入するのだそうです。日本は世界標準時より9時間進んでいるので、9時の前に1秒を挿入するのは世界標準時にあわせたことなのですね。

考えたら、コンピュータの時計(インターネットの時計)は、世界中のNTP(タイムサーバー)から、9時間プラスすることで表示しているので、世界で同時に行われないと困りますよね。

とはいっても、コンピュータでは挿入されたxx時59分60秒を表示するわけではありません。Windowsだったら、インターネットとの時刻のずれをシンクロした時点で修正されますが、Linuxなどは時刻の逆戻りを避けるために、時間をおきながら修正されます。つまり自分のコンピュータは1秒進むわけですが、少し足踏みをしながら上位のNTPとの時刻を合わせます。

この記事は、次の記事のコメント後に書きました。

rumble::place: 今年はうるう秒なんだそうです

General ダウンロードしたファイルの保管

2005年11月25日 | General | コメント (0)

最近は、ブロードバンドということで、ダウンロードしたファイルを大切に保存しておかなくても、再度必要になったときに、またダウンロードすればよいという考え方に変わってきているような気がします。

でも今日、数年前のマザーボードのBIOSのバージョンを確認しようとしたら、日本語のサイトは消え、台湾のサイトにもBIOSが置いていないということがありました。さらに探すと、そのマザーボードの最新BIOSは有料(20ドル)ということで、チェックすらあきらめてしまいました。(まあ、どうぜバージョンアップはしていないはず)

周辺機器のドライバーなどは、発売後、何年かはバージョンアップの可能性があり、付属CDが役に立たなくなるってことがあります。やっぱり重要なものは保存する習慣が必要ですね。

General Google AdSenseが銀行振り込みに対応

2005年8月12日 | General | コメント (0)
Google AdSenseの報酬支払いが銀行振込に対応、国内口座も指定可能

銀行口座振込機能を利用することで、日本国内の銀行も報酬の振込先に指定できる。振込手数料はグーグルが負担する。

振込手数料まで負担してくれるとは...。
小切手とは大きな違いです。

【関連記事】
Google AdSenseの小切手(2)
Google AdSenseの小切手

General Google AdSenseの小切手(2)

2005年8月 5日 | General | コメント (0)

Google AdSenseの小切手

半分忘れかけていました、100ドルの小切手。
近くの銀行へ行くと「当銀行では扱っていません」。
少し離れた違う銀行へ行くと「こちらの支店では扱っていません」。
扱っているというさらに離れた銀行へ行くと「ここに口座がないと扱えません」。
それではと口座がある遠い銀行へ行くと「隣の支店で扱っています」。

結局口座がなくても、小切手を扱っている支店だったらいいんじゃないか!!

「通常1ヶ月半かかりますが、ニューヨークなので1ヶ月程度になると思います」とのこと。
しかも「手数料がレートによりますが2000円から3000円になります」。

他の人のウェブログで不評はたくさん見ているので驚きませんが、
早く日本円での扱いになってくれないだろうか。

それにしても理由も聞かれるですね。
アフェリエイトじゃわからないから、説明したところ、
「『広告料金の受け取り』と書いてください」と言われました。

【関連記事】
Google AdSenseが銀行振り込みに対応
Google AdSenseの小切手

General ヨン様パワー

2005年5月15日 | General | コメント (0)

私の記事の【激安 スーパーオフィス】がよく読まれているのですが、実は「激安スーパー」で検索してやってくる方が多いです。がっかりです。実際に検索してみると3番目に表示されました。

主婦パワーというのはすごいです。

さて、そうなると「ヨン様」とか「ぺー・ヨンジュン」なんかの単語が含まれていたら、どうなってしまうのでしょう。

そういえば「冬ソナ(冬のソナタ)」も結構来訪者が多かったかも。

ちなみに「冬のソナタ」は「겨울연가(キョウルヨンガ)」。

General ウェブページの3秒ルール

2005年3月13日 | General | コメント (0)

ウェブページが表示されるのは、3秒以内でなければならない、というルールをはてなダイアリーで見ました。それ以上だといらいらした閲覧者は他へ行ってしまうというもの。

ブロードバンドになって、表示は速くなりました。1秒で表示されないと遅いと感じるけど、やっぱり3秒くらいは待つんですよね。人間はそんなに素早く反応できないってことでしょう。

General 10万アクセス記念プレゼント

2005年3月 6日 | General | コメント (1)

もうすぐアクセスカウンタが10万になるのを記念して、プレゼントを考えてみました。

Oceansoftとして公開している「総合情報管理ツール Agenda」のユーザーIDです。

フリーソフトなのですが、シェアウェアだった名残で、ユーザー登録すると、ユーザー名を表示するようになっています。

総合情報管理ツール Agenda

カレンダー・アウトラインプロセッサ・URL管理・プロジェクト管理・電光掲示・時報・アラーム・ラウンチャ・Windowsの使用履歴やインターネットの接続履歴など、様々な情報を一括管理できるソフトです。便利な機能を搭載したエディタと検索機能で、自在にデータベース化できます。

簡単に使い始められ、使い込むほどに奥が深いと好評のソフトです。

応募方法は、この記事にコメントするだけです。
「名前」に入力した文字列でユーザーIDを発行します。本名である必要はありませんが、ShiftJISで表現できる文字にしてください。
送信するためのメールアドレスも必須です(ウェブログ上には表示されません)。

締め切り:10万アクセスになった時点で終了です。

General Google AdSenseの小切手

2005年2月 7日 | General | コメント (0)
audiofan.net: Google Adsenseが日本円に対応するまで支払いを保留にした

今月には100ドルになるということで、私にとってはタイムリーな記事を発見。もちろん私も保留のつもりです。

5月下旬からということで、8ヶ月弱での達成です。レンタルサーバーの費用は、これでまかなえます。

【関連記事】
Google AdSenseが銀行振り込みに対応
Google AdSenseの小切手(2)

General 文字化け

2005年1月12日 | General | コメント (0)

ウェブログのトラックバックの文字化けってなかなか難しい問題のようですね。多くはUTF-8なのですが、時にはEUC-JPもあります。UTF-8に対応していないデータベースサーバーもあるようですから、仕方がないようです。

一番いいのは、トラックバックを送るとき、文字コードの種類の情報を送り、受け取る側もその文字コードで受け取り、自分のウェブログの文字コードに変換する方法。システムによっては、文字コードが何であるかを送らないので、受け取る側で分析しなくちゃいけない。でも、特殊な文字が入っていると判断を間違えてしまうみたいです。

メジャーなテキストエディタでも、文字コードの認識は間違えることがあります。プログラムソースのように途中に日本語が含まれるような場合、最初はアルファベットばかりですから、判断ができません。かといって、全部を読み込むとテキストを開くのに時間がかかるようになる。

ブラウザやメールソフトも実は同じ問題があり、文字コードを指定していないサイトが時々あり、ソフト側で指定していないときの文字コードを設定したりします。

General アイコン等のダウンロードサイト

2005年1月 2日 | General | コメント (0)

アイコン等で使いたい画像のダウンロード先を検索してもリンク集サイトに行き当たることが多く、なかなか良いサイトに出会えません。faviconを公開してあるところがあれば、知りたいです。

最近使った画像のダウンロード先

よろづ、ぢうごや ?アイコン・favicon? / DIU.ico

お絵描き大好き「ぢう」のページ

WatiWorks

Beautifully Made Icons for Mac OS X and Windows XP

School Icons CLUB (ホームページ用アイコン&壁紙・フリー素材集)

学校を題材にしたフリーのホームページ素材と
こども達の勉強を応援するツールを用意しまし

General 血液型性格診断

2004年12月29日 | General | コメント (6)

血液型でたまに聞く話で、
「私ってAに近いO型みたいなの…」
Oに近いA型は、AO型だと予想できるけど、
Aに近いO型は、ありえない。
さらには、
「私ってABに近いO型みたいなの…」
って、染色体異常でしょうか。

ABOAB血液型性格診断ウソ・ホント!本当の自分&相性探し来年こそは開運SP!

ちなみに私は、AB型という判定でAB型ですが、
AB型って人付き合いが高いとなりますが、
それほど社交的ではないような気がします。

General デジタル化と視覚・聴覚障害

2004年12月26日 | General | コメント (0)

携帯電話の普及は、聴覚障害を持つ人もメールという手段を使うことで、コミュニケーションツールを得ることができました。音声だけの家庭の電話だと応対することができなかったのですから、画期的なことだったと思います。

視覚障害を持つ人にとっては、音声や点字という手段が考えられます。しかし、点字に関わる機械も結局大量生産するわけではないものは値段も高いという現状があります。それでも、コンピュータを利用することで、人件費の節約で安くなってきたということらしいです。

そう考えると、携帯電話やコンピュータの普及は、障害なしに使う人以上に画期的な時代が訪れたということになるのでしょう。

小説にしても、電子書籍化されたものが多いので、そこから点字にするのは、手作業よりはコストは安くなるでしょう。ただし、点字は漢字情報を含まないので、ひらがなに変換する必要があります。それも今では日本語変換ソフトの進化で状況は変わっていると思います。

以前、視覚と手に障害があり、音声のみでアクセスしている方から、私が製作したフリーソフトが使いやすいとメールをいただいたことがあります。メールを送るのもすべて音声認識を使うのでしょうから、大変なんだろうなぁと思い、その後のフリーソフト作りでも気にしていたことでした。

さて、そういう人にとってのウェブログについて考えてみると、自動化されたシステムで、「最近のトラックバック」や「アーカイブ」などの情報が満載のページは、目的の情報(本文)よりも余計なものが多くなるような気がします。

スタイルシート(CSS)で着飾った見栄えのするウェブログは多いですが、障害を持つ方から見れば、そんなの関係なし。むしろ色覚障害を持った人のことを考えたページ作りが必要かもしれません。まあ、読みやすいスタールシートに切り替えてアクセスしているのだと思いますが。

一応、アクセスしやすいページ作りを解説しているサイトはあります。それで良いというわけではなく、常に意識しながら制作することが必要となるでしょう。

…わからないことが多いのが正直なところ。

General イーグルズとイーグルス

2004年12月21日 | General | コメント (0)

Google検索結果

イーグルズ 約7,530
イーグルス 約349,000

eaglesの発音は?

そういえばタイガースもそうか。

General 「腕試し! 個人情報保護の常識度」に挑戦!

2004年11月24日 | General | コメント (0)
IT Pro プレミアム

「腕試し! 個人情報保護の常識度」に挑戦! 自信のない方は・・・

確かに常識的な問題ばかりかも。
といいつつ、満点ではなかったのですが…。

General ビル・ゲイツ会長、迷惑メールは毎日400万通近く

2004年11月23日 | General | コメント (0)
asahi.com : ネット最前線 : 朝日新聞ニュース

ビル・ゲイツ会長、迷惑メールは毎日400万通近く

ビルゲイツは、Hotmailを使っているのでしょうか? OutlookExpressを使っているのでしょうか? ウイルス対策ソフトは何を使っているのでしょうか

いろいろ疑問はわきますが、400万通届くということは、メールボックスの容量は特別に大きなものを用意しているのでしょうか。1通の迷惑メールが24kバイトだとすると96Gバイトとなります。保存せずにリアルタイムで削除しないと大変です。

General ニフティ、TTYフォーラムを2005年3月めどで全廃へ

2004年11月20日 | General | コメント (0)

すでにWebフォーラムに移行したフォーラムを多く、残ったフォーラムも書き込みが減り、自然消滅するのかなと思うくらいです。でも、その間のメンテナンスもあるので、ニフティ側から見ると早くTTYのサーバーを停止したいのでしょうね。

同様にNetnewsも書き込みが少なくなっています。新しくインターネットを始めた人はその存在すら知らない人がいるでしょう。どんどん掲示板に移行というか、情報の書き込み先が移行しているのでしょう。

GUIが一般的になって、画像付きの掲示板も多いし、ウェブログも各自スタイルシートのデザインを工夫して楽しんでいます。でも、基本はテキストで、内容が重要です。この基本は忘れてはならないと思います。

General 汚れがよく落ちる洗剤

2004年11月19日 | General | コメント (0)

未だに汚れがよく落ちる洗剤とかって宣伝しているということは、完全に汚れが落ちる洗剤が未だにないってことですよね。

よく止まるといわれるスタッドレスタイアも年々性能が上がっていて、毎年ギュッと止まるCMをやっています。

でも、以前スタッドレスタイアを買うときに言われたことですが、たとえすごく性能が上がって5%アップの制動力になったとしても、20mで止まるところが19mで止まるということで、大抵は事故が起きるときは、それ以上の、止まるのに例えば30mになるようなスピードで事故を起こす場合が多い。

コンピュータも近い将来スピードの限界が来ると言われていたのですが、未だに進化しています。

人間の限界を考えても、オリンピックでは未だに新記録がでるわけで、いつまで続くものかと思います。

General インド数字とIT産業

2004年11月14日 | General | コメント (0)

アラビア数字は、アラビアではインド数字と呼ばれています。
もともとゼロの概念を考え出したのがインド人で、それがアラビアを経てヨーロッパに入ったことからアラビア数字と呼ばれるようになったようです。

インドでは、ソフトウェア開発産業が急成長しているそうですが、数字を考え出した民族だからというより、2桁の九九と英語を駆使する国だからでしょう。

もちろんインド人の誰でも2桁のかけ算を答えられるわけではないですが、人口の多いインドですから、その人数も他の国よりもきっと多いことでしょう。

でも、アメリカ国内よりインドの企業に下請けを出す方が、コスト削減になるというのが、現実的な理由かもしれませんね。

また、インド人が数字に強いというのは、教育の成果ですから、逆に日本は今後ますます世界から取り残されていくことになるのでしょう。

General 風景の壁紙サイト

2004年11月 9日 | General | コメント (0)
壁紙plus(無料壁紙)

世界の風景写真壁紙を満載した無料壁紙サイトです

Hawaiian Wallpapers -ハワイの壁紙-

アロハ!ハワイの写真でつくった無料の壁紙DLサービスです。

PHOTO GALLERY ANN

General CCCD廃止

2004年11月 7日 | General | コメント (1)
JASRAC、CCCD廃止の流れに疑問を提示?船村徹会長ら新役員が会見 (INTERNET Watch) - goo ニュース

レコード業界では、著作権保護意識も高まり、一定の成果があったとしてコピーコントロールCD(CCCD)廃止する動き

CCCDで一定の成果があったとは思えない。
逆に売り上げが落ちたんじゃないかな?
周りでも、このCDはパソコンで聞くことができるのだろうか? など不安の声もあったし。

パソコンに取り込んで、BGMとして聞く人や他のCDと組み合わせてオリジナル編集のCD-Rを作って、車で聞くとかって使い方も結構あると思います。

むしろコピーコントロールを解除した音楽ファイルをファイル交換で入手した方が便利って逆の現象も起きたはず。

それであれば、オンラインサービスで正規でダウンロードできるサービスを広げて、例えば料金の支払いをプロバイダ経由で可能にしたり(プロバイダのサービスにする)と、簡単に利用できるようにすればいいんですけどね。

General 電車男

2004年11月 3日 | General | コメント (0)

「電車男」が話題になっているとテレビで見ました。
2ちゃんねるっていろいろなことが起きているんだなあ。

新潮社

書籍化したということですが、もともとインターネット上に書き込まれたものだから、ログがあるはず、ということで探すとありました。

男達が後ろから撃たれるスレ 衛生兵を呼べ

でも、読んでみると何か作り話のような気がしてならない。やはりそこら辺を指摘しているサイトもありました。

電車男の時刻表

やっぱりネットのことはネットで。
これほど話題なのは、韓国ドラマブームにもつながるような気がします。

General 韓国映画に感動!!

2004年10月24日 | General | コメント (1)

素朴で感動してしまうんですよね。

■猟奇的な彼女
強がりに見せている女性ほど、内面は弱かったりするんですよね。素直になっていく彼女の様子が惹かれていきます。

■ラブストーリー(クラシック)
とても美しい田園地帯の風景から始まります。最後の結末が劇的で、思わず「おーそういうことか!」ってうなってしまう。

■ラストプレゼント(贈り物)
最終的には彼女が病気で亡くなってしまう、ありがちなストーリーなのですが、素直に寄り添っていかない歯がゆさを感じます。

General ビートルズのキャピタル編集版CD化

2004年10月23日 | General | コメント (0)
MEG@ DISCs WEB ? ザ・ビートルズ'64BOX:The Beatles Capitol Albums Volume1?

1964年、世界を変えた4作品がついに初CD化!
1964年、米キャピトル・レコードはザ・ビートルズの4枚のアルバムを英国とは違った編集/ジャケットで発表(『Meet The Beatles』、『Beatles Second Album』、『Something New』、『Beatles’65』)。それぞれのアルバムは100万枚単位という空前のセールスを上げ、またUA盤『ハード・デイズ・ナイト』を加えて、52週のうち実に39週ビルボード誌アルバム・チャート1位を独占という前代未聞の記録を達成。
2004年11月、ザ・ビートルズの歴史を語るに欠かせないこの4枚のアルバムがはじめてCD化、ボックス・セットとして発売決定!1987年、英オリジナル盤がザ・ビートルズ唯一の正規盤とされたのを受け廃盤になって以来、なんと17年ぶりの復活!

イギリスオリジナルから、コンセプトを無視して編集したアルバムなので、混乱を避けるためにも廃盤にしたのに、それを復活とは…。

ただ、初期の、左に演奏、右にボーカルというステレオは懐かしく感じます。

もともとオリジナルはモノラルで発売。その後ステレオのレコードが出始めたときに、ステレオで焼き直し。録音してあるテープが、最初に演奏を録音し、あとからボーカルを録音したため、こういうステレオしか作れなかったんでしょうね。

そのうち武道館記念で日本オリジナル編集版も発売とかになるのかな。2006年6月が40周年ですもね。

デビュー30周年のときは、30年前と同じ発売日で、シングルのピクチャーレコードを発売していくという企画が進んでいたのですが、CD化の波に押され、途中でどうなったかわからなくなりました。

General 宇多田ヒカル「EXODUS」ビルボード160位

2004年10月14日 | General | コメント (3)

160位からどれくらいまで上がるのでしょうね。

ところで、当時あまり話題にならなかったし、
今でも話題にもなりませんが、ゴダイゴが
全英チャートで37位まで上がったことがあります。

REMEMBER WHEN - 29TH OCTOBER 1977

37 Godiego And Peter Mac Junior - Water Margin
I didn't watch the TV show for which it was the theme, but this was quite a nice atmospheric tune. The Godeiego version was the English version while Peter Mac Jr. peformed the Japanese version. I don't remember it as having vocals though. It only reached number 37 which also surprises me, I thought it made the top 30.

Water Marginとは、水滸伝のことで、日本人(混在?)のグループがチャートに載るのは、ゴダイゴがはじめてだそうです。
日本での西遊記のガンダーラやモンキーマジックは、翌年のヒットです。

ちなみに、国際的に活躍したゴダイゴですが、
中国で初のロックコンサートをおこなったのもゴダイゴです。
当然、日本人ロックグループでも初めてのことです。


その他、ビルボードにチャートインした曲は、
1963年 4週連続1位 坂本九 SUKIYAKI(上を向いて歩こう)
1963年 58位 坂本九 China Nights(支那の夜)
1979年 37位 ピンク・レディー KISS IN THE DARK
1980年 60位 YMO Computer Games R&Bチャート18位
1981年 81位 横倉裕 Love Light R&Bチャート61位
1990年 54位 松田聖子&ドニー・ウォールバーグ Right Combination
などがあるそうです。

General Hondaギャラリー

2004年10月13日 | General | コメント (0)
Hondaギャラリー

先日プロジェクトXでも、ホンダF1の挑戦が紹介されていました。バイクメーカーがいきなりF1へ参戦し、車のメーカーとしても、参入していくというものでした。

General Google AdSense

2004年9月24日 | General | コメント (0)
Google AdSense

Google AdSense では、ユーザーがお客様のサイトを利用しやすくなり、お客様の広告収入が増えるよう、さまざまなサービスを提供しています。コンテンツ ページにターゲットを絞った広告を掲載するだけでなく、Google 検索ボックスも追加して、検索結果ページにもターゲットを絞った広告を掲載できます。ユーザーが広告をクリックすると、Google によってお客様へお支払いが行われます。


広告収入は、そんなに期待できるとは思いませんが、このGoogle AdSenceを設置するとGoogleがサイトを見に来てくれるので、検索されやすくなるというメリットがあるらしいです。

このサイトにも貼ってみたのですが、なにかブロックされているみたいで、正常に表示できませんでした。
そもそも独自の広告は禁止ですが。

General 冬ソナ

2004年9月23日 | General | コメント (0)

多数の要望が寄せられていた「冬ソナ・ノーカット版」(全20話)を紅白直前の12月20?30日に、衛星第2で11夜連続(後10・00)で放送することも発表。音声は韓国語で、日本語字幕を付ける。

General 「教えて君」、がんばって!

2004年8月18日 | General | コメント (0)

「教えて君」とは…
掲示板やメーリングリスト等で、「教えてください」等のタイトルで、
既出のことや初歩的なことを質問してくる人をさします。

■[特徴1]初心者・素人を強調する
自分はわからないということを強調したい。

答える側は、やはり専門用語を使って、簡潔に答えたいが、
「教えて君」は、専門用語がわからないので、脳みそが混乱してしまう。
「教えて君」にとっては、日本語のようで、日本語じゃないんですよね。

ズバリという回答やURLを示しても、それを無視して質問を繰り返す人もいます。
すべて「初心者・素人」という言葉で許されると思っています。

■[特徴2]環境や詳細を書かない
一言「インターネットにつながらない。どうしたらよいか」などと
答える側も困ってしまう内容です。

何を書いたら解決の糸口になるかがわからない。当然です。初心者ですから。
だから、まず最初に困っていることを書くんです。
そうすれば、誰か優しい人が教えてくれると考えているのです。
(そして、誰か優しい人が教えてあげる…)

再度、環境や詳細を逆質問されても、それらを調べるのは大変な作業になります。
CPUやメモリ量、ハードディスクは?…
これらを把握していれば、初心者ではないです。

■[特徴3]日本語がわかりづらい
主語と述語があっていなかったり、とにかくわかりづらい日本語だったりします。
でも、留学生や小中学生の可能性もあります。あまり冷たくできません。

そのわりに「HP」や「ハード」などの略語を使います。
「HP」はヒューレットパッカードという会社名の略、
「ハード」はハードウェアの略です。
決して、ホームページやハードディスクの略ではありません。

まあ、がんばって専門用語を使おうとしているのだから、応援してあげましょう。

■[特徴4]最近既出のことを質問してくる
過去ログは見ていません。同じ質問が前後に並んでいたりすることもあります。
まあ、過去ログを見ても、そのタイトルが「教えてください」だったりする。

過去ログからの検索機能があっても、その使い方がわかれば、
GoogleやYahoo!などの検索サイトを利用しているはずですよ。

書いてある場所や検索キーワードなどを教えてあげたら、
「教えて君」のレベルも上がると思います。
それが本当の親切ってものかもしれません。

■[特徴5]お礼がない
苦労して教えても、「ありがとう」の一言もない。
解決したのかどうかが心配になってきます。

でも、以前は無駄なトラフィックをかけないという理由で、
お礼だけの書き込みはしないのがマナーでした。(10年前くらい?)
そのなごりだと思えば…?

「便りがないのは良い便り」ってことかな。

■[特徴6]非常に焦っている
仕事に支障があるということで、回答を急いでいるというパターンも多いです。
あるいは、初めてトラブルにあい、気が動転しているのかもしれません。

1時間しか経っていないのに、同じ質問を投稿したりします。
「教えて君」の中では、その1時間がとてつもなく長く感じるのでしょう。

一度経験すると少しは落ち着いて対処するのでしょうが、
インターネットが急速に普及した現在、次々と「教えて君」が出現するのです。

マイクロソフトが運営している「答えてねっと」とかを勧めるのもいいかもしれません。

答えてねっと

でもね、誰でも最初からいろいろなことを知っているわけではないのですよ。
それに上には上がいるってこともあるし、早とちりだってあるし…。
「教えて君」の上級者を目指してがんばろう!!

参考ページ

「教えて君 と 知ったか君」 の巻

教えて君対応例

General ウェッブページ・ウェッブサイト・ウェッブログ

2004年8月12日 | General | コメント (0)

なぜか雑誌やテレビでは、「ウェッブサイト」と表記したり、
そう発音することがあり、気になる。

Webという単語からはそんな発音になるとは思えないが、
外来語は経由するルートで、必ずしも英語からとは限らないので、
「ウェッブ」に近い発音の言語があるのかもしれない。

Virusがウイルスと表記するのと同じなのかな。

まあ、ホームページという誤用が減ってきたのはいい傾向かも。

相変わらず、新聞のコンピュータ関連の記事は、
記者が理解しておらず、とんちんかんな内容であるが…。
新聞記者の専門分野の無知は、仕方がないか。

コンピュータ関連 滑稽な間違いコーナー