起動しなくなったLinuxから救済

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

CentOS5で運用していたLinuxサーバーが起動しなくなったのですが、そこには大切なメモがありました。サーバーとしては、すぐに別のハードディスクを接続し、インストールし直し運用しているのですが、動かなくなったディスクはLVMなので、マウントするにはクセがある。

まず、USBで接続。最初に電源を入れてから、USBコネクタをささないと認識しない。

Volumeグループを表示させる。

# vgdisplay
--- Volume group ---
VG Name VolGroup00
System ID
Format lvm2
Metadata Areas 1
Metadata Sequence No 3
VG Access read/write
VG Status resizable
MAX LV 0
Cur LV 2
Open LV 0
Max PV 0
Cur PV 1
Act PV 1
VG Size 74.38 GB
PE Size 32.00 MB
Total PE 2380
Alloc PE / Size 2380 / 74.38 GB
Free PE / Size 0 / 0
VG UUID VqbDwe-4gp8-YEbu-YMk7-eSY0-80Ty-hOXAkm

--- Volume group ---
VG Name VolGroup00
System ID
Format lvm2
Metadata Areas 1
Metadata Sequence No 3
VG Access read/write
VG Status resizable
MAX LV 0
Cur LV 2
Open LV 2
Max PV 0
Cur PV 1
Act PV 1
VG Size 74.41 GB
PE Size 32.00 MB
Total PE 2381
Alloc PE / Size 2381 / 74.41 GB
Free PE / Size 0 / 0
VG UUID WXtHZp-OoBY-tTrA-eQwF-tc3p-8pWm-8TccQn


どっちだかわからなさそうですが、Open LVに違いがあります。最初のは0で、下のは2です。オープンしていない方が外付けUSB経由のVolumeグループのようです。

VG UUIDを使い、VolGrpOldとリネームします。
# vgrename VqbDwe-4gp8-YEbu-YMk7-eSY0-80Ty-hOXAkm VolGrpOld

これを任意の場所にマウント。
# mount /dev/VolGrpOld/LogVol00 /mnt/usb

これでファイルにアクセス可能となりました。

« Androidのインテント | DropboxをLinuxサーバーで »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: