ToteBag(USBメモリ)

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

Totebag
「高速・アルミボディ・セキュリティの実力派!」というIOデータのToteBagという製品を購入してみました。

まず、アクセスランプが見づらい。後ろの方から覗かないと光っている様子が確認できない。キャップを後ろ側に取り付けるとアクセスランプがほとんど見えなくなります。もちろんストラップもつけられません。

このキャップも方向があり、いちいちキャップの中身を覗いて、方向を確かめる必要があります。外側からは判別できないのです。

ファイル暗号化ソフトの使用が可能ですが、ドラッグタイプの使い物にならないもの。ドライブロックタイプのものではありません。

スピードも現在使っているグリーンハウスのPicoTurboよりも遅く、実に購入するメリットは低いものでした。

残る謳い文句は、アルミの頑丈なボディということになるでしょうか。

購入してみないとわからないものですね。

« ブラハラに悩む人が増加中 | GotMailをLive Hotmailに対応させる »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: