スポンサー付きと一般の検索結果

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

スポンサー付きと一般の検索結果は、当然区別して見ていると思っていたのですが、そうでない人はいるんですね。

ウェブログなどでは、どこまでが記事で、どこから広告なのかわかりづらいものもあります。わざとにそうしているから当然なのですが。どうやったらクリックしてもらえるかを考えているはずです。

さらには、記事自体が広告というのも見かけます。一つの商品・書籍の素晴らしい点を語って、最後に購入のためのリンクを用意してあるとか。

スポンサー付きと一般の検索結果を見分けられるユーザーは6人に1人--米調査 - CNET Japan
インターネットユーザーは、お気に入りの検索エンジンを決めて、それを使い続ける傾向があるという。

この記事には、もう一つ興味深いことが書かれていました。
私も検索エンジンは、Googleのみです。初心者には、Yahoo!の方があっていると思うし、実際に初心者はYahoo!を好むようです。

検索だけでなく、いろいろな情報の宝庫ですから、検索サイトということであれば、私も4つ、5つを利用していることになります。

« ウェブログのまとめページ - Rufuna Wiki | スキンをマック風にしたがるのはなぜ? »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: