viのステイタスライン

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

Linuxでよく使うものといえば、vi。
最近FedoraCore4でサーバーを構築したので、
頻繁に使っているのですが、何かシンプルだと思ったら、
ステイタスラインがないのですね。
行番号とかわからない。

設定ファイルがあるはずと探しても、vi.confなんてないし、
これは調べることに。

.exrcでset=laststatusというのがわかったのですが、
それでも表示せず。

JZUG Wiki - Toshiya

vim-enhanced パッケージをインストールし、ステータスラインにファイル名及びカーソル位置が表示される様、設定を行った。

なるほど、というわけで
yum -y install vim-enhanced

ついでに

UNIX 今日の技/実演vi

set statusline=%<%f\ %m%r%h%w%{'['.(&fenc!=''?&fenc:&enc).']['.&ff.']'}%=%l,%c%V%8P
"↑ ステータスラインに文字コードと改行文字を表示する

便利になりました。

今のところ、こんな感じ。
Image2005-08-05-1.png

set showmatch
set ignorecase
set ruler
set showmode
set laststatus=2
set incsearch
set showcmd
set statusline=%<%f\ %m%r%h%w%{'['.(&fenc!=''?&fenc:&enc).']['.&ff.']'}%=%l,%c%V%8P
set title

if &t_Co > 2 || has("gui_running")
syntax on
set hlsearch
endif

« DNSを自宅で解決 | プロセスの亡霊 »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: