Hardware PowerShot N2購入

2015年3月30日 | Hardware | コメント (0)

PowerShot Nがオンライン購入のみだったので、N2もそうだったと思っていたら、店頭販売もあるということを知り、調べたら札幌市内で購入可能。やや衝動買いに近い状態ですぐに買いに行きました。

キヤノンのコンパクトデジカメは、1998年のPowerShot A5から始まり、これが6台目。自然な色合いが好きで、キヤノンを使い続けています。

さて、N2ですが、コンパクトデジカメとしては、200gとやや重め。幅は小さいのですが、奥行きがあります。手のひらサイズと言われていますが、手のひらでゴロンとしています。手から落ちてしまいそうで、ストラップが必須です。
IMG_6378.jpg
電源スイッチが横についていて、シャッターもリングなので、一般的なコンデジと異なり、慣れが必要です。今使っているパソコンバッグには、いつからかパソコンではなく、iPadを入れて持ち歩いているのですが、そのバッグの小さな内ポケットにコンデジを入れていたのに、N2はまったく入りません。想定外に大きい。

回転する液晶モニターは、自分撮りをするわけではないので、180度の回転は不要なのですが、モニターを開、自分の腹のところでカメラを固定しながら撮るというポーズも可能です。三脚がないときにちょっと便利。
IMG_0004.jpg
IMG_0009.jpg
クリエイティブショットは使う予定は今のところなし。まあ、そのうち試してみたいと思います。

N2に限らないのですが、Wi-Fiでの連携は最近の傾向。IXY 410Fでは、Eye-Fiを使っていて、iPhone経由でiCloudにアップロードされるのが便利でした。N2を含めたWi-Fi対応のカメラになると、アップロード先は、CANON iMAGE GATEWAYが基本。iCloudは手動となるようです。不便なので、このあと調べてみます。

iPhoneアプリのCamera Connectで、リモート撮影や位置情報をつけたりできるのは、便利。

付属ソフトは、Windows7以降、MacOSX10.8以降が対象。サポートのことは仕方がないですね。

[577 Viewd (RSS: 63)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL:
コメントの追加









名前、アドレスをブラウザに記憶させますか?


※投稿には、名前とメールアドレスが必要です。
※メールアドレスは、表示されません。
※コメントにはタグは使えません。
※コメント中のURLは自動的にクリッカブルに変換します。





画像の中に見える文字を入力してください。



同カテゴリの人気記事
マイブログアンテナ
Feeds
EarlGrey Tearoom
メアド
counter
Powered by Movable Type