Access VBAでSQL

  • 投稿日:
  • カテゴリ:
INSERT(挿入)やUPDATE(更新)は、DoCmd.RunSQLで実行できます。
[例]
Dim sql As String
DoCmd.SetWarnings WarningsOn:=False 'メッセージを一時的にオフ
sql = "insert into [テーブル名]([フィールド名1,[フィールド名2],[フィールド名3]) values (" & Me![データ1] & "," & Me![データ2] & ",True);"
DoCmd.RunSQL sql
DoCmd.SetWarnings WarningsOn:=True 'メッセージをオンに戻す
SELECT(データを抜き出す)は、DoCmd.RunSQLではなく、DoCmd.DLookupを実行します。結果がない場合に備えて、Nzを使ってデフォルト値を指定すると便利です。
[例]
Dim bb As Boolean
DoCmd.SetWarnings WarningsOn:=False 'メッセージを一時的にオフ
bb = Nz(DoCmd.DLookup("フィールド名", "テーブル名",  "検索したいフィールド名1 =" & [検索ワード1] & " and 検索したいフィールド名2 =" & [検索ワード2]), False)
DoCmd.SetWarnings WarningsOn:=True 'メッセージをオンに戻す
« 自宅内ウェブサーバーの証明書 |
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: