Favatarに対応

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

トラックバックやコメントにFavatarを表示させるようにしてみました。

投稿した記事のURLからfavicon.icoのURLを取得し、リンクを表示させるものです。今まで、favicon.icoはブラウザのアドレス欄に表示させたり、ブックマークに表示させるためにありましたが、相手サイトの投稿に対して、自分のアイコンを表示させるものとなっている点が、新しい発想でしょう。

表示させる側は、プラグインを組み込む必要があります。しかし、MovableTypeやNucleus、WordPressにはすでにプラグインがあるので、表示させるのに大きな苦労は不要です。

2005年の1月にサイト簡易表記というのが静かなブームになりましたが、静かなブームで終わったようです。文字で表記するので、限りがあるのと、自分で改造する必要があったのが広がらなかった理由ではないでしょうか。

それに対して、favicon.icoを表示するという方法は、すでにfavicon.icoを置いているサイトも多く、どこかに登録する必要もなく、自分のサイトに大きな負担がかかるわけでもなく、自分の投稿にいつの間にか見慣れたアイコンがあることで、「おや?」って思う中で自然と広がっていくのではないでしょうか。

Favatars, favicon avatar PHP function : Paul James

Mix "favicon" and "avatar" and what do you get? A simple way to add avatars to your weblog posts.

上記のリンク先の記事が元祖になると思われます。2004年の12月です。サイト簡易表記が登場する以前にすでにその発想があったようです。確かにサイト簡易表記が論議されていたときにもfavatarのことも話題に出ていたような気がします。

【関連記事】
[E] サイト簡易表記の対応方法(Movable Type)

favicon.icoを設置しているURLを入力してコメントをしてみれば、どんな感じかおわかりいただけると思います。

※favicon.icoのURLではなく、通常のサイトのURLを入力します。そうすれば、システム側で、ヘッダにあるfavicon.icoのURLを取得します。ヘッダに書き込まれていない場合は、ルートにfavicon.icoがないかどうか調べるようです。

« gooブログでの投稿 | iWorkがオフィス製品のシェア2位 »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: