Windowsの起動音が鳴らないバグ

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

Windows2000を使っているのですが、インストール直後はWindowsの起動音が鳴るのに、アプリケーションのインストールをしたり、カスタマイズをしていくと、いつの間にか起動音が鳴らなくなります。コントロールパネルの「サウンドとマルチメディアのプロパティ」を見ても、「Windowsの起動」にはファイルが割りあたったままですし、ファイルが壊れているわけではないので、再生も可能です。起動音が鳴らなくても、実害がないので、ずっとそのまま使っていました。きっと起動時に動作するものが多くなると、そうなるのだろうと思っていました。

windows_start_sound.jpg

先日、ソフトの開発をしていて、操作を間違ったときに警告音を鳴らそうとプログラミングをしていたのですが、どうしても鳴らなくて悩んでいました。そのとき、コントロールパネルの設定で「一般の警告音」を無効にしていたのを思い出しました。

ワードやエディタなどで、文書末で右へ進もうとすると警告音が鳴り、うるさいのでいつもオフにしていたのです。細かい警告音は不要なので、インストール後は早い段階でオフにします。早速、「一般の警告音」にファイルを割り当て、ソフトの方の警告音が鳴ることを確認。

すると、このあと再起動するとWindowsの起動音が鳴るではありませんか。どうやら「一般の警告音」をオフにすると起動音もオフになるようです。既知のバグなのかどうかはわかりませんが、少なくてもWindows95時代からWindows2000までそうではないかと思います。

かなり久しぶりに起動音を聞きました。

« 短い文字列でネット検索 | コンピュータの歴史は、人が作り出す歴史 »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: