TVチューナーの不具合対策

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

アルファデータのAD-TVK55Rを使っています。2011年7月24日に地上アナログ放送が終了するのですが、使えるものは最後まで使いたいと思っています。

昨年からインテルのチップセットを使ったIBMのNetVistaを使っているのですが、これがDirectXとの組み合わせで、テレビのオーバーレイが左半分に圧縮されて写るという現象が起きています。

サポートのサイトを見ると、ドライバーを最新にするように書かれていますが、それだけではダメなようです。リフレッシュする意味でWindowsを再インストールしたのですが、DirectX8.0では大丈夫で、DirectX9.0にアップグレードした時点で、先ほどの現象が起きました。しかし、ダウングレードはできません。

そこで、付属のWinDVRの使用をあきらめ、hunuaaCapというフリーソフトを使用してみることにしました。見るまでの設定が多く、少し大変でしたが、一応、視聴できるところまでこぎつけました。

写りが良くないのは、内蔵したときの宿命。タワー型のときは少しましだったのですが、どうにか高周波の影響をカットできればいいのかもしれません。

« カレントフォルダ内のタイムスタンプ更新 | USBメモリにもなるSDカード »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: