Linux 自宅サーバー2017

2017年2月 5日 | Linux | コメント (0)

何代目かの自宅サーバー。初めてLinuxの自宅サーバーを構築したのは、2000年。3GBのハードディスクでした。

今回は、自宅で余っている使い古しではなく、中古品を購入。Dual-Core i5で、ハードディスクも500GBです。容量は後日増量予定。Windows7が入っていたモデル。決して最新ではありませんが、Celeronで動いている現行サーバーと比べれば、格段の進化です。なお、この機種のWindowsのライセンスは、VirtualBox内にWindows7をインストールして使うことにしました(認証が通りました)。

自宅サーバーでは、ファイルサーバーはもちろん、自宅内ウェブサーバー、レンタルサーバーの定期的なバックアップ、レンタルサーバーのアクセスログの解析、DHCPサーバー、DNSキャッシュサーバーやタイムサーバーなど多目的。レンタルサーバーのcronが1時間おきなので、それを補完する信号を送ったりします。24時間365日稼働しているので、最近の省電力のマシーンはとてもいいですね。

最近、ownCloud(Nextcloud)というものを知りました。特定のフォルダのファイルを同期するDropboxというものがありますが、それを自分で構築するサーバーです。現在、私のDropboxは12GBで、大変重宝しています。わりと使うファイルを放り込んで職場に置きっぱなしのノートパソコンと同期させています。

ownCloudの導入は、複数端末の同期ではなく、バックアップ目的。TimeMachineも動かしていますが、いざという時にエラーが出て使えないというエピソードを聞きます。自宅内でDropboxのようにサーバーと同期していれば、ほぼリアルタイムのバックアップになるだろうというわけです。容量も無料のDropboxとは比較になりません。インターネットに繋いで、外部から必要なときに自宅のファイルをダウンロードするという使い方もできますが、とりあえず現段階ではそこまでは考えていません。

ownCloudの創業者がNextcloudを立ち上げ、人材を引き抜いたということで、今後は、Nextcloudが主流になるのかもしれません。今のところ構築するにはownCloudの情報が多いので、とりあえownCloudを構築しました。新しく構築したLinuxサーバーのCentOS7もyumでインストールできます。端末のアプリは、どちらも使えるようです。

Linux 自宅のDNSキャッシュサーバーの速度測定

2016年10月 2日 | Linux | コメント (0)

自宅内のLinuxサーバーにDNSキャッシュサーバーのunboundをインストール。インターネットの速度は、回線の速度も大切ですが、反応が悪いと遅く感じます。DNSサーバーの設定で、体感スピードが変わります。

今回は、Googleで公開しているnamebenchというものを使用して、速度を測ってみようと思います。

namebench - Google Code Archive

比較したいDNSサーバーのIPアドレスをカンマ区切りで指定。そして[Start]をクリックして、しばらく待ちます。
screenshot_jt273.png

結果はブラウザで表示されます。
screenshot_jt272.png

おすすめの設定なども表示されます。ただし、何度か実行すると、時間帯や微妙なタイミングでそのたびに違う結果が出るようで、まあまあの結果ならOKという感じでしょう。あるいは結果を見ながらunboudの設定をするとより速度が出ます。

私の環境では、速いといわれるGoogleのDNSよりも、プロバイダが用意しているものやNTTなどの国内のDNSサーバーのほうが速いです。

【関連記事】
[E] 自宅サーバーで広告ブロック

Linux UnboundをMRTGでモニタリングする

2015年9月12日 | Linux | コメント (0)

UnboundをMRTGでモニタリングします。

「unbound-control stats」を実行すると
total.num.queries=24154
total.num.cachehits=3662
total.num.cachemiss=20492
と状態を表示することができます。


ここからデータを取得します。ただし「unbound-control stats」を実行すると情報がリセットされるので、クエリー数の取得時には「unbound-control stats_noreset」を実行します。また、awkの区切り文字を「=」にするために「awk -F"="」というオプションをつけています。

# vi /root/mrtg/unbound.sh
#/bin/sh
/usr/sbin/unbound-control stats_noreset | grep total.num.queries | awk -F"=" '{print $2}'
/usr/sbin/unbound-control stats | grep total.num.cachemiss | awk -F"=" '{print $2}'
echo
echo


あとは、MRTGの設定ファイルをいじるだけ。

# vi /etc/mrtg/mrtg.cfg
### Unbound Server monitor ###
Target[unbound]: `/root/mrtg/unbound.sh`
MaxBytes[unbound]: 32000
Title[unbound]: Unbound Server monitor
PageTop[unbound]: <h1>Unbound Server monitor</h1>
Options[unbound]: growright,absolute,gauge,nopercent,noinfo
YLegend[unbound]: Qs per Minute
ShortLegend[unbound]: queries/m
LegendI[unbound]:  Queries: 
LegendO[unbound]:  Failures: 
Legend1[unbound]: Queries received over 1 minute
Legend2[unbound]: Failed Queries received over 1 minute

Linux 自宅サーバーで広告ブロック

2015年9月 5日 | Linux | コメント (0)

自宅内ネットワークで、広告ブロックをする。
LinuxサーバーにUnboundをインストールし、DNSキャッシュをしながら、不要なアクセスをブロックしていきます。
自宅には、Linuxサーバーが2台あり、もうひとつはBINDで名前解決しています。クエリーログをすることで、どんなアクセスがあるのかを見ることにしました。

(1) BINDにロギング /etc/named.conf
logging {

};

で囲まれた中に、

channel "queries-log" {
    file "/var/named/log/queries.log" versions 3 size 5M;
    severity info;
    print-time yes;
    print-severity yes;
    print-category yes;
};
category queries { "queries-log"; };

を挿入。

(2) 名前解決のキャッシュサーバーであるUnboundをインストール

/etc/unbound/unbound.conf
forward-zone:
    name: "."
    forward-addr: 192.168.0.224 ← DNSサーバーがある場所

server:
interface: 0.0.0.0
access-control: 192.168.0.0/16 allow
do-ip6: no

include: /etc/unbound/local.d/*.conf
include: /etc/unbound/conf.d/*.conf

(3) ログやネット情報をもとにブロックするURLを記述

/etc/unbound/local.d/block-example.com.conf
local-data: "ad1.nend.net A 127.0.0.1"
local-data: "ad.feedtailor.jp A 127.0.0.1"
local-data: "spad.i-mobile.co.jp A 127.0.0.1"
local-data: "ads.flurry.com A 127.0.0.1"

(4) 各端末のDNSサーバーを変更
DHCPで指定しているなら、DHCPでの設定。DNSサーバーをUnboundがあるサーバーを指定すると、ネットワーク内の広告がブロックされます。これでマックであろうが、iPhone、iPadも根本で広告ブロックをすることができます。

Linux mrtgでbindのクエリー推移を出力

2015年2月 8日 | Linux | コメント (0)

mrtgでbindのクエリー数の推移を表示する方法は、いくつかのサイトで見ることができます。

例えば → 実用 BIND 9で作るDNSサーバ(10):BIND 9の運用情報収集と分析方法 (2/2) - @IT

rndcコマンドで「rndc stats」としたときのsuccessとfailureをdnsstats.plを使って、グラフ化するものです。

CentOS5だとこの方法が使えるのですが、CentOS6はいつまでも0です。CentOS 5.11のBINDのバージョンが9.3.6、CentOS 6.6のBINDのバージョンが9.8.2です。どうやらBINDのバージョンが9.6移行の「rndc stats」の出力形式が異なるのが原因のようです。前のバージョンと同じ形式の出力にするために、いろいろ調べてみたのですが、設定ファイルの編集などでは対応できないようです。

BIND9.3.6の出力が

+++ Statistics Dump +++ (1423322807)
success 16524
referral 1
nxrrset 1690
nxdomain 3420
recursion 13345
failure 311
--- Statistics Dump --- (1423322807)

BIND9.8.2の出力が

+++ Statistics Dump +++ (1423221603)
++ Incoming Requests ++
                2382 QUERY
++ Incoming Queries ++
                 567 A
                1783 PTR
                   8 TXT
                  24 AAAA
++ Outgoing Queries ++
[View: default]
                1190 A
                  68 NS
                 352 PTR
                   8 TXT
                  28 AAAA
[View: _bind]
++ Name Server Statistics ++
                2382 IPv4 requests received
                2358 responses sent
                2170 queries resulted in successful answer
                  88 queries resulted in authoritative answer
                2177 queries resulted in non authoritative answer
                   6 queries resulted in nxrrset
                  93 queries resulted in SERVFAIL
                  89 queries resulted in NXDOMAIN
                 559 queries caused recursion
                  24 duplicate queries received

と続いています。

そこで、下のサイトにあるbind96-stats-parse.plを利用します。
Monitoring BIND9 | packetmischief.ca

bind96-stats-parse.plを/root/mrtg/に置いたとします。

dnsstats.plの$newstatfileをこのあと変換するファイルを指定します。

my $newstatfile = "/root/mrtg/named_stats.txt";

system("$rndc", "stats");
の後ろに

system("/root/mrtg/bind96-stats-parse.pl < /var/named/data/named_stats.txt > /root/mrtg/named_stats.txt");

と追記します。

if (($foundsuccess == 0) && ($line =~ /^success (\d+)/)) {

if (($foundsuccess == 0) && ($line =~ /^name_server_statistics:queries_resulted_in_successful_answer=(\d+)/)) {

と変更。

if (($foundfailure == 0) && ($line =~ /^failure (\d+)/)) {

if (($foundfailure == 0) && ($line =~ /^name_server_statistics:queries_resulted_in_servfail=(\d+)/)) {

と変更。

このdnsstats.plを/etc/mrtg/mrtg.cfgに記述します。

### DNS Server monitor ###
Target[dns-server]: `/root/mrtg/dnsstats.pl`
Title[dns-server]: DNS Server monitor
PageTop[dns-server]: <H1>DNS Server monitor</H1>
Options[dns-server]: growright,noinfo,nopercent,unknaszero,perminute
#RouterUptime[dns-server]: public@192.168.0.1
MaxBytes[dns-server]: 32000
AbsMax[dns-server]: 64000
RRDRowCount[dns-server]: 3200
Colours[dns-server]: YELLOW #F9C000,RED #F90000,LIGHT YELLOW #FFFFBB,LIGHT RED #FF8080
ShortLegend[dns-server]:queries/m
YLegend[dns-server]: Qs per Minute
Legend1[dns-server]: Queries received over 1 minute
Legend2[dns-server]: Failed Queries received over 1 minute
Legend3[dns-server]: Maximal Queries over 5 minutes
Legend4[dns-server]: Maximal Failed Queries over 5 minutes
LegendI[dns-server]: &nbsp;Queries:&nbsp;
LegendO[dns-server]: &nbsp;Failures:&nbsp;

以上の設定で、無事にグラフの出力ができました。

Linux Perlのアップデートで、MRTGがエラー

2013年12月 3日 | Linux | コメント (0)

CentOS 5.9のPerlをアップデートしたら、MRTGでエラーが出るようになってしまった。

Subroutine SNMP_Session::pack_sockaddr_in6 redefined at /usr/lib/perl5/5.8.8/Exporter.pm line 66.
at /usr/bin/../lib/mrtg2/SNMP_Session.pm line 140.
Subroutine SNMP_Session::unpack_sockaddr_in6 redefined at /usr/lib/perl5/5.8.8/Exporter.pm line 66.
at /usr/bin/../lib/mrtg2/SNMP_Session.pm line 140.
Subroutine SNMP_Session::sockaddr_in6 redefined at /usr/lib/perl5/5.8.8/Exporter.pm line 66.
at /usr/bin/../lib/mrtg2/SNMP_Session.pm line 140.
Subroutine SNMPv1_Session::pack_sockaddr_in6 redefined at /usr/lib/perl5/5.8.8/Exporter.pm line 66.
at /usr/bin/../lib/mrtg2/SNMP_Session.pm line 594.
Subroutine SNMPv1_Session::unpack_sockaddr_in6 redefined at /usr/lib/perl5/5.8.8/Exporter.pm line 66.
at /usr/bin/../lib/mrtg2/SNMP_Session.pm line 594.
Subroutine SNMPv1_Session::sockaddr_in6 redefined at /usr/lib/perl5/5.8.8/Exporter.pm line 66.
at /usr/bin/../lib/mrtg2/SNMP_Session.pm line 594.
これが5分毎に昼も夜も続く。

解決策は、英語のページに。
https://odesk.by/archives/1169

/usr/bin/mrtgと/usr/lib/mrtg2/SNMP_Session.pmの

import Socket6;

Socket6->import(qw(inet_pton getaddrinfo));
に置換。

Linux Dropboxをchkconfigで登録

2012年4月17日 | Linux | コメント (0)

ここから登録すると500MBのボーナス容量がもらえます。

前回の記事『[E] DropboxをLinuxサーバーで』の続き。

Dropboxの同期を別のコンピュータに任せてしまうのは、とても快適。ただし、再起動後に再びDropboxを同期させるためのユーザーになって、Dropboxを起動するのは面倒。自動的に起動させたい。

参考になったのは、こちら → Ian Winter » Blog Archive » CentOS and Dropbox

# vi /etc/init.d/dropbox

# chkconfig: 345 85 15
# description: Startup script for dropbox daemon
#
# processname: dropboxd
# pidfile: /var/run/dropbox.pid
# config: /etc/sysconfig/dropbox
#
 
### BEGIN INIT INFO
# Provides: dropboxd
# Required-Start: $local_fs $network $syslog
# Required-Stop: $local_fs $syslog
# Should-Start: $syslog
# Should-Stop: $network $syslog
# Default-Start: 2 3 4 5
# Default-Stop: 0 1 6
# Short-Description: Start up the Dropbox file syncing daemon
# Description:       Dropbox is a filesyncing sevice provided by dropbox.com
#                    This service starts up the dropbox daemon.
### END INIT INFO
 
# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions
 
# To configure, add line with DROPBOX_USERS="user1 user2" to /etc/sysconfig/dropbox
# Probably should use a dropbox group in /etc/groups instead.
 
[ -f /etc/sysconfig/dropbox ] && . /etc/sysconfig/dropbox
prog=dropboxd
lockfile=${LOCKFILE-/var/lock/subsys/$prog}
config=${CONFIG-/etc/sysconfig/dropbox}
RETVAL=0
 
start() {
    echo -n $"Starting $prog"
    if [ -z $DROPBOX_USERS ] ; then
        echo -n ": unconfigured: $config"
        echo_failure
        echo
        rm -f ${lockfile} ${pidfile}
        RETURN=6
        return $RETVAL
    fi
    for dbuser in $DROPBOX_USERS; do
        daemon --user $dbuser /bin/sh -c "/home/$dbuser/.dropbox-dist/dropboxd&"
    done
    RETVAL=$?
    echo
    [ $RETVAL = 0 ] && touch ${lockfile}
    return $RETVAL
}
 
status() {
    for dbuser in $DROPBOX_USERS; do
        dbpid=`pgrep -u $dbuser dropbox | grep -v grep`
        if [ -z $dbpid ] ; then
            echo "dropboxd for USER $dbuser: not running."
        else
            echo "dropboxd for USER $dbuser: running (pid $dbpid)"
        fi
    done
}
 
stop() {
    echo -n $"Stopping $prog"
    for dbuser in $DROPBOX_USERS; do
        killproc /home/$dbuser/.dropbox-dist/dropbox
    done
    RETVAL=$?
    echo
    [ $RETVAL = 0 ] && rm -f ${lockfile} ${pidfile}
}
 
# See how we were called.
case "$1" in
    start)
        start
        ;;
    status)
        status
        ;;
    stop)
        stop
        ;;
    restart)
        stop
        start
        ;;
    *)
        echo $"Usage: $prog {start|status|stop|restart}"
        RETVAL=3
esac
exit $RETVAL

# chmod 755 /etc/init.d/dropbox

# vi /etc/sysconfig/dropbox

DROPBOX_USERS="dropbox"

# chkconfig dropbox on

Linux DropboxをLinuxサーバーで

2012年3月 5日 | Linux | コメント (0)

ここから登録すると500MBのボーナス容量がもらえます。

Dropboxの同期に、クライアント機のCPUを使うのはもったいない。自宅サーバーで同期をおこない、クライアント機からは、共有フォルダとしてアクセスすることをやってみた。

まず自宅サーバーで、dropboxというユーザーを作る。
# adduser dropbox
# passwd dropbox

dropboxユーザーになって、Dropboxをインストール。
# su dropbox
$ cd ~
$ cd ~ && wget -O - http://www.dropbox.com/download?plat=lnx.x86 | tar xzf -
$ ~/.dropbox-dist/dropboxd &
$ exit

これをsambaで共有

# vi /etc/samba/smb.conf

[Dropbox]
        comment = Dropbox Folder
        path = /home/dropbox/Dropbox
        force user = dropbox
        read only = No

# /etc/init.d/smb restart

Linux 起動しなくなったLinuxから救済

2012年3月 1日 | Linux | コメント (0)

CentOS5で運用していたLinuxサーバーが起動しなくなったのですが、そこには大切なメモがありました。サーバーとしては、すぐに別のハードディスクを接続し、インストールし直し運用しているのですが、動かなくなったディスクはLVMなので、マウントするにはクセがある。

まず、USBで接続。最初に電源を入れてから、USBコネクタをささないと認識しない。

Volumeグループを表示させる。

# vgdisplay
--- Volume group ---
VG Name VolGroup00
System ID
Format lvm2
Metadata Areas 1
Metadata Sequence No 3
VG Access read/write
VG Status resizable
MAX LV 0
Cur LV 2
Open LV 0
Max PV 0
Cur PV 1
Act PV 1
VG Size 74.38 GB
PE Size 32.00 MB
Total PE 2380
Alloc PE / Size 2380 / 74.38 GB
Free PE / Size 0 / 0
VG UUID VqbDwe-4gp8-YEbu-YMk7-eSY0-80Ty-hOXAkm

--- Volume group ---
VG Name VolGroup00
System ID
Format lvm2
Metadata Areas 1
Metadata Sequence No 3
VG Access read/write
VG Status resizable
MAX LV 0
Cur LV 2
Open LV 2
Max PV 0
Cur PV 1
Act PV 1
VG Size 74.41 GB
PE Size 32.00 MB
Total PE 2381
Alloc PE / Size 2381 / 74.41 GB
Free PE / Size 0 / 0
VG UUID WXtHZp-OoBY-tTrA-eQwF-tc3p-8pWm-8TccQn


どっちだかわからなさそうですが、Open LVに違いがあります。最初のは0で、下のは2です。オープンしていない方が外付けUSB経由のVolumeグループのようです。

VG UUIDを使い、VolGrpOldとリネームします。
# vgrename VqbDwe-4gp8-YEbu-YMk7-eSY0-80Ty-hOXAkm VolGrpOld

これを任意の場所にマウント。
# mount /dev/VolGrpOld/LogVol00 /mnt/usb

これでファイルにアクセス可能となりました。

Linux Androidのインテント

2012年2月26日 | Linux | コメント (0)

iPhoneに似たスマホ程度の存在といわれるAndroidですが、iPhoneにできないこともいくつかあります。日本語入力の入れ替え、ホーム画面の入れ替えなど、自由度の高さ。

最近気づいたのは、OSの設定画面で音声入力があること。つまりOSレベルで音声入力をサポートしているということ。これはiPhoneにはないです。

iPhoneとAndroidの両方に共通するアプリでも、Android版には音声入力があったりします。iPhoneにもGoogleからリリースされているものなどには、音声入力がサポートされているものもありますが、自前での実装でしょう。

音声入力だけでなく、こうしたデータのバケツリレーをするしくみをインテントというらしく、Androidの特長ともなっているようです。

Linux アンドロイドタブレット

2012年2月17日 | Linux | コメント (1)

アンドロイドタブレットを使い始めています。

大きな画面でなかなかいいのですが、使っていて、どことなくパソコンでいう、Windowsやマックに対するLinuxのような使用感。

メール送信の安定感、フリック入力の対応の低さなど、完成度が今ひとつ。まあ、中身はLinuxだもね。

root化して、フォントを入れ替え、アプリを入れながらiPhoneと似た環境を作ってみましたが、クラウドとの連携で、マックとiPhoneとの親密さは再現できず。

WiMAXのキャンペーンで980円で入手したものなので、使用目的を定めていないのも評価が低い原因かもしれません。もう少しいじってみないと見えていないのかも。

Linux ソフトバンクのメールをバックアップ

2011年9月21日 | Linux | コメント (0)

ソフトバンクのメールを転送では、fetchallにすると全部転送されるし、未読のみにすると、iPhoneで既読にしてしまうと転送されない。

そこで、
@i.softbank.jp のメールを Gmail に転送する - ブログ
のスクリプトを実行してみたのですが、反応なし。

先ほど、再挑戦。CentOSのPHPはIMAPの機能はなかったので、
yum install php-imap
を実行。うまく動作するようになりました。

リアルタイムの転送でないのが残念ですが、現段階ではOKとします。

Linux ソフトバンクのメールを転送

2011年5月 8日 | Linux | コメント (0)

ソフトバンクのメールアドレス(i.softbank.jp)は、IMAPを使っていて、パソコンでも送受信ができます。しかし、iPhoneで滅多に来ないソフトバンクのメールアドレスのためにアカウントを設定しておくのももったいない。そこで、自宅のLinuxサーバーで転送させることにし、iPhoneからは設定を削除することに。

普段使っているユーザーとは別に、転送用のユーザーを作成し、fetchmailとprocmailを動作させ、自動転送です。OSはCentOS 5.6です。

$ vi .fetchmailrc
set daemon 300
set nobouncemail

defaults
protocol pop3
uidl
keep
no mimedecode
mda "/usr/bin/procmail"

poll imap.softbank.jp
protocol imap
port 993
user "ユーザー名"
password "パスワード"
# flush
ssl

$ vi .procmailrc
PATH=/bin:/usr/bin:/usr/local/bin
MAILDIR=$HOME/Maildir
DEFAULT=$MAILDIR/
LOGFILE=$HOME/procmail.log
LOCKFILE=$HOME/.lockmail

:0 c
! 転送先メールアドレス

【追記(2011/07/11)】
既読メールが転送されない。
.fetchmailrcの中に
fetchall
を追加して解決。

【追記】
fetchするたびに全部を取得しようとする。失敗。
どうすればいいんだ。

【追記(2011/09/21)】
転送はあきらめ、Gmailへのバックアップにしました。
[E] ソフトバンクのメールをバックアップ

Linux タイムサーバーの見直し

2011年3月30日 | Linux | コメント (0)

大震災の影響で、電波時計が役に立ちません。正確な時を刻むのは、インターネットのタイムサーバーかもしれません。つまりパソコンの時計です。

今まで設定が書かれているサイトのタイムサーバーを適当に書き込んでいたのですが、推奨公開サーバーの一覧を見つけたので、こちらを参考に書き換えてみました。

近い方がいいわけではなく、うちから近い北海道大学のタイムサーバーは案外反応が速いわけではありません。MFEEDやNICTなどのほうが2倍速い感じです。

NTP/推奨公開サーバ - wiki@nothing

Linux CentOSのyumエラー

2011年3月20日 | Linux | コメント (0)

しばらくyumがアップデートなし。
Existing lock /var/run/yum.pid: another copy is running. Aborting.
ロックするファイルか何かで、実行されないらしい。
これは再起動で解決。

次に
Error: python-devel conflicts with python < 2.3.4-14.9.el4
コンフリクトしています。
一度、yum remove python-devel
をしてから、再度アップデートで解決。

Linux PXEでネットインストール

2011年1月29日 | Linux | コメント (0)

USB起動ができず、CDドライブの調子も悪い。
そんな一昔前のパソコンにUbuntuをインストールしたい。

自宅サーバーはCentOS 5.5で、クライアント機にはUbuntu 10.10をインストールしようと思います。

【サーバー側の作業】
●tftpとdhcpをインストールします。
# yum install tftp-server dhcp

●tftpを有効にします。
# vi /etc/xinetd.d/tftp
disable = yes を
disable = no に変更

# /etc/init.d/xinetd restart

●dhcpの設定を編集します。
# vi /etc/dhcpd.conf
filename "/pxelinux.0";
という行を追加

# /etc/init.d/dhcpd start
# chkconfig dhcpd on

※ルーター側のDHCP機能を無効にします。

●ネットブートのファイルを配置します。
# cd /tftpboot
# wget ftp://ftp.riken.go.jp/Linux/ubuntu/dists/natty/main/installer-i386/current/images/netboot/netboot.tar.gz
# tar zxvf netboot.tar.gz

/tftpboot/pxelinux.cfg/defaultの内容は下記のようになっています。
# D-I config version 2.0
include ubuntu-installer/i386/boot-screens/menu.cfg
default ubuntu-installer/i386/boot-screens/vesamenu.c32
prompt 0
timeout 0

ここに書かれたパスを編集したくなかったので、/tftpbootの直下にファイルを展開しました。

【クライアント側の作業】
他のPXE利用のインストールを開設したサイトでは、インストール用のDVDやCDをマウントして共有する設定が解説されているのですが、ここでは、ブートだけして、ネットインストールするので、DVDやCDのイメージのダウンロードはしませんでした。

クライアント機のBIOSで、ネットブートを有効にして、ネットブートさせれば、インストーラーが起動します。あとは通常のインストールの作業をします。

ネットブート用のURLやファイルパスの設定は自動取得するので、非常に楽でした。

Linux Netatalkのエラー

2010年8月19日 | Linux | コメント (0)

Netatalkを導入したのですが、ログに
volume "BackUp" does not support Extended Attributes, using ea:ad instead
というものが残っています。

ファイルシステムで拡張属性(EA)を有効にする必要があるということですが、ea:autoではダメのようです。ファイルのコピーや移動で、エラーが出ていました。

vi /etc/fstabで、
/dev/sda1 /home/samba/sata_hdd ext3 defaults,acl,user_xattr 1 2
とuser_xattrを入れないとダメだったようです。

結果、ファイルのコピーや移動でのエラーはなくなり、動作も機敏になった気がします。

【関連記事】
[E] LinuxサーバーをTime Machine対応に(実践編)

Linux LinuxサーバーをTime Machine対応に(実践編)

2010年6月26日 | Linux | コメント (0)

LinuxサーバーをTime Machine対応にするためにnetatalkをインストール。
avahiは、CentOS5にはインストール済みだったので、BerkeleyDBのインストール後にnetatalkをインストールしました。

参考にしたサイト
Netatalk and Samba
CentOS 5.5にnetatalk 2.1をインストール - NAGARA's micro blog
CentOS 5でAFPを使ってファイル共有を行うには « notohirog
ASCII.jp:バックアップを別のハードディスクに引き継げる?|ビギナー必見!【OS Xクイズ】

■BerkeleyDBをインストール
tar zxvf db-4.8.30.tar.gz
cd db-4.8.30
cd build_unix
../dist/configure
make
make install

■netatalkをインストール
tar zxvf netatalk-2.1.2.tar.gz
cd netatalk-2.1.2
./configure \
--with-pkgconfdir=/etc/netatalk \
--enable-redhat \
--with-pam \
--enable-srvloc \
--with-bdb=/usr/local/BerkeleyDB.4.8
make
make install

「--with-pkgconfdir=/etc/netatalk」を使って、設定ファイルを/etcの下におく。

■/etc/netatalk/AppleVolumes.default

:DEFAULT: options:upriv cnidscheme:dbd maccharset:MAC_JAPANESE volcharset:UTF8 dperm:0775 fperm:0664 veto:/lost+found/

/home/samba/BackUp "BackUp" options:tm volsizelimit:500000

options:tmというのがタイムマシーン対応にするオプション

■/etc/netatalk/afpd.conf

"Time Machine" -tcp -noddp -uamlist uams_guest.so,uams_clrtxt.so,uams_dhx.so -ma
ccodepage MAC_JAPANESE -unixcodepage UTF-8

■/etc/netatalk/netatalk.conf
ATALK_MAC_CHARSET='MAC_JAPANESE'
ATALK_UNIX_CHARSET='UTF8'

ATALKD_RUN=no
PAPD_RUN=no
TIMELORD_RUN=no
A2BOOT_RUN=no
CNID_METAD_RUN=yes
AFPD_RUN=yes

■/etc/avahi/services/afpd.service
<?xml version="1.0" standalone='no'?>
<!DOCTYPE service-group SYSTEM "avahi-service.dtd">
<service-group>
<name replace-wildcards="yes">%h</name>
<service>
<type>_afpovertcp._tcp</type>
<port>548</port>
</service>
</service-group>

■再起動させる
service avahi-daemon restart
service netatalk start

Linux カーネルのアップデートで容量不足

2010年1月11日 | Linux | コメント (0)

yum updateをしようとすると

error: unpacking of archive failed on file /boot/System.map-2.6.9-89.0.19.EL;4b4aeef8: cpio: write
というエラーがでるようになってしまいました。

カーネルの過去ファイルで/bootディレクトリの容量不足になったようです。

yum-utilsをインストール
# yum install yum-utils

過去のカーネルを削除
# package-cleanup --oldkernels

【参照サイト】
CentOS /bootのディスク容量が・・・

Linux ChromeOSを試してみた

2009年11月22日 | Linux | コメント (0)

VirtualBoxから起動。
わずかな時間でログイン画面になります。Googleアカウントでログインします。
screenshot_68.png
GoogleChrome専用OSといった感じで、Chromeが動いていればChromeOSでなくてもよく、低性能のコンピュータ以外でのメリットがないような気がします。

とりあえず、起動後は日本語の表示もOKですが、apt-getが動作しないので、それ以上何もできません。

Linux Chrome for Linux(64bit)

2009年11月20日 | Linux | コメント (0)

Fedora 12(64bit)にGoogle Chromeをインストール。

vi /etc/yum.repos.d/chromium.repo
を実行します。

[chromium]
name=Chromium Test Packages
baseurl=http://spot.fedorapeople.org/chromium/F$releasever/
enabled=1
gpgcheck=0

あとは、yumでインストールを実行。
# yum install chromium

Linux Fedora10 on VirtualBox

2009年1月15日 | Linux | コメント (0)

VirtualBoxって、VirtualPCのようにシームレスに動く仕掛けが用意されています。

最初、画面の解像度が800x600になっていて、どうしようかと思っていたのですが、これも解決します。

VBoxGuestAdditions.isoをマウントし、

コンソールを開いて

(1) 管理者権限になり
su -l

(2) 必要なものをインストール
yum install gcc make patch kernel-devel gcc-c++

(3) CDに移動して
./VBoxLinuxAdditions-x86.run

コンパイルとインストールを自動でするようです。
リブートしたらできあがり。

Linux Windows Live HotmailとGetlive

2008年12月25日 | Linux | コメント (0)

Getliveでエラーが出ていたので、その対策。
CVSで最新版にして出るエラーに対してです。

【エラーメッセージ】
GetLive died with message: 'Could not log in. Maybe structure has changes or was not foreseen.
at /home/xxx/GetLive/GetLive.pl line 720.

【対策】
一度ウェブ上からアクセスする

【エラーメッセージ】
GetLive died with message: 'Could not correctly parse the messages table.
at /home/xxx/GetLive/GetLive.pl line 1060.

【対策】
設定ファイルに
Mode=200810
を加える

【関連記事】
[E] Windows Live Hotmailを任意のアドレスへ転送する

Linux Namazuのファイル名文字化け対策

2008年8月26日 | Linux | コメント (0)

Namazuでファイル名が文字化けする場合の対策です。NamazuはEUC-JPで動作していますが、ファイルシステムにUTF-8を利用している場合、検索結果のファイル名は文字化けします。そこで、php-namazuを利用することで、簡単に文字化け対策をしようと思います。

まず、PHPでNamazuを利用するために、PHPのモジュールを組み込みます。

(1) php-namazuをダウンロードします。
http://sourceforge.jp/projects/php-i18n/

(2) 解凍→コンパイル→インストール
tar xzvf namazu-2.3.1.tgz
cd namazu-2.3.1
phpize
./configure --with-namazu
make install

(3) サンプルとなるソースコードを入手
http://park1.wakwak.com/~ima/php_namazu.html

(4) 上記ソースから文字化け対策の修正
コメントアウトされている次の行を探します。
//HTMLタグの除去
//$sTitle = strip_tags($sTitle);
//$sDate = strip_tags($sDate);
//$sContent = strip_tags($sContent);

上記の3行の下にエンコーディングするための1行を加えます。
$sTitle = mb_convert_encoding($sTitle,"EUC-JP","UTF-8");

日付をカスタマイズする場合は、次のような1行を加えます。
$sDate = date("Y-m-d",strtotime($sDate));

Linux GotMailをLive Hotmailに対応させる

2007年8月19日 | Linux | コメント (0)

Hotmailのメールを、自宅のLinuxサーバー内のGotMailというperlで動作するスクリプトで、転送させているのですが、最近、MSN HotmailがWindows Live Hotmailに切り替わったようで、「Page doesn't contain any form action field!」というエラーが8月17日の13時ころから出ていました。

Gotmailの新しいバージョンもでていないので、しばらくエラーばかり受け取っていました。しかし、ウェブ上からwww.hotmail.comにアクセスするとWindows Live Hotmailのログイン画面ですが、hotmail.msn.comにアクセスすると今まで通りのMSNのログイン画面となることに気づきました。

そこで、スクリプトの809行目のdoLoginをチェックすると...。

sub doLogin()
{
dispText("Getting hotmail index page...\n",min_verbosity=>2);
my(@index_page); ## This will have the login page.

@index_page = getPage("http://www.hotmail.com/", "", 1, 1, 0);
my($page) = join("", @index_page);

と、http://www.hotmail.com/からログインしています。
ここをhttp://hotmail.msn.com/と書き換えると無事にメールの転送がおこなわれるようになりました。

SourceForge.net: GotMail

Gotmail is a perl script to download mail from hotmail.com without user interaction. It is probably best run from a cron job.

【追記(2007/09/15)】
GetLiveというスクリプトで、LiveMailに対応できます。

SourceForge.net: GetLive

Fetches your Hotmail Live mail such that it can be stored in a local mailbox or further processed via procmail-like mail filters.

Linux procmailrcの見直し

2007年6月27日 | Linux | コメント (0)

自宅サーバーで複数のメールアドレスのメールをfetchmailを使って、IMAPにより閲覧しているのですが、振り分けに使うprocmailの設定を見直してみました。

今までは、

:0
* ^From:.*info@hatena.ne.jp
$MAILDIR/.syslog/

としていて、振り分けたいメールアドレスが増えるたびに、この3行をコピーして使っていました。

それを振り分けたいメールアドレスを別のファイルにして、アドレスを羅列することに。

MAGAZINE=$HOME/dir/r-magazine

:0
* ? test -s $MAGAZINE
* ? (formail -x From: -x Reply-To: -x Sender: -x From | fgrep -iqf $MAGAZINE)
$MAILDIR/.magazine/

最初の行のファイルの指定にdirがつくのは、sambaでhomeに指定するのにdirというサブディレクトリを作成しているからです。
このファイルにメールアドレスを羅列していきます。空白行があるとマッチしてしまうので注意です。
この振り分けにより、指定したメールアドレスは、IMAPのmagazineというメールフォルダに自動的に振り分けられます。

Linux ネットワークを介したバックアップ

2007年6月18日 | Linux | コメント (0)

ネットワークで、メインサーバーからバックアップサーバーへ自動でバックアップ。

■メインサーバーでの作業
ssh-keygen -t rsa
すべてエンターで公開鍵を作成

scp /root/.ssh/id_rsa.pub backupserver:/root/.ssh/
公開鍵をバックアップサーバーに送信。
backupserverの部分は、バックアップサーバーのホスト名かIPアドレスに置き換える。

■バックアップサーバーでの作業
cat /root/.ssh/id_rsa.pub >> /root/.ssh/authorized_keys
公開鍵を登録

■メインサーバーでの作業
rsync -avz --delete -e ssh /home/ backupserver:/backups/home/
バックアップできるか確かめる。
バックアップサーバーのルートにbackupsというディレクトリを作成し、そこに/homeのバックアップを作る。

vi backup.sh
#!/bin/sh
/usr/bin/rsync -avz --delete -e ssh /home/ backupserver:/backups/home/
/usr/bin/rsync -avz --delete -e ssh /var/lib/mysql/ backupserver:/backups/mysql/
スクリプトを作成。

crontab -e
10 3 * * * /root/backup.sh
cronに登録
真夜中の3:10にバックアップをする。

Linux 「crontab -e」の代わりに「crontab -r」を実行したら…。

2007年6月17日 | Linux | コメント (0)

自宅サーバーのバックアップの設定をしていたのですが、
設定が終了し、crontabに書き込もうと誤って、「crontab -e」の代わりに
「crontab -r」を実行してしまった。
RとEは隣のキーです。単純なタイプミス。

最初何が起きたかわからず、再度「crontab -e」とタイプし直し、
実行しても、中身は空。

「-r」ってどういうオプション?と検索してみると、
同様にcrontabを消してしまった人のブログ記事が…。
「あぁ、消えてしまった…」

/rootにファイルとして存在していないので、バックアップの対象に
なっていないのも確かに気になっていたのですが、まさか消してしまうとは。

Linux iTunesサーバー構築(2)

2007年5月28日 | Linux | コメント (0)

自宅のLinuxサーバーにiTunesサーバーを組み込む方法は、検索すればいくらでも出てきますが、うまくインストールできない報告も多いです。

まず、libid3tagをインストール後、
error while loading shared libraries: libid3tag.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory
というエラーがでる場合、
/etc/ld.so.confに/usr/local/libを追記して、ldconfigを実行。
この後、再度mt-daapdをインストールでOK。

日本語の文字化けは、パッチを当てることで、対処可能。
iTunesサーバ(mt-daapd)日本語スマートプレイリスト対応パッチ
「スマートプレイリスト」とありますが、曲のタイトルも修正されます。

解凍したmt-daapd-0.2.4をmt-daapd-0.2.4.orgとリネーム。
さらにmt-daapd-0.2.4.workと同じものを用意し、
patch -p0 < mt-daapd-0.2.4-cp932.patch
を実行。

コンパイルし直せば、日本語の文字化けも直ります。
ただし、完全に直るわけではないのが残念。

Linux PDF作成サーバー

2007年5月26日 | Linux | コメント (0)

Linuxのサーバーに仮想プリンタを作成し、その仮想プリンタに印刷を実行するとPDFが作成されるというものを構築。以前からネットで紹介されているのですが、新しいバージョンのLinuxではどういうわけか作成されず、暗礁に乗り上げていたのですが、エラーログを頼りに原因を見つけました。

どうやら印刷システムがCUPSに変更になったため、プリンタが登録されていないとエラーがでているようなのです。そこで、sambaのprintingをlprngに変更したところ、以前のようにPDFができました。

Oceansoft Library - 自宅サーバー活用

Linux Linuxサーバーのデータバックアップ

2006年10月22日 | Linux | コメント (0)

Linuxで自宅内サーバーを構築していますが、Windowsよりもはるかに安定動作しているとはいえ、ハードディスクなどの物理的な障害には勝つことはできません。
そこで、USBストレージの買い替えを機に、余ったUSBストレージをバックアップ先にする方法を構築してみました。

USBストレージは、差し込んだら認識します。
バックアップの対象のファイルは、下記のサイトを参照して、圧縮ファイルを作成するようにします。

自動バックアップ運用(tar GnuPG rsync/ftp) - Fedoraで自宅サーバー構築

誤操作等によるファイル削除や破壊に備えて、サーバー内データをtarコマンドで1ファイルにまとめてbzip2形式(gzip形式よりも圧縮率が高い圧縮形式)に圧縮してバックアップ先ディレクトリへ退避

次にUSBストレージの扱いですが、バックアップ時にマウントし、コピーが終わったらアンマウントすることにします。

#!/bin/bash
/root/backup.sh
mount -t auto /dev/sda1 /mnt/flash/
cp -f /backup/backup.tar.gz /mnt/flash
umount /mnt/flash/

このスクリプトをcrontabで実行させます。

Linux RSSの未読管理を一元化(メールソフトで読む)

2006年9月 7日 | Linux | コメント (0)
[E] RSSリーダーの未読情報を共有する

マックでもWindowsでもRSSの未読を一括管理したいということで、RSS情報からメール配信するソフトを試してみました。IMAPサーバー経由なので、一方的にメールが送られてくるだけではない活用法があります。

rss2imap - RSSの管理をIMAPで行うソフトウェア

rss2imap は RSS (RDF Site Summary) で配信されているサイト要約をWebから取得し、IMAPサーバにメールとして配信するツールです.

インストールは簡単。ただし、表示が好みに合わないので、カスタマイズをしました。
その詳細は下記のWikiに記録しています。

RSSの未読管理を一元化

未読情報を共有する場合、対応したソフトが必要になります。そして、シンクロするための時間が多少かかります。
しかし、未読情報をIMAP経由で一元管理することは、あらかじめバックグラウンド記事を取得しておくことになるので、表示が速いです。もちろん常用しているメールソフトをそのまま使えるのも利点です。

Linux YoSucker - Yahoo.comのメールを取得する

2006年5月28日 | Linux | コメント (0)

Yahoo.comのメールは無料ユーザーだとPOPが使えない。
そこで、YoSuckerでメールを取得することに。

まず、YoSuckerをダウンロード。
YoSucker :: Yahoo Mail Sucker Homepage

/usr/localに解凍し、ディレクトリ名をYoSuckerに変更。
/usr/local/YoSuckerの中にbinやlibが入っている状態にする。
この辺りは、rootで作業。

Perlのモジュールが足りないので、「[E] Perlのモジュールを自動化」を参考にして、以下のものをインストール(環境によって変わってくることでしょう)。

Term::ReadKey
IO::Socket::SSL
Net::SSLeay

次にユーザーになり、作業を続ける。
/home/[username]に.yosuckerというフォルダを作成。(もちろん[username]は自分の環境に合わせる)
confに入っているサンプルを/home/[username]/.yosuckerにコピーする。
cp /usr/local/YoSucker/conf/sample3-procmail.conf /home/[username]/.yosucker/account.conf
sample3-procmail.confは取得したメールをprocmailに渡すので、メールの振り分けも可能になる。

Yahoo!アカウントのパスワードを暗号化する必要がある。
/usr/local/YoSucker/bin/EncPasswdを実行するとパスワードを聞かれるので、入力する。
表示された記号をコピーしておく。

which procmailを実行し、procmailのパスを取得しておく。

/home/[username]/.yosucker/account.confを編集。
アカウント名と暗号化したパスワードとprocmailのパスを編集する。

/usr/local/YoSucker/bin/YoSuckerを実行して、メールが取得されれば、あとはcronで定期的に実行させればいい。

crontab -e
07,27,47 * * * * /usr/local/YoSucker/bin/YoSucker >/dev/null 2>&1
毎時間、7分と27分と47分にメールを取得しにいく設定。ご自由に。

Linux CentOSによるサーバー構築

2006年4月30日 | Linux | コメント (0)

自宅サーバー3号機(Celeron337MHz/FedoraCore4)が4月に入って不調。
名前解決(bind)はうまくいっているはずなのにyumやwgetができないという症状。
原因が分からず、再インストールしようと思ったのですが、ハードウェア的にも不安があったので、中古パソコンを購入しての4号機を構築。
買ってきたのは、IBM NetVista M42というスリムパソコン。Celeron1.3GHzと、自宅内で最速。動作音も静かです。1.4万円とはお買い得。

今回は、CentOS4.2をインストールすることに。
CentOSはRedHat Enterprize Linuxのクローンで、安定度もそのままということらしい。
なかなか魅力的なディストリビューションです。
もちろん、インストールや運用にトラブルなし。順調に動いています。

【関連記事】
CentOSによるサーバー構築

Linux 全文検索システム Namazuのバージョンアップ

2006年1月30日 | Linux | コメント (0)

全文検索システム Namazuが1年9カ月ぶりにバージョンアップ。

全文検索システム Namazu

現在、自宅サーバーでは、Pukiwikiで活用しています。
なんでもメモを書き込んでおき、Pukiwikiから検索フォームを通じて、目的のメモを取りだして使っています。

設置方法は、下記に準じた方法で大丈夫でしょう。

XreaのPukiwikiでNamazu検索

ワードや一太郎も検索対象になるので、社内の共有フォルダをインデックス化しておき、検索できるようにしておくと便利でしょう。

Linux FedoraCore4にjabberd2をインストール

2005年11月 4日 | Linux | コメント (0)

http://jabberd.jabberstudio.org/2/
から辿り、ダウンロードサイトへ
http://jabberstudio.org/projects/jabberd2/releases/

最新版をダウンロードします。

tar zxvf jabberd-2.0s10.tar.gz
cd jabberd-2.0s10
./configure

としますが、MySQLClientのライブラリがないと表示され、失敗するので、

export LDFLAGS="-L/usr/local/lib -L/usr/lib/mysql"
./configure

と実行します。

あとは、

make
make check
make install

でインストールは終了。

実行ファイルは
/usr/local/bin/jabberd
設定ファイルは
/usr/local/etc/jabberd

次にMySQLにデータベースを登録。
解凍したディレクトリのtoolsに
db-setup.mysqlがあります。

mysql
mysql> \. db-setup.mysql

データベースはできますが、アクセスができません。
jabberd2というデータベースに対して、

ユーザー名:jabberd2
パスワード:secret

でアクセスできるようにします。

パスワードを変更するときは、

/usr/local/etc/jabberd/sm.xml

の中身も変更します。

あとは、

/usr/local/bin/jabberd &

で実行!!

Linux 自宅サーバーのリプレイス

2005年11月 3日 | Linux | コメント (0)

TurboLinuxで構築したサーバー(Pentium177MHz)からFedoraCoreで構築したサーバー(Celeron333)に入れ替えました。

ところが外部とのアクセスが遅い。namedの設定を見直し、若干速くなったものの、上りがほとんどできない状態。実に1週間、いろいろなサイトで情報を集めました。

結果、NICの交換ですべてが解決。実はこのことはいくつかの掲示板等で見かけた記述。まさかと思ったことが正解でした。
一応アクセスできるからといって、NICは正常とは限らないのですね。

しばらくネットアクセスが遅かったので、以前よりも速く感じます。測定すると以前同様なわけですけど。

Linux ドライブのコピー

2005年10月24日 | Linux | コメント (0)

Linuxのディスクを交換するために、ディスクを丸ごとコピーのツールを探しました。

SystemRescueCdは、Partition MagicやGhost/Drive-imageのクローンツールだそうです。

CDのイメージをダウンロードして、CDRに焼きます。
楽にコピーできるかと期待したのですが、LVM(Logical Volume Manager)でインストールしたため、コピーできず。同じ32GB制限にしたドライブなのにシリンダー数が微妙に違い、だめでした。

ついでにLVMを調べてみました。
LVM とは?
画期的!!と思うのですが、運用が難しい。

Linux Filebank期限切れ防止

2005年10月19日 | Linux | コメント (0)

無料で1GBのディスクスペースが使えるファイルバンクですが、1週間ログインしないとファイルが消えてしまうという制限があります。
そこで、自宅サーバーから定期的にログインして、ファイルを保持しようと考えました。

vi /root/filebank.sh
として、
wget -q -O - --post-data='mode=auth&username=USERNAME&passwd=PASSWORD' --referer=http://www.filebank.co.jp/cgi-bin/main/main_logout.cgi --user-agent='Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0;)' http://www.filebank.co.jp/cgi-bin/gen/login.cgi > /home/filebank.log
を書き込みます。(上記は1行で)
USERNAMEはユーザー名で、PASSWORDはパスワードです。
InternetExplorerのフリをさせているところがポイントです。

crontab -eとして
00 02 * * * /root/filebank.sh
と書き込み、毎日真夜中の2時にログインするようにします。

【追記(2006/03/04)】
Windowsの場合、Windows版のwgetをインストールすることで、
上記のことが実現できると思います。

Google 検索: wget windows

あとは、総合情報管理ツール Agendaなどを利用し、定期的に実行すればOKです。

【追記(2006/03/22)】
容量がなんと100GBになりました。
それと同時にログインのパスも変更になったようです。
しかも、3日間ログインなしだとクリアされるという厳しい条件が。

新しいログインパスに対応させるためには、ログインのCGIを
http://www.filebank.co.jp/cgi-bin/main/login_process.cgi
に変更します。

【追記(2006/05/08)】
カー用品&WEBな話:filebank 仕様変更後期限切れ防止策からの情報です。
また仕様が変更になったようです。
上記のfilebank.shをリファラーに対応するように修正しました。

ついでなので、結果をメールでチェックできるようにfilebank.shに追記。
cat /home/filebank.log | mail -s "Filebank Log" root
これでroot宛にログが送られます。

<meta http-equiv='Refresh' content='0;URL=http://www.filebank.co.jp/cgi-bin/main/main_myinfo.cgi'>
という内容であれば正常だと思います。

Linux 自宅サーバーでスパムチェック

2005年9月27日 | Linux | コメント (0)

自宅のFedoraCoreサーバーのIMAPでスパムチェック。
SpamAssassinをインストール。

/etc/procmailrcでメールの振り分けの前にSpamAssassinを通過させる。

DROPPRIVS=yes
:0fw
| /usr/bin/spamassassin

/home/user/.procmailrcの中で、

:0
*^X-Spam-Status: Yes
$SPAM

として、スパムと判断されたものを別のメールボックスへ移す。

mbox形式なので、SPAM=Junkと定義してあります。

次にスパムの判断を誤った場合、学習させるためにスパムと判断されないスパムをJunkへ、スパムではないのにスパムと判断されたものをinboxへ移動します。
そして、learn.shを実行します。内容は、次の通り。

#!/bin/sh
/usr/bin/sa-learn --ham --mbox /home/user/mail/inbox
/usr/bin/sa-learn --spam --mbox /home/user/mail/Junk

mbox形式なので、--mboxがついています。

Linux レンタルサーバーの自動バックアップ

2005年9月26日 | Linux | コメント (0)

いくつかあるレンタルサーバーの自動バックアップをさせることにしました。
このバックアップが必要になることはないことを願っていますが、壊れるときは壊れるので。

自宅サーバーで、mirrorを動作させ、FTP経由でバックアップ。
設定は特に難しいものはないのですが、途中で画面が止まってしまうので、設定がおかしいのかとctrl+cで強制終了したりもしましたが、実は更新ファイルを探している時間だったのですね。あせらずにゆっくり待ちましょう。

さて、MySQLのデータベースもバックアップします。

db-backup.cgiとでもつけたファイルに
#!/bin/sh
mysqldump -u ユーザー名 -pパスワード --all-databases > db/db-backup.sql
とします。

db-backup.cgiのあるディレクトリの下にdbというディレクトリを作ります。
そして、そのディレクトリには、.htaccessを作り、
order deny,allow
deny from all
として、アクセスを禁じます。
データベースのバックアップには、いろいろパスワードが入っているので、その対策です。

データをファイルに書き込み、その後にバックアップ作業をするために
wget -q -O - http://xxx.com/yyy/db-backup.cgi > /home/result.txt
/usr/local/lib/mirror/mirror -d /usr/local/lib/mirror/packages/setting1
という内容のスクリプトを用意します。
パスは環境にあったように書き換えてください。setting1というのはmirrorの設定ファイルです。
仮にmirror-setting1とし、実行権限を与えておきます。

最後に定期的にバックするようにcrontab -eとして、
00 03 * * sun /usr/local/lib/mirror/mirror-setting1
を書き込みます。
この例の場合、日曜日の午前3時にバックアップします。

Linux 自宅サーバーでHiki

2005年9月10日 | Linux | コメント (0)

自宅サーバーにHikiを導入してみました。
まずは、Rubyのインストールから。
PerlやPHPと違い、ややマイナーです。FedoraCoreのサーバーなので、「yum -y install ruby」でインストールされるのですが、うまく表示されず、いろいろ悩んだのですが、結局Apacheのルートディレクトリのパーミッションの問題でした。choownで所有者の変更をし、パーミッションの変更で、表示されるようになりました。

Linux プロセスの亡霊

2005年8月 7日 | Linux | コメント (0)

MRTGでサーバーの監視をしているのですが、
CPUの使用率が表示せず。

topコマンドでプロセスを表示させると、
telnetで使っていたfdcloneがいくつもCPUを使用しています。
それで使用率が100%になっていたのが原因のようでした。

kill -9 <PID>
を使って、プロセスを強制終了させます。

telnetではきちんとexitしないといけませんね。

EarlGrey Tearoom: MRTGでサーバーの監視
Google 検索: linux kill

Linux viのステイタスライン

2005年8月 6日 | Linux | コメント (0)

Linuxでよく使うものといえば、vi。
最近FedoraCore4でサーバーを構築したので、
頻繁に使っているのですが、何かシンプルだと思ったら、
ステイタスラインがないのですね。
行番号とかわからない。

設定ファイルがあるはずと探しても、vi.confなんてないし、
これは調べることに。

.exrcでset=laststatusというのがわかったのですが、
それでも表示せず。

JZUG Wiki - Toshiya

vim-enhanced パッケージをインストールし、ステータスラインにファイル名及びカーソル位置が表示される様、設定を行った。

なるほど、というわけで
yum -y install vim-enhanced

ついでに

UNIX 今日の技/実演vi

set statusline=%<%f\ %m%r%h%w%{'['.(&fenc!=''?&fenc:&enc).']['.&ff.']'}%=%l,%c%V%8P
"↑ ステータスラインに文字コードと改行文字を表示する

便利になりました。

今のところ、こんな感じ。
Image2005-08-05-1.png

set showmatch
set ignorecase
set ruler
set showmode
set laststatus=2
set incsearch
set showcmd
set statusline=%<%f\ %m%r%h%w%{'['.(&fenc!=''?&fenc:&enc).']['.&ff.']'}%=%l,%c%V%8P
set title

if &t_Co > 2 || has("gui_running")
syntax on
set hlsearch
endif

Linux MRTGでサーバーの監視

2005年8月 4日 | Linux | コメント (0)

サーバーってディスプレイを消して、そのままなので、元気に動いているのか、なんとなく実感がわきません。
そこで、MRTGを使って、CPU使用量やメモリーの空きなどをモニターすることにしました。

参考にしたサイト(1)
ネットワークトラフィック監視ツール導入(NET-SNMP+MRTG)
http://fedorasrv.com/mrtg.shtml

上記のサイトの手順で設定していきます。
いろいろサイトをあさったのですが、このサイトがわかりやすかったです。

ただし、TurboLinux7Serverの方は、インストールする必要があり、
下記サイトを参考にしました。

参考にしたサイト(2)
MRTGによるトラフィック監視
http://www.fmmc.or.jp/~fm/nwmg/TL6.1Svr/secure/scuretools3.html

インストールの簡単な手順のメモを残しておきます。

cd /tmp
wget http://www.boutell.com/gd/http/gd-2.0.33.tar.gz
tar zxvf gd-2.0.33.tar.gz
./configure --with-gd-lib=/usr/local/lib --with-gd-inc=/usr/local/include
cd gd-2.0.33
./configure --with-png --without-freetype --with-jpeg
make
make install

wget http://people.ee.ethz.ch/~oetiker/webtools/mrtg/pub/mrtg-2.12.2.tar.gz
tar xvf mrtg-2.12.2.tar
gzip -d mrtg-2.12.2.tar.gz
cd mrtg-2.12.2
./configure --with-gd-lib=/usr/local/lib --with-gd-inc=/usr/local/include
make
make install

Linux FedoraCore4をサーバーに

2005年7月31日 | Linux | コメント (0)

FedoraCore4を使って、サーバーを構築しました。
Webminが動作するまでのメモを書いておきます。

【1】準備
FTPソフトでトラックイメージをダウンロード

ホストアドレス
download.fedora.redhat.com
ホスト開始フォルダ
/pub/fedora/linux/core/4/i386/os/image

boot.iso(6554KB)をダウンロードし、CD-Rでトラックイメージとして焼きます。

【2】インストール
CD-Rを挿入して、ネットインストール。
FTPだと遅かったので、HTTPでインストールしました。
インストールタイプをサーバーにして1時間弱でした。

【3】Samba
まずhttpdを他からアクセスできるようにファイヤーウォールを一時停止します。
service iptables stop

サーバーとなるマシンのアドレスは
ifconfig eth0
で確認。

SWATがインストールされていないので、
yum install samba-swat

このときxinetdもインストールされました。

SWATが他からアクセスできるように
/etc/xinetd.d/swat
を編集
service swat
{
disable = no
socket_type = stream
protocol = tcp
wait = no
user = root
server = /usr/sbin/swat
only_from = 192.168.1.0/24
}

service xinetd start
でswatが動作します。

「http://マシンのアドレス:901」にアクセス。

共有フォルダへアクセスするためにSWATの「PASSWORD」から
「ローカル マシンのパスワード管理」でユーザーを作成し、
「リモートマシンのパスワード管理」でも設定しておきます。

「SHARES」でファイル共有を作成し、
「STATUS」で「すべて再起動」すれば、共有フォルダができます。

【4】Webmin
Webminをダウンロード。
共有フォルダに保存し、
rpm -ivh webmin-1.220-1.noarch.rpm

「http://マシンのアドレス:10000」でWebminにアクセス可能に。

Linux セキュリティならWindowsよりLinux

2005年4月15日 | Linux | コメント (0)
「セキュリティならWindowsよりLinux」、米調査 - nikkeibp.jp - 注目のニュース

「非常に安全」または「安全」とする回答者はLinuxが66%、Windows Serverが30%、Sun Solarisが66%だった。

セキュリティ・安定性などは、当然WindowsよりLinuxのほうがいいのですが、この調査のソフトウェア開発マネージャーの中の30%が「安全」と答えていることに驚く。ソフトウェア開発マネージャーという地位の人であれば、安全でないことは常識とならなければまずいでしょう。

Linux TurboLinux7ServerのIMAPエラー

2005年4月 2日 | Linux | コメント (0)

アップデートすると自宅サーバーのIMAPにアクセスできなくなりました。
ネット上に同じ症状がないか検索しましたが見つからず。

他では起きていない症状なのか…。
まず、imap-libsがないのでインストール。
それでもだめで、imapをインストールCDから一度ダウングレードし、
もう一度アップグレードするとアクセスできるようになりました。

何が原因かわからないというのが一番困りますね。

Linux Windowsの安全性

2005年2月14日 | Linux | コメント (1)
「パッチの数はWindowsよりLinuxが多い」--Windowsの安全性をアピールするマイクロソフト

「ソフトウェアで一番TCO(システム管理維持にかかる総費用)がかさむのは保守やサポートにかかる人件費だ。ソフトウェアそのものではない」

確かにセキュリティホールのアップデートは多いです。それぞれのパッケージに対しての項目なので、Windowsのように大雑把なタイトルでまとめたパッチと比べれば、数の違いは出て当然です。それより、数より内容かと思います。現実にWindowsを対象にしたウイルスが大量に出回っているので、Windowsのほうが危険というのは否定できない事実だと思います。

レッドハットのサイトで、こんなのを見つけました。

レッドハット | サポート

「レッドハットセキュリティーチーム」を語ったメールが送られてきたという報告がありました。このメールはユーザのホーム・ディレクトリから、アップデートプログラムをダウンロードするような指示をしております。このアップデートプログラムには悪意のあるコードが含まれております。

増殖しないという点では、ウイルスとは言えないのですが、似たような性質を持っています。この点では、Windows同様に決して安全とは言えません。要は、人間の判断によるものを利用したものが一番のセキュリティホールなのです。

TCOについては、確かにそうなのかもしれません。個人で家庭内サーバーを構築している分には、人件費はかからないので、Linuxが一番安く済むと思います。ただし、Xserveはどうなのかな? クライアントにハードディスクを置かない東大の方式は、かなりコストを下げているはず。クライアントのメンテナンスがほぼ不要になっているのですから。

Linux iTunesサーバー構築

2005年1月 3日 | Linux | コメント (0)

自宅ではiTunesのマック版とWindows版が動作していますが、ディスク容量が少ないiBookを常用しているので、音楽ファイルは、Rendezvousを使い、デスクトップから呼び出すようにしています。でも、そのためにつけっぱなしも電気代の無駄なので、常時電源が入っている自宅サーバーにその役割をさせることにしました。

しかし、いろいろサイトを見ても、うまくコンパイルできなかったりと試行錯誤したのですが、最終的にmt-daapdを使うことで、実現できました。(Turbo Linux 7.0 Server)

mt-daapd project site

【関連記事】
[E] iTunesサーバー構築(2)

Linux LinuxデスクトップはWindowsの代替にはならない

2004年11月13日 | Linux | コメント (0)
「LinuxデスクトップはWindowsの代替にはならない」、オープンソース推進団体OSDL Nelson Pratt氏 - nikkeibp.jp - 注目のニュース

Linuxに移行するためには、アプリケーションの互換性が問題になる」そのため、専用機や技術系ワークステーションへLinuxの採用を拡大するための活動を行う。言わば、従来UNIXワークステーションやPC UNIXが採用されてきた市場と言える。

LindowsのようにWindowsの代替えを目指していたように思えたデスクトップLinuxですが、現実的な位置づけを示したように思えます。特に日本の場合は、Windowsもどきを使うくらいならWindowsを使えば良いという考えを持つ人は多いと思う。確かに不正コピーが広がる東南アジアなどでは、Windows代替OSとして広がっていくのは望ましいことなのでしょう。

UNIX系OSと比較すると明らかに不安定なWindows(長期間動作は無理)なので、常時起動させておく場面ではLinuxの活躍が期待できるでしょう。

また、「互換性」を前面に出して売り込んでも売れた例は少ないと思います。LotusSuperOfficeや一太郎も「互換性」をセールスポイントにした時期は、魅力を感じずに売れていなかったように思います。
たとえ無料であっても、現状ではOpenOffice.orgが主流になることはないと思います。決して使いやすいとはいえないMicrosoftOfficeのコピーではダメです。独自のインターフェースで魅力あるものになったとき、MicrosoftOfficeからの移行が本格的に始まるのではないでしょうか。

「デスクトップのアプリケーションをサーバー側に移行し,特定のクライアント環境に依存しないようにする必要がある」

企業等では、大量のコンピュータを管理するだけでも大変。バージョンアップ費用や消耗品ともいえるハードディスクをなくすことができれば、費用の削減にもつながることでしょう。アプリケーションをサーバー側にというのは、数年前には出てきた話ですが、コンピュータの速度がアップし、本格的に具体化してきたことともいえるでしょう。

また、サーバー側にアプリケーションがあれば、データベースなどを活用したアプリケーション等、共有情報を活用した利用に拍車がかかるのではないでしょうか。

Linux 初心者向けLinux発売

2004年10月23日 | Linux | コメント (3)
解説:初心者がLinuxを使うメリットは??ターボリナックスが「ホーム」を発売へ : IT Pro ニュース

ターボリナックスは11月12日,デスクトップLinux「ターボリナックス ホーム」を発売する。家庭向け,パソコンの初心者という従来とかけ離れたユーザーを対象にする。

インターネット、メール、デジカメ、年賀状、動画など、初心者がやりたいだろう一通りの機能を全画面のメニューに表示させ、使いやすくしたLinux。

ウイルスに感染するのは、初心者が多いと思うので、ぜひこれを使って、ウイルス撲滅に一役買ってもらいたいと思う。

ただ、周りと同じものを買う傾向にある初心者たちは、安全なことより見栄を優先するだろうなぁ。なんか安いものを買っているような気がするだろうし。

それから、インストール作業すらできない人たちは、パッケージを買ってくることはないだろうから、プレインストール済みの機種となるはず。それなら、マックを買った方がずっと使いやすいし、ユーザーもターボリナックスホームを使っている人よりはるかに多い。
(結局マックという結論でした…)

【バンドルする主なソフトウェア】 筆ぐるめ for Turbolinux(富士ソフトABC) ATOK for Linux(ジャストシステム) リコーTrueTypeフォント5書体(リコー) Turboメディアプレーヤー Flash Player 7 for Linux(Macromedia, Inc.) RealPlayer 8 Basic(RealNetworks) Adobe Acrobat Reader 5.0.9 (日本語、中国語、韓国語フォント付) Sun Java2 Platform, Standard Edition 5.0(サン・マイクロシステムズ) Canon Bubble Jet Print Filter for Linux(キヤノン) EPSON Photo Image Print System(エプソンコーワ) Image Scan! for Linux(エプソンコーワ) Opera 日本語版 試用版(Opera Software) OpenOffice.org

標準ブラウザはOperaかな?
フォントはリコーのものが付属するので、オフィス文書もある程度サポートするってことですね。

ついでに「イメージガール」というのは、いい作戦かも。

Linux Linux・MacOSXの歴史

2004年10月 4日 | Linux | コメント (0)

UNIXは、1969年ベル研究所で生まれました。
SystemV、Solaris、FreeBSDがここから派生したもので、ソースに共通なものがあります。

Linuxは、1991年フィンランドの21歳の大学生によって、UNIXのコードを使わずにUNIX互換の基本的な部分を作ったことに始まります。

誰でも開発に参加できるという、非常にインターネット的な手段により発展しました。そして、今では、UNIX系のOSとして認められています。

MacOSは、1984年に前身のバージョンが登場していますが、これはUNIXとは別です。
次世代のMacOSは、いろいろな候補が考えていたらしく、その中には、WindowsNTベースもあったそうです。
最終的には、DarwinというUNIX系のものをベースにし、Aquaとよばれるインターフェースをかぶせました。ベータ版が2000年に登場しています。

Linux 「一太郎 for Linux」「ATOK for Linux」

2004年9月30日 | Linux | コメント (0)
ニュースリリース(2004/09/28)「一太郎 for Linux」「ATOK for Linux」を12月22日(水)発売

とりあえずエミュレータ上で動くみたいですけど、
機能は、Liteレベルでもいいので、ネイティブな一太郎が
あったらいいと思います。(マック版がほしい!!)

ATOKは、最新版の17がMacOSX版があります。
今回のLinux版ATOKもネイティブで動作します。

バージョン5のときは、Mac版もあったので、
ぜひ復活をと思っています。

Windowsからの移行が進む今は、当時とは違い、
一太郎Mac版を願う人は多いですね。

Linux版よりニーズは多いのではないでしょうか。

Linux favicon.icoを作る

2004年9月24日 | Linux | コメント (0)

PhotoShopなどで、32ビットと16ビットの画像を作り、
あとは、下記のソフトで、合成。
Windowsのアイコンを作成します。

Toico - converter to Windows icon format

Toico converts PNG, GIF, TIFF, BMP and XPM files to Windows icon format (ICO). It is possible to create multi-image icon. Program compiles on Linux, FreeBSD, Solaris, HP/UX and CygWin, maybe more.

Usage example:
toico icon-16x16.png icon-32x32.png -o favicon.ico

Linux Linuxサーバーのソフト自動起動

2004年5月23日 | Linux | コメント (0)

メモみたいなものです。

ユーザーごとに設定したfetchmailと
透過プロキシとIMサーバーのjabberを
Linuxサーバーの起動時に実行させるものです。

■vi /etc/rc.d/rc.fetchmail

#!/bin/sh
#
# fetchmail

case "$1" in
'start')
for user in `ls /home/`
do
if [ -f /home/$user/.fetchmailrc ]; then
echo "fetchmail for $user starting."
su $user -c "/usr/bin/fetchmail"
fi
done
;;

'stop')
for user in `ls /home/`
do
if [ -f /home/$user/.fetchmailrc ]; then
su $user -c "/usr/bin/fetchmail --quit"
fi
done
/ ;;

*)
echo "Usage: $0 { start | stop }"
exit 1
;;

esac
exit 0

■vi /etc/rc.d/rc.local

・・・(最後の方に)

if [ -x /etc/rc.d/rc.fetchmail ]; then
/etc/rc.d/rc.fetchmail start
fi

iptables -t nat -A POSTROUTING -s 192.168.1.0/24 -j MASQUERADE
iptables -t nat -A PREROUTING -i eth1 -p tcp --dport 80 -j REDIRECT --to-port 3128

/var/lib/jabber/jabberd-1.4.3/jabberd/jabberd -c /var/lib/jabber/jabberd-1.4.3/jabber.xml & (1行で)

Linux ローカルネットワークで、インスタントメッセンジャーを使う

2004年5月23日 | Linux | コメント (0)

ローカルネットワーク内で、インスタントメッセンジャー(IM)を使おうと思い、
インストール・設定しました。

今まで、IPMessengerを使っていましたが、
送り先のコンピュータのIPMessengerが起動していないと
メッセージが送れません。

そこで、サーバーにIMサーバーのJabberを置くことで、
MSNメッセンジャーやYahooメッセンジャーのように
伝言を送信できるようにしました。

まず、サーバーにJabberをインストールします。
/var/lib に jabberというディレクトリを作成し、
jabberd projectからソースをダウンロードし、
作成したディレクトリに入れます。

tar zxvf jabberd-1.4.3.tar.gz
cd jabberd-1.4.3
./configure
make
make install

とお決まりの方法で、実行ファイルを作成します。

このとき、
/var/lib/jabber/jabberd-1.4.3/jabberd の中の jabberd が実行ファイルで、
/var/lib/jabber/jabberd-1.4.3/ の中の jabberd.xml が設定ファイルです。

設定は、このまま使いました。なので、サーバー名がlocalhostのままです。

/var/lib/jabber/jabberd-1.4.3/jabberd/jabberd -c /var/lib/jabber/jabberd-1.4.3/jabber.xml &
で起動しておきます。(1行で)

次に、クライアント側の設定です。
いろいろなソフトがあるようですが、とりあえず、WindowsとMacOSXの混在環境なので、
Psiというソフトを入れることにしました。

Psi Jabber Client:: home からダウンロードし、インストール。

アカウントの設定で、レジストするようにチェックを入れて、
適当なユーザー名で、設定を開始します。

Hostは、192.168.1.1 サーバーのIPを入れました。
JabberIDは、ユーザー名@localhostで、
パスワードを適当に設定します。

そうするとサーバー側のJabberdが処理をし、
登録作業をしてくれます。

次に日本語化をしてみます。

スピリッツオブゼロ@blog: Psi UIの日本語化 から、psi_jp.gm をダウンロードします。

Windows:
psi.exeと同じフォルダに入れます。
MacOSX:
Psiのパッケージの内容を表示し、
Resourcesの中に入れます。

なお、うちの環境では、psi_ja_jp.gm とリネームしないと認識しませんでした。。

Linux 自宅サーバーにMySQLでIMAP

2004年5月16日 | Linux | コメント (0)

IlohaMailを使って、ウェブメール環境をということで、

IlohaMail.org

インストールは、簡単にいきました。
中古Linuxサーバーでも快適。

さて、さらに自宅実験用のMovableTypeのための
MySQLを組み込んでみようと思いました。
TurboLinux7Serverなので、MySQLもインストール済み。

ただし、turbopkgでMySQL-develを加えておく必要があります。
これがないとあとでエラーが出ます。

perl -MCPAN -e shell
のあと、
cpan> install DBI
cpan> install DBD::mysql
です。

これで、PerlからMySQLを呼び出すことができるようになります。

しかし、うまくつながらない。
IlohaMailもMovableTypeも。

かなり悩んだのですが、データベースのホストを
自宅サーバーのアドレスを入れていたのですが、
Apacheのwwwは、自分自身なので、localhostと指定するんですね。

こうやって書くと簡単ですが、半日以上を費やしてしまいました。

Software Architecture 2003
rootがパスワード無しになっているので、パスワードを設定します。
% bin/mysqladmin -u root password <パスワード>
実習用のDBを作成します
% bin/mysqladmin -u root -p create mydb
Enter password: <パスワード>
rootでDBに接続します。データベースmydbが見えれば接続成功です
% bin/mysql -u root -p
Enter password: <パスワード>
mysql>show databases;
(結果)
mysql>quit
実習用のユーザを作成します(説明ではユーザ名/パスワードをmush/potatoとします)
PASSWORD()はハッシュを作成する関数です
mysql> insert into mysql.user (Host,User,Password)
values ('localhost','mush',PASSWORD('potato'));
mysql> insert into mysql.db (Host, Db, User,Select_priv,Insert_priv,
Update_priv,Delete_priv,Create_priv,Drop_priv)
values ('localhost','mydb','mush','Y','Y','Y','Y','Y','Y');
mysql> flush privileges;
mysql> quit
実践MySQL / perlモジュールを使用するには
shell$ perl -MCPAN -e shell
cpan> install DBI
とすると、DBI の最新版を持って来て、compile, make test, make install がおこなわれます。
MySQL module は、以下のようにしてインストールできます
cpan> install DBD::mysql
CPAN経由でLinuxにモジュールを組み込む
よくあるエラー、
 Can't exec "mysql_config": No such file or directory at Makefile.PL line 174.
 readline() on closed filehandle PIPE at Makefile.PL line 176.
これは、この辺 を参考に、mysql_config にシンボリックリンクを張って解決できます。
 ln -s /usr/local/mysql/bin/mysql_config /usr/local/bin/mysql_config
という感じです。
そして次に出てきたエラーは、
 Note (probably harmless): No library found for -lmysqlclient
これは解決に手間取りました。この辺 が参考になります。
まず、先ほどの「mysql_config」を使い、
 /usr/local/mysql/bin/mysql_config --libs
で、吐き出されたデータをメモ。次に、
 /usr/local/mysql/bin/mysql_config --cflags
で、吐き出されたデータをメモします。
CPANでインストール途中だったソースのあるディレクトリに移動します。
 cd /root/.cpan/build/DBD-mysql-2.9003/
メモしたパスをつなげて、
 perl Makefile.PL --cflags=-I/usr/local/mysql/include/mysql "--libs=-L/usr/local/mysql/lib/mysql -lmysqlclient -lz -lcrypt -lnsl -lm"
とタイプします。(一行で。)
「Makefile」ファイルが正常に生成されたらOKです。後は、
 make
 make test
 make install
で、残りのインストールを完了します。(2004年03月19日)
INSTALL - DBD::mysqlのインストールと構成設定の方法
バージョン7.1ではRed Hat LinuxはMySQLとDBD::mysqlがついてきます。 以下のRPMがインストールされているかを確認する必要があります:
mysql
perl-DBI
perl-DBD-MySQL
ソースからインストールするためには、以下のRPMが必要です
mysql-devel
libz-devel

Linux Linux搭載PCが備えるべき条件

2004年5月11日 | Linux | コメント (0)
新勢力●Linux搭載PCが“Windowsの顔”で普及へ : IT Pro ITレポート(動向/解説)

Linux搭載PCが備えるべき条件
○Windowsユーザーに馴染みのあるルック&フィール、違和感のない日本語入力システム
○統合オフィスソフトなどビジネス用とのアプリケーションの拡充
○Windowsマシンと比べた際のコスト競争力
○本命と見られるディストリビューションの台頭
○大手PCベンダーによる安定供給
○充実したサポート体制
○既存アプリケーションとの互換性

●Windowsユーザーに馴染みのあるルック&フィール
WindowsもXPとそれ以前では、見た目が違うので、
詳しくない人だと、Linuxだと言われても、Windowsの一種だと思って使うかも。

●違和感のない日本語入力システム
LinuxにATOKを入れている例が多いですが、
Windowsユーザーのほとんどは、MS-IMEを使っているようです。
ということは、CannaでもATOKでもいいのですが、
初期状態でキー割り当てをMS-IMEにしておけばいいのかも。

実際MacOSXの10.3では、標準の日本語入力に
「Windows風のキー操作」というのがあります。
Windows風というのは、MS-IME風ということなのでしょう。

●Windowsマシンと比べた際のコスト競争力
企業に大量導入するときだと関係するかもしれないけど、
個人購入では、関係ない気がします。

車も経費削減では、グレードの低いものを選びますが、
個人では、最高グレードが一番売れるといいます。

周りを見ても、初心者ほど高価なパソコンを持っている気がします。

●統合オフィスソフト
まあ、WordとExcelが動けばいいのかもしれません。
だから、ソフト名が違うと戸惑うのでは
せめて色合いだけでもいいから極限までアイコンを似たようなものにするとか。

あとの条件は大きな問題ではないかもしれません。
パワーユーザーは、必要なソフトを見つけてこれるでしょうし。
初心者は、サポートに頼るより、周りのパワーユーザーに頼りますよね。
サポートに電話しても、何を言っているかわからなかったって感じですから。

Linux WebとメールだけならLindowsの方が良い

2004年4月 9日 | Linux | コメント (2)
←cj→Livedoor使用感日記:WebとメールだけならLindowsの方が良い

僕はWebの閲覧とメールだけなら、WindowsよりもLindowsOSの方をお勧めします。

フォントがLindowsの方が綺麗で読みやすいからだ。未だにフォントがギザギザになっているのはWindowsだけという事をWindowsユーザーは知っているのだろうか?

MacOSX、LindowsOSはフォントにアンチエイリアスが効いているので綺麗なのです。

マルチメディア系のソフトと一緒であれば、
WindowsMediaPlayerやQuickTimeが動作する
MaxOSXが一番いいでしょうね。

アンチエイリアスもQuartz技術で、
安定していますし、Officeもあるので、
添付されたWordやExcelのファイルも
開くことができます。

まあそのうちWindowsもアンチエイリアスを
搭載することになるでしょうね。

一番遅れていることも知らずに
その機能を「すごいきれい」と
アピールする雑誌やユーザーの様子が
今から想像できます。

Linux Linuxのオートアップデート

2004年3月 9日 | Linux | コメント (0)

TurboLinuxでは、turbopkgでアップデートが可能ですが、
これをコマンドラインで自動化するには、
zabom --autoupdate --ftp=update
を実行すればいいことがわかりました。

これで、いちいちコマンドを選択する手間が省けます。

Linux Linuxで使用しているハードディスクの故障を予測する

2004年3月 9日 | Linux | コメント (0)
smartmontools Home Page

多くのハードディスクには、S.M.A.R.T.とよばれる
自己診断機能が組み込まれています。

これによって、ハードディスクが正常かどうかを
知ることができ、故障を予想することができます。

rpmでインストール可能なので簡単です。

その後、smartctl -i /dev/hda として、
SMARTが動作しているかを確認し、
smartctl -H /dev/hdaとするだけです。

定期的なチェックは、smartdをデーモンで
動作させればいいのですが、TurboLinuxでは、
動作しなかったので、後日調べてみます。

Linux Linuxサーバーにウイルスチェックソフト導入

2004年3月 7日 | Linux | コメント (1)

Linuxサーバーにフリーのウイルスチェックソフトを
導入してみました。

BitDefender AntiVirus - Data Security, AntiVirus Software, Free Protection

DownloadsのFreeProductsより
BitDefender Linux Edition v7のrpm版をダウンロード。

インストール
# rpm -i BitDefender-Console-Antivirus-7.0.1-3.linux-gcc29x.i586.rpm

ウイルス定義をアップデート
#bdc --update

/etc/cron.daily に
BitDefenderというファイルを作成し、
/opt/bdc/bdc --update
/opt/bdc/bdc --all --arc --move --moves / \
| /usr/bin/mail -s "virus scan report" root@localhost
と書き込みます。
そして実行属性をつけておきます。

これで、毎日自動的にウイルス定義をアップデートした後、
ウイルスチェックをするようになります。

Linux zabom - turbopkgが消えた

2004年3月 4日 | Linux | コメント (0)

turbopkgでアップデートしたら、turbopkgが消えた。
エイリアスが消えたみたい。

インターネットで検索をすると
エイリアスの復元は、
# /sbin/symbolic-dtool add /usr/sbin/zabom pkg

また、turbopkgと同じ画面でzabomを起動するには、
# zabom --cui

で、いいそうです。

zabom のバージョンアップ

Linux 家庭内サーバーの活用

2004年3月 3日 | Linux | コメント (0)

2002年2月のADSL導入時から、自宅にLinuxのサーバーを置いている。
ファイルサーバーやプロキシーサーバーはもちろん、
ウェブキャッシュサーバーなどを動作させている。

特に便利に感じているのは、IMAPサーバーで、
複数のメールサーバーからメールを読み込んでいき、
未読を一括して管理するというもの。

メールソフトを気分で使い分けたり、
新しいメールソフトの動作を試したりもできる。

あと、メールを取り込むときにウイルス付きは、
自動的にゴミ箱に入れるようにしたり、
スパムメールの排除もできる。
(ただし、最近のスパムメールは、機械的に振り分けるのが
難しくなってきている)

あと、ウェブサーバーは、インターネット上のウェブスペースに
アップロードする前にCGIの動作確認にも使える。

ウェブスペースにあげてしまうとエラーが出ても、
細かいエラー内容を知ることができない。

しかし、自宅サーバーだと、何行目でエラーが出ているかも
わかるので、エラーを解析するのに役に立つ。

最近は、iTunesのWindows版もでているので、
容量の大きいコンピュータにmp3ファイルを蓄積しておき、
他のコンピュータから音楽を聴くということもできる。

WindowsMediaPlayerで、ファイルの保存先を
ファイルサーバーのドライブに指定することで
似たようなことができるが、iTunesの方が安定した使い方ができる。