電子メールは廃れるか?

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

メッセージを送るとき、電子メールに代わって、FacebookやLINEなどのコミュニケーションアプリが多く使われるようになっています。そんなことから、電子メールは廃れてしまうのではないか、と言われることがあります。

あるいは、世界的にもGmailなどのウェブベースのメールサービスへシフトし、メールソフトであるThunderbirdは、日本以外では使っている人が減少し、開発の継続が危ぶまれているそうです。専用のソフトを必要し、設定が煩雑な電子メールは、敬遠されているとも言われています。

電子メールは、インターネット創成期から存在するもので、HTTPやFTPなどと同様にインターネットの基本サービス。しかし、基本サービスといえども、時代とともに使われなくなったGopherや下火となったNNTPなどもあります。そう考えると電子メールが廃れてしまうこともないわけではありません。

従来の電子メールは、POPサーバーとSMTPサーバーの組み合わせでメールのやりとりをしていました。その後、サーバーにメッセージを置いたままにして、複数のデバイスで同期することができるIMAPサーバーが登場。どちらにしても、メールが来たかどうかは、定期的にアクセスしてみないとわかりません。それが今では、プッシュ型電子メールへと進化し、携帯情報端末へ通知が来るようになりました。電子メールも進化しているのです。

各種サービスの認証にも電子メールが必要なことや、FacebookやLINEが特定の企業によるサービスに過ぎないことを考えると、そう簡単に電子メールが廃れることはなさそうです。

« Twitterは「つぶやき」ではない | Perlのアップデートで、MRTGがエラー »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: