MariaDBとPHPのバージョンアップ

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

NextCloudのセットアップ警告を消すために、MariaDBとPHPのバージョンアップを実施。超簡単!!

PHP74へバージョンアップ
remiのレポジトリは設定済みなので、
yum install --enablerepo=remi-php74 php
で、芋づる式に関連モジュールがアップデート
php -v
バージョンを確認
systemctl restart httpd
httpdを再起動

MariaDBを10.xにバージョンアップ
RCの一つ手前の10.7を上書きインストール
vi /etc/yum.repos.d/mariadb.repo
※内容はMariaDBのサイトで適切なバージョンのレポジトリの内容を書き込みます。
systemctl stop httpd
systemctl stop mariadb
httpd、mariadbの順で停止させます。
yum update --enablerepo=mariadb mariadb mariadb-server
アップデートを実行
systemctl start mariadb
systemctl start httpd
今度は、mariadb、httpdの順で起動。
mysql --version
バージョンを確認
mysql_upgrade -u root -p
データベースのアップグレード

本当はバックアップしてからのほうがいいと思います。

« Nextcloudを導入 | Joplin - クラウド対応ノートブック »
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: