Internet スポンサー付きと一般の検索結果

2005年1月25日 | Internet | コメント (0)

スポンサー付きと一般の検索結果は、当然区別して見ていると思っていたのですが、そうでない人はいるんですね。

ウェブログなどでは、どこまでが記事で、どこから広告なのかわかりづらいものもあります。わざとにそうしているから当然なのですが。どうやったらクリックしてもらえるかを考えているはずです。

さらには、記事自体が広告というのも見かけます。一つの商品・書籍の素晴らしい点を語って、最後に購入のためのリンクを用意してあるとか。

スポンサー付きと一般の検索結果を見分けられるユーザーは6人に1人--米調査 - CNET Japan
インターネットユーザーは、お気に入りの検索エンジンを決めて、それを使い続ける傾向があるという。

この記事には、もう一つ興味深いことが書かれていました。
私も検索エンジンは、Googleのみです。初心者には、Yahoo!の方があっていると思うし、実際に初心者はYahoo!を好むようです。

検索だけでなく、いろいろな情報の宝庫ですから、検索サイトということであれば、私も4つ、5つを利用していることになります。

[219 Viewd (RSS: 0)] [Edit]
記事情報
  • 投稿日:
  • 更新日:
リンクソース
■記事用リンクソース:

■Wiki用リンクソース(PukiWiki):

■Wiki用リンクソース(MediaWiki):

■短縮URL:
コメントの追加









名前、アドレスをブラウザに記憶させますか?


※投稿には、名前とメールアドレスが必要です。
※メールアドレスは、表示されません。
※コメントにはタグは使えません。
※コメント中のURLは自動的にクリッカブルに変換します。





画像の中に見える文字を入力してください。



同カテゴリの人気記事
マイブログアンテナ
Feeds
EarlGrey Tearoom
メアド
counter
Powered by Movable Type