Linux デジタルなDV問題

2019年2月10日 | Linux | コメント (0)

当時は、デジタルにしておけば、半永久的に保管しておけると思っていたのに、ふと気づけば早急に対処すべき問題となっていました。そう、デジタルなDV問題。

再生する装置、つまりハードウェア側の問題があります。
もしDVカメラが壊れたら、再生する手段がない。

また、最近の動画編集ソフトは当時の4:3の比率に対応していないものが出てきていて、自動でクロップされてしまうこともあります。今のうちにファイル化したほうがいいだろうと思う。

テープに記録されているデータをファイル化すると1時間て約13ギガですが、ハードディスクの大容量化で圧縮なしで保存することにしました。

ただ最近のパソコンにはDVケーブルのポートがないので、Linuxサーバーで取り込み(たまたまLinuxサーバーにFirewireのボードが刺さっていた)。

拡張子dvのファイルは、マックのQuikTimeやVLCで再生可能。

Linuxなので、DVテープから取り込むソフトをyumでインストール。dvgrabは、クロップされずにテープのデータをそのままファイル化します。

yum install dvgrab

コマンドラインから取り込むことができます。

dvgrab -t -a -rewind

rewindオプションは、テープを一度巻き戻して、取り込みを開始するのを自動化するもの。

カレントディレクトリをsambaサーバーの共有先にしておけば、クライアント機にコピーも簡単。圧縮されていないので、直接ファイルサーバーから再生するのは、ファイル転送のオーバーヘッドな負荷がかかるので、コピーしてからの視聴がよさそう。

Macintosh macOS Mojaveでmrtg

2019年2月10日 | Macintosh | コメント (0)

macOSでmrtgを動かし、システム温度の記録を取る作業記録。

(1) macOSでウェブサーバーを動かします
(2) mrtgをインストール
(3) iStatsをインストール
(4) データを取得し、mrtgに渡す

macOS Mojaveでmrtg 続きを読む "macOS Mojaveでmrtg"

Hardware Canon EOS kiss Mを購入 - コンデジからミラーレスへ

2018年10月 2日 | Hardware | コメント (0)

5月にCanon EOS kiss Mを購入。説明が不要な売れ筋機種。レビューを見ると一眼レフ所有者のサブ機に最適と紹介されているものもあります。もっと大きな一眼レフと比べれば、非常にコンパクトなのは当然ですし、レビューする人は、写真の専門家なので、当然普段使っている一眼レフとの比較になるでしょう。

私にとっては、コンデジからのステップアップ。100g程度の軽い機種を好んで使っていたので、ミラーレス機は、その何倍の重さになってしまいます。レンズ一つでも、それまで使ってきたコンデジ以上の重さがあります。それでもメイン機として使うようになりました。

今までメインに使っていたコンデジは、Canon Powershot N2です。ちょっと変わった路線のカメラですが、普段使いのカメラは結局スマホだったりするので、あえてN2を選んだわけです。

kiss Mを購入した理由は、写真のステップアップ。背景ボケに憧れたわけですが、それ以上のプラス点があり、コンデジより重たいというデメリットは薄まりました。

まず、写真を撮り始めるまでの動作の違い。バッグから取り出す動作には、それほど違いはありません。案外コンデジは小さいので、バッグの中から手探りで探さなければならないときがあります。次にコンデジのスイッチを入れたあと、ズームをするわけですが、いちいち電動で動かさなければなりません。以前からこれが結構ストレスに感じていました。そのたびにバッテリーも消費しているでしょう。ミラーレスの場合、ズームリングは手動なので、直感的。ストレスがありません。ただし、スイッチを入れてから、シャッターを切るまでの一連の動作の時間は、実際にはコンデジのほうが速いのかもしれません。

シャッターの反応の良さにも感動。コンデジだとワンテンポ遅れるので、その分一瞬早めにシャッターボタンを押す習慣がつくほどでしたが、kiss Mは押した瞬間の映像が取り込まれているような反応の良さ。シャッターを押すときの心地よさを感じます。まあこれは一眼だからというより、最新のセンサーのおかげなのかもしれません。

ズームはコンデジでもズームはしますが、構えが安定しないのでブレることが少なくありません。その点一眼はある程度の重さと持ちやすさから、プレにも強いかもしれません。もしかしたら最新の手振れ補正に助けられているだけかもしれませんが。

ファインダーを覗くのも久しぶり。初期のIXYには、覗き窓がありました。だんだん使わなくなり、買い替えで覗き窓が消えていることにも気づいていなかったほど。kiss Mは、EVF(電子ビューファインダー)が見やすく反応も良いので、液晶モニターよりも頼りになります。屋外で写真チェックをするのももっぱら電子ファインダーで見ています。

kiss Mはコンデジからのステップアップとしては最適。一眼カメラの入り口としては良い機種なのではないでしょうか。

General GODAN入力(スマホの日本語入力)

2018年5月 3日 | General | コメント (0)

スマホの日本語入力で主なものには、QWERTY入力・ケータイ入力・フリック入力があります。

QWERTY入力は、パソコンのキーボードの配列でローマ字入力をする方法です。パソコンに慣れている人にはわかりやすいのですが、スマホの画面が小さいため、入力ミスが多くストレスになります。
Screenshot_20180226-210441.png
ケータイ入力(フリックなし)は、ガラケーのようにボタンを何度も押しながら文字を入力する方法。ガラケーから移行したばかりの人しか使わない方法です。

フリック入力は、配列はケータイ入力(フリックなし)と同じですが、上下左右にフリック(指を滑らせる)して、文字を入力します。おそらくこれが一番多く使われている入力方法だと思います。しかしフリックを多用するため、なかなか慣れないという人もいます。また、パソコンで長年ローマ字入力をしているため、カナ入力そのものになじめないという場合もあるでしょう。
Screenshot_20180226-210435.png
上記の入力方法になじめないという人のために、スマホの狭い画面でも快適にローマ字入力をする入力方法があります。それがGoogle日本語入力のGODAN入力です。Andoroid端末は設定で切り替えするだけ。iOS端末(iPhoneやiPadなど)はGboardをインストールします。
Screenshot_20180226-210446.png
母音と子音が左右に分かれていて、両手の親指で交互にローマ字入力していきます。基本的にはフリック不要(句読点などの入力には必要)なので、わかりやすくストレスが少ないと思います。

GODAN入力(スマホの日本語入力) 続きを読む "GODAN入力(スマホの日本語入力)"

Hardware Huawei Fit

2018年2月18日 | Hardware | コメント (0)

昨年10月に購入。4ヶ月ほど使っています。
51Pdq7l5CjL._SX425_.jpg
それまでCASIOのOceanusを使っていました。2007年2月に購入。10年以上使っていました。チタンのバンドは軽くていいのですが、腕の太さが変わると調整が面倒。

そんな理由と、スマートウォッチっぽいものがほしくなったので、いろいろ調べた結果、このHuawei Fitにしました。価格も手頃(1万4千円ほど)。もちろん軽い(35g)。そしてApple Watchと違って、電池の持ちが良い。TruSleepをオフにして1週間で100%から40%へ。充電1.5時間。TruSleepをオンにすると3日間ほど。スマホがHuaweiなので相性の心配もないだろうというのも理由。

最初TruSleepをオンにして使っていました。睡眠の分析が細かくわかるのですが、2ヶ月使って、傾向がわかったので、この機能はオフにしました。なので、充電が1週間に1度で済むようになりました。オフにしても、睡眠時間や睡眠の深さは表示されます。

歩数計は、毎日の歩数が記録されますが、だからといってたくさん歩くわけではありません。健康のためというツールとしてではなく、結構歩くものだなぁという確認の機能としてしか使っていません。

通知機能は最小限。ハングアウトやメール、防災速報など。アラームは機能として装備されていますが、タイマーがスマホの時計アプリから通知が来ないのが残念。カップラーメン用にいくつかプリセットしておいて、本体にタイマー機能があったら便利なのに...。

文字盤は、秒と日付の両方を表示させるのが、文字が小さすぎてよく見えない。もう少しバリエーションが増えてくれたらいいのに...。

購入時に保護ガラスを貼ったのですが、時計って知らずにどこかにぶつけることがあって、保護ガラスのフチが欠けてしまいました。欠けたガラスは危ないので、今は何もつけていません。本体はいまだに無傷。

General スマホの謎アイコン

2017年12月26日 | General | コメント (0)

画面が狭いスマホ。機能が増えて、アイコンを配置する場所に困るようになりました。デスクトップ版のワードやエクセルのように、横一列に10個も20個もアイコンを並べるわけにもいきません。

最近見かける三本線や三点のアイコン。(図はTodoist)
Screenshot_20171226-093547.png

一番左の三本線は「サイドメニューアイコン」、一番右の三点は「メニューアイコン」というそうです。

どちらもメニューを表示するわけですが、サイドメニューアイコンはアプリ全体の機能として使い、三点のメニューアイコンは、表示されている画面に対してのメニューだったり、表示されているアイテムに対するメニューに対して使われている傾向があります。

最近は、デスクトップ版のアプリでも使用されるようになりました。シンプルに見え、スッキリした印象を与えます。

しかし、このアイコンの存在意義に慣れるまで、何を表現しているのかわからないため、使いづらく感じました。それでも、長押しやスワイプは、アプリによって機能が異なるため、何が起きるかわからない。それに比べると、メニューアイコンを表示させてから機能を選ぶというのは、案外ストレスがないと感じるようになりました。

ただ、これらのメニューアイコンは、Googleのマテリアルデザインと関係するのか、Google製のアプリでは多用されていますが、Apple製のアプリではほとんど使われていません。AndroidとiOSでアイコンを使い分けているサードパーティ製アプリも多いです。

アプリによっては、左上のサイドメニューアイコンがある辺りに、アプリのアイコンを配置し、サイドメニューが開くようになっているものもあります。これは、アプリアイコンが常にメニューを開くわけではないので、サイドメニューアイコンに統一するなりしてほしいです。

とにかく使いづらいのは、アプリによってインターフェースが異なったり、アイコンの意味が違ったりすることです。もちろんそれぞれのアプリの特性で使いやすさを追求していくと、インターフェースは異なってしまうのかもしれませんが、メニューアイコンの動作など、基本的なところは統一してほしいものです。

Browser 最後のタブを閉じないようにする

2017年9月 2日 | Browser | コメント (0)

このブログの過去記事で、「最後のタブを閉じると、スタート画面を表示するブラウザ」について、記事にしています。

[E] Yandexブラウザ
[E] Vivaldiブラウザ

他のブラウザについても調べていくと、逆に「なぜ最後のタブを閉じると、ウインドウが閉じてしまうのか」という疑問を持つ人がいました。モバイルファーストの時代で、スマホなどのアプリの振る舞いが基本にあって、デスクトップのウインドウの振る舞いに違和感があるというのでしょう。その代表的なものが、ブラウザのタブの扱いだと思います。

Yandexブラウザは、標準でそのような振る舞いをします。Vivaldiブラウザも設定で切り替えることができます。ちょっとしたことのようですが、一度慣れると、これが大変便利。

今回は、Firefoxでも可能なことを発見しました。
screenshot_jt296.png
アドレスバーに「about:config」と入力します。隠し設定画面のようなものです。項目がたくさんあるので、検索バーに「lasttab」と入れると、「browser.tabs.closeWindowWithLastTab」が表示されます。これをfalseにします。

拡張機能を使えば、Chromeでも可能なようですが、あまり拡張機能は使いたくないので、今回の記事はここまで。

今後、モバイル端末の普及で、デスクトップアプリケーションのUIの考え方も、変化していくのかもしれません。

以前から、例えばワードからエクセルに切り替えるとき、複数のソフトをタスクバーで切り替えるのではなく、一度ワードを閉じて、デスクトップ画面にあるエクセルのアイコンをダブルクリックというように、今でいうモバイルアプリ的な使い方をする人をたまに見かけてきました。

そう考えると、macOSのLauchPadの機能は、先端的なインターフェースなのかもしれません。

Internet au.comのドメイン

2017年8月24日 | Internet | コメント (0)

ezweb.ne.jpからau.comへの移行がニュースになっています。

なぜ今頃? なぜau.ne.jpではなくau.comなのかというのも謎です。アドレス欄にau.ne.jpを入力してみると、使われている様子はなし。ne.jpでは、2文字のドメインは許可されていないのかもしれません。それで仕方がなくau.comという選択になったのかな。au.jpが許可されるわけもなく。

インターネットアーカイブで調べると、最初にau.comとして記録されているのは、1996年にambuehl ulakeyというサンフランシスコのインターネットコンサルティング会社でした。しかし2年後に売りに出しています。
screenshot_jt294.png
1998年から2016年という長い間、オーストラリアのNetRegistryが管理。相当高額だったはずで、買い手がつかなかったのでしょう。そして、2017年になってからauが使っています。

EZwebのサービスは、1999年に開始。その後2007年にau oneというサービスを始めたのですが、このメールアドレスは、ケータイメールアドレス扱いされなかったので、メリットはなく、使う人も皆無。「一生使えるメールアドレス」とアピールしながら、6年でサービスが終了。大失敗をしているので、今回の移行も慎重に事を進めてきたのでしょう。

今でもケータイメールアドレスかどうかを区別するサービスがあったり、ケータイメールアドレスをブロックする設定にしている人がいたりするのですが、au.comが対応されるかどうかは不透明。おそらくしぶとくezweb.ne.jpを使い続けるのが、現状の最善の手段ではないかと思います。

Browser Vivaldiブラウザ

2017年8月11日 | Browser | コメント (0)

半年ほど気に入って使っていたのが、Yandexブラウザ。それ以前にメインで使っていたChromeが全く起動しないくらい愛用し続けてきました。iOSでもAndroidでも使うことができるので、ブックマークの共有もできます。

[E] Yandexブラウザ

ブラウザの振る舞いで気に入っていたのが、タブを閉じていっても、最後のタブを閉じたときに、スタート画面になるというもの。モバイル端末でChromeやらSafariやら、たぶんすべてのモバイル向けブラウザがそういう振る舞いをします。ところがデスクトップ版では、そのような振る舞いはしません。唯一Yandexブラウザくらいかと思って使っていました。

いろいろなページを見たあと、新たに次の作業をするとき、すべてのタブを閉じたいとき、文字通りすべてのタブが閉じて、ウインドウが消えてしまいます。そうではなく、スタート画面があることで、次の作業のための検索などができるわけです。こういう使い勝手が慣れるとしっくりくる気がしてきました。

以前からVivaldiというブラウザは知っていました。カスタマイズ項目の多さがウリですが、その設定内に、最後のタブを閉じるとスタート画面になるという項目を発見。これはすばらしい。これで、Vivaldiもモバイルアプリ感覚で使うことができます。
screenshot_jt293.png
実はYandexブラウザは、アドレスバーでの検索をするとき、日本語変換の決定でエンターキーを押すと、未確定文字を破棄して検索を始めてしまいます。そのため、Googleの検索画面を呼び出す必要がありました。Vivaldiはその辺りは、普通に動作します。

ただし、Vivaldiは、ブックマークのシンクロがまだできない。しばらく併用することになりそうですが、サイドパネルの使い勝手もいいし、ほぼメインで使うことになるかもしれません。

Android HUAWEI nova liteを購入

2017年3月27日 | Android | コメント (0)

1年間と3ヶ月ほど、HUAWEI P8Liteを使ってきました。Andoroidのバージョンを上げてから、バッテリーの持ちが悪く、いろいろ試しましたが、解決せず。そんなタイミングで、コスパ最強と話題のHUAWEI nova liteが登場。少し迷った後に購入。2万弱のスマホにそんなに悩まなくてもいいのに...というのが買ってからの感想。(P8Liteはリセットして検証後、何かに使う予定。)
nova_lite_2017_03.jpeg
見た目は背面もガラスというのは、私の好み。iPhone4やiPhone4Sみたいでいいんです。

まず、手にとって感じたのは、前面画面のすべりが悪く、指紋がつきやすいこと。これはP8Liteも同様でした。P8Liteのときは、ガラスフィルムで対応。iPhoneのようなすべりと防指紋で使っていました。

しかし、nova liteは、前面も背面もラウンドエッジ。ネット情報でも、ガラスは端が浮いてしまうらしい。そこでPET製保護フィルムにしてみました。普通の保護フィルムより厚手。ガラスよりも柔らかいです。すべりはガラスほどではありませんし、防指紋もそこそこ。今回はガラスにしなかったので、仕方がありません。

このフィルムでも、四つ角に少し浮きが出ています。四つ角が同じく浮いているということは、完璧に位置を合わせて貼り付けたということになります。

なぜか背面のほうが、前面よりも、すべりが良く、防指紋性が高かったです。材質の選択を間違っていませんか? まあ、何か理由があるのかもしれません。

そんなわけで、背面には、すべりを抑えるために、背面用保護フィルムを貼りました。すべりは抑えられましたが、指紋は少しつきやすくなりました。

2万円弱のスマホに、保護フィルムでお金をかけるつもりはありませんが、ガラスで評判の良いものが登場すれば、購入するかもしれません。

さて、使い心地は、購入時3万円のP8Liteより快適。指紋認証の精度もよいです。不満なのは、スピーカーの音など、細かい作り。スピーカーの音は、シャラシャラとひどいものです。P8Liteはそれなりに良かったのに...。カタログの数値に現れない部分で、コストを下げているのだと感じます。

作りといえば、P8Liteは、本体が全体的に反ってしまいました。今回のnova liteは、スリープボタンの作り。スイッチ中央を軸にシーソー状にグラグラしています。なんとなく中国製という雰囲気を漂わせます。もちろん中国製なのですが、不思議なところで中国製っぽさを出すところが、まだ中国品質なのでしょう。

スリープボタンの作りについては、指紋認証で起動させ、電源OFFのウィジットを使い、再起動以外は、スリープボタンに触れることはなく運用できそうなので、壊れる心配はとりあえず、後の問題になります。

見事にマイナス面が目立つ端末ですが、2万弱という価格を考えると、合格点なのではないでしょうか。文句があるなら、4倍5倍の価格のiPhoneを買えばいいというわけです。