文字コード

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

ウェブで使われる日本語の文字コードは、
ShiftJIS、EUC-JP、UTF-8あたりでしょうか。

UNIX系では、EUC-JPが主流だったのですが、
Windowsの普及で、ShiftJISも多くなりました。

ただし、ShiftJISは、文字の中にエスケープコードが
入ることがあり、CGIを動かすときに誤動作する
可能性があり、あれこれと注意が必要です。
なので、EUC-JPのほうが扱いが楽だったりします。

最近は、国際化で、様々な文字を表示できるユニコードが
使われるようになっています。

特にウェブログの普及で、UTF-8という種類のユニコードが
主流となっています。

« Linux・MacOSXの歴史 | RealPlayer for Mac »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: