FedoraCore4をサーバーに

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

FedoraCore4を使って、サーバーを構築しました。
Webminが動作するまでのメモを書いておきます。

【1】準備
FTPソフトでトラックイメージをダウンロード

ホストアドレス
download.fedora.redhat.com
ホスト開始フォルダ
/pub/fedora/linux/core/4/i386/os/image

boot.iso(6554KB)をダウンロードし、CD-Rでトラックイメージとして焼きます。

【2】インストール
CD-Rを挿入して、ネットインストール。
FTPだと遅かったので、HTTPでインストールしました。
インストールタイプをサーバーにして1時間弱でした。

【3】Samba
まずhttpdを他からアクセスできるようにファイヤーウォールを一時停止します。
service iptables stop

サーバーとなるマシンのアドレスは
ifconfig eth0
で確認。

SWATがインストールされていないので、
yum install samba-swat

このときxinetdもインストールされました。

SWATが他からアクセスできるように
/etc/xinetd.d/swat
を編集
service swat
{
disable = no
socket_type = stream
protocol = tcp
wait = no
user = root
server = /usr/sbin/swat
only_from = 192.168.1.0/24
}

service xinetd start
でswatが動作します。

「http://マシンのアドレス:901」にアクセス。

共有フォルダへアクセスするためにSWATの「PASSWORD」から
「ローカル マシンのパスワード管理」でユーザーを作成し、
「リモートマシンのパスワード管理」でも設定しておきます。

「SHARES」でファイル共有を作成し、
「STATUS」で「すべて再起動」すれば、共有フォルダができます。

【4】Webmin
Webminをダウンロード。
共有フォルダに保存し、
rpm -ivh webmin-1.220-1.noarch.rpm

「http://マシンのアドレス:10000」でWebminにアクセス可能に。

« 投稿した日に背景色を設定 | WCPUID~CPUやマザーボードの詳細を表示 »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: