豊富なマックのソフトウェア

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

よくマックのオンラインソフトは、Windowsより少ないといわれますが、
MacOSXは、ユニコードなので海外のソフトの多くをそのまま使うことができます。

そして、リソースが別のファイルになっていて、編集できるようになっています。
日本語化がWindowsと比較し、簡単なわけです。
海外のソフトでも、日本人の誰かがリソースを提供し、
国際化して公開しているものもたくさんあります。
つまり、海外のソフトをダウンロードしたのに、
起動したらメニュー等が日本語になっているってことも少なくないのです。

対してWindowsは、その言語別にコンパイルする必要があり、
日本語の入力ができなかったり、日本語の表示がおかしかったりと
やはり日本人が作ったソフトに頼らないといけないという現状があると思います。
日本語化の手段も定義されていないので、個人が手軽に日本語化というわけにもいきません。

また、マックでは、日本人が作ったソフトが世界的に使われている例もあります。
プログラミングの世界では、プログラム言語は世界共通語といわれています。
マックのソフトウェアは、まさに世界で共有している資産となっていると思います。

« ビートルズのキャピタル編集版CD化 | ウェブログの動的ページと静的ページ »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: