コンテンツ フィルタリング サービス

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

Niftyに入会10周年のメールが来たのですが、1999年からサービスを開始している「コンテンツ フィルタリング サービス」というのは記憶にありません。たぶん記憶に残さなかっただけでしょうけど。

プロキシサーバーの設定で、filter.nifty.comと8080と入力するだけ。
料金も無料。他のプロバイダが有料なのが多いのにとても親切です。

コンテンツ フィルタリング サービス

さて、自宅サーバーですべてのクライアントから強制的にフィルタリングさせようと
iptables -t nat -A PREROUTING -i eth1 -p tcp --dport 80 -j DNAT --to-destination 202.248.175.99:8080
と実行したのですが、残念ながらホスト名が抜けてしまい、うまくいきませんでした。

【追記】
自宅サーバーにsquidの透過プロクシの設定をし、
squidの親プロクシにfilter.nifty.comを指定すれば良いようです。

« 自宅サーバーのリプレイス | FedoraCore4にjabberd2をインストール »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: