UnboundをMRTGでモニタリングする

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
UnboundをMRTGでモニタリングします。 「unbound-control stats」を実行すると
total.num.queries=24154
total.num.cachehits=3662
total.num.cachemiss=20492
と状態を表示することができます。 ここからデータを取得します。ただし「unbound-control stats」を実行すると情報がリセットされるので、クエリー数の取得時には「unbound-control stats_noreset」を実行します。また、awkの区切り文字を「=」にするために「awk -F"="」というオプションをつけています。
# vi /root/mrtg/unbound.sh
#/bin/sh
/usr/sbin/unbound-control stats_noreset | grep total.num.queries | awk -F"=" '{print $2}'
/usr/sbin/unbound-control stats | grep total.num.cachemiss | awk -F"=" '{print $2}'
echo
echo
あとは、MRTGの設定ファイルをいじるだけ。
# vi /etc/mrtg/mrtg.cfg
### Unbound Server monitor ###
Target[unbound]: `/root/mrtg/unbound.sh`
MaxBytes[unbound]: 32000
Title[unbound]: Unbound Server monitor
PageTop[unbound]: <h1>Unbound Server monitor</h1>
Options[unbound]: growright,absolute,gauge,nopercent,noinfo
YLegend[unbound]: Qs per Minute
ShortLegend[unbound]: queries/m
LegendI[unbound]:  Queries: 
LegendO[unbound]:  Failures: 
Legend1[unbound]: Queries received over 1 minute
Legend2[unbound]: Failed Queries received over 1 minute
« Akamaiって何? | iPad miniに強化ガラスを貼った »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: