CLIEの生産を終了

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
ソニー、クリエの新機種投入を終了

ソニーが、PDA「CLIE(クリエ)」の新機種投入を終了することが明らかになった。現行機種の生産は7月まで行なわれる。

携帯電話の普及とともに、電子手帳は下火で、海外からの撤退、そして、国内でも…。

電子手帳は、もともとメジャーな商品ではなかったと思います。手帳を使わない人には、馴染みがないと思われがちだし、職場にコンピュータが目の前にあれば、そこに入力すればいいし、今はパソコンもモバイルの時代でもあります。

でも、ポケットに入るコンピュータとしては、なかなか優れもの。あらかじめ用意されたソフト以外にも、インターネットでかゆいところに手が届くソフトも手にはいるし、コンピュータで作成したデータベースを電子手帳で使うこともできます。もちろんスケジュールはコンピュータとのシンクロもできます。

ペン入力もATOKのおかげもあってそれなりに使いやすいんですねどね。

次の買い換えはどうなるのかなぁ。数年は使うと思うので、また新しい時代になっていることでしょう(クリエの前はシャープのWizを使っていました)。

追記

ソニー、PDA撤退を決定、名機CLIEが辿った「本家なき個性派」の悲劇

PalmOSのコンセプトである「PIM」に絞り込んだ製品は、本来ソニーではなく本家であるPalmComputing社が発信すべき製品であった。

PDAを購入する人は、そこにエンターテイメント性は求めていないということ。だから、一番シンプルなTJ25やTH55が売れたんですよね。ペン入力が便利な分野、やっぱり電子手帳です。ソニーがPalmをつぶしてしまったというのは、そのとおりかもしれません。

ソニーがクリエを7月に生産停止,ただしPDAからの撤退は否定

「CLIEブランドは終了するが,PDA市場から撤退するわけではない」(ソニー広報)とした。今後は,ワイヤレス通信機能を内蔵した新しいPDAをリリースする予定だ。携帯ゲーム機「PSP」にPDA機能を追加したり,携帯電話機にPDA機能を内蔵するなどの展開が考えられるが,具体的な製品化については「現時点では商品イメージはコメントできない」(ソニー広報)

携帯電話の文字通信機能を内蔵したPDAがあれば、とても便利なんですけどね。音声通信機能は不要。ネットに接続できて、その接続料金が低く設定されることも重要な要素。コンピュータのスケジュールデータとPDAのスケジュールデータがインターネットを通じてリンクしたり、メールを受信できたりすれば大変便利だと思います。まだ携帯電話はPDAにはなりきれていないので、やはりPDAに期待してしまうんですね。その辺りはソニーが市場を引っ張るような分野ではないのでしょう。

« トラックバックスパム対策 | CLIEとマックの同期 »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: