スピードチェックを24時間体制で監視

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

Nuro光を導入しているのですが、Cloudflareの障害の影響なのかなんなのか、ネットが遅い気がする。まずスピードテストをするのですが、やはりかなり遅い。2桁のMbps。ONUや自宅内サーバー、端末を再起動しましたが、変わらず。

Nuro光では速度制限をおこなっていないという情報だし、Nuro光の障害情報もありません。

それでは、と、自宅内のLinuxサーバーで情報収集することにしました。すでにmrtgを構築しているので、そこにスピードテストを追加。

まず、speedtestをCentOSにインストール

curl -s https://install.speedtest.net/app/cli/install.rpm.sh | sudo bash
sudo yum install speedtest

スピードテストを実行し、タブ区切りのデータを保存するスクリプト。
vi /root/mrtg/speedtest-hour.sh

#/bin/sh
/usr/bin/speedtest -f tsv > /root/mrtg/speedtest.tsv

mrtgは5分ごとに実行されますが、そこまでの精度もいらないので、30分に1度実行するcrontabに書き込みます。

/root/mrtg/speedtest-hour.sh

保存したデータを読み込んで、ダウンロードとアップロードの速度を取り出します。tsvにしているので、awkのデータ区切りをタブにします。それからデータがなぜか桁が一つ少ないので、10を乗しています。
vi /root/mrtg/getspeedtest.sh

#/bin/sh
/usr/bin/awk -F "\t" '{print $6*10}' < /root/mrtg/speedtest.tsv 
/usr/bin/awk -F "\t" '{print $7*10}' < /root/mrtg/speedtest.tsv 

.shファイルには実行権限を与えておきます。

最後にmrtgの設定ファイルにグラフ化の設定を書き込みます。
vi /etc/mrtg/mrtg.cfg

Target[speedtest]: `/root/mrtg/getspeedtest.sh`
MaxBytes[speedtest]: 1200000000
Title[speedtest]: speedtest
PageTop[speedtest]: speedtest
Options[speedtest]: growright,absolute,gauge,nopercent,noinfo

いつものようにmrtgを3回実行してエラーがないことを確認。

データがある程度蓄積されたら、考察してみたいと思います。

« Access VBAでSQL |
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL: