Macにインテル製プロセッサを採用へ

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

本当になるのでしょうか。

いろいろな誤解もあるようです。
●Intelチップを採用したからといって、マックでWindowsが動くわけではないでしょう。
●Intelといっても、x86系のチップとは限らない。PPC互換もあり得る(?)。
●OSXがAT互換機で動くというのも、希望は薄い。

PPCが入っているからマックを使うわけでもないし、私もIBMのチップが入っているのも購入してから知った。

RISCかCISCというのは、現在その長所を互いに吸収し、工夫されたCPUになっている。

どちらにしろ、表面的には変わらないようにハードウェアとソフトウェア(OSを含む)を設計するわけで、アプリケーションを使う側には関係ない話なのかも。

---追記(6/7)
正式に移行が発表されました。
次期MacOSXがレオパード(Leopard)で、ユニバーサルバイナリによりPPCとx86の両方で動作するアプリケーションを作成可能。「ロゼッタ」という機能でPPCをエミュレーションするということです。

x86が搭載されることで、それが目的での購入はないと予想するのですが、次期MacOSXがどんな新しい機能が加わるかのほうが興味ある話です。

« Mac miniのそっくりさん | デザイン重視のパソコンへ »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: