macOS Sierraで認識しないハードディスク

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

Mac mini(Late 2012)の外付けで使っているハードディスクは、エレコムで販売しているLaCie minimusという製品。
lch-mndu3pc_01.jpg

最近、macOS Sierraが公開されたので、内蔵ではなく外付けのハードディスクにインストールして、どんなものか動かしてみようと思いました。

IMG_20160922_022722.jpgインストールが進み、外付けハードディスクから起動が始まるところで異変。途中でアップルマークが禁止マークに変わりました。ディスクへのアクセスもなく停止。

再度、内蔵から立ち上げてからインストール作業をやり直しても、同様に禁止マーク。

一度電源を落とし、接続し直してみたところ、外付けのハードディスクは反応がなくなってしまいました。ディスクが壊れたか、電源アダプタが壊れたか。(←これはあとで勘違いと気づく)

外付けハードディスクがないと、タイムマシンも使えないので、別の外付けハードディスクを購入(Seagate Expansionという製品)してきました。早速接続してmacOS Sierraをインストールすると、フツーに起動できました。

そのとき、ふと見るとLaCie minimusには、電源ボタンがあることに気づく。なので、壊れてはいないので、再びスイッチを入れてみる。

しかし、macOS Sierraからはやはり認識しない。再度内蔵から起動すると今まで通り認識。アクセスも可能。

どうやら、このLaCie minimusは、OSX Yosemite以前では認識するけど、macOS Sierraから起動したときには認識しない。だからLaCie minimusにインストールしても、途中で自分自身を見失い起動ができなくなるという雰囲気。

検証するためには、一度バックアップして再フォーマットしてみるべきか。

【追記 2016-10-09】
ふと、Seagate ExpansionからSierraを起動してみると、LaCie minimusが見えていました。何が起きたか不明。まだSierraのアップデートがあるわけでもありませんし。

« Windows10のLinux環境にFDcloneをインストール | 自宅のDNSキャッシュサーバーの速度測定 »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: