日本語.jp

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
日本語.jp

アドレスバーに日本語のURLを入れることでアクセスできる。
ただし、最後の「.jp」は半角になるので、日本語変換機能をオフにしなければならない。
そこで、補完機能を利用。例えば、Operaでは、「サーバーネームのコンプリート」の設定があり、デフォルトではwww.xxx.comとアメリカのURLを補完するようになっているが、これを.jpを加えるようにする。そうすると「日本語」と入力するだけで、日本語.jpへ接続されるようになる。それにしても、個人名のURLがずいぶんと多いこと。

なお、この日本語URLは、Operaの他、Mozilla、Firefox、Safariなどが対応していて、InternetExplorerは設計が古いため対応していない。

いろいろ設定していて気づいたのですが、Firefoxの場合、URL補完に工夫があって、入力した文字列のURLがない場合、Googleの機能を使って、一番適したサイトを開くようになっている。例えば、「乗換案内」とか「地図」とか「ヤフー」とかをアドレスバーに入力するとそれらのサイトへ誘導してくれる。

« デジタル化と視覚・聴覚障害 | Firefoxで広告ブロックなど »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: